2013年02月27日

何?山ダニか・・・?

昨今の科学、化学の進化発展には目を見張るものがある。
IPS細胞しかり、遠く宇宙の果ての新惑星も極最近の隕石事件にも
新たな発見や進展に希望と夢が存在し、例え希薄ではあってもわくわく感と
喜びを感じた人は少なからずあったのではないかと思われる。
で、時期同じく話題になっている、何?アイツが・・・?と驚かされたのはダニ。。
マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)なるものも
最近になって分かってきたことらしい。ウィルスを媒介するのは日本中どこにでも
いるようなマダニでしかも致死率は10%近いとか。

山中で出会いたく無いものを挙げると、自然から人為的なものまで実に枚挙が無い。
動物に限れば筆頭のクマ、イノシシ、毒ヘビ、ハチ、ヒル、ダニ等々が名を連ね、
近年では万一の場合に備えての防御、あるいは応急処置などのグッズも数多くある。
だがダニって?あの山ダニのことか?と俄かには信じ難い。
他のお出会いしたくないヤツ等に比べれば、被害の認知度も低く、せいぜいが
噛まれると痒い(マダニはあまり感じないらしい・・・?)もしくは血を吸う
嫌なヤツ程度くらいにしか認識していなかったし、実際にハチに刺された時には
ひどい目に遭ったが、ダニに噛まれたことなどは気にも留めていなかった。

もう30年以上前になるか、背丈ほどもあるブッシュの中を先頭切って鉈で掃いながら
藪漕ぎをしていたら、鋭い痛みを右腿に覚えた。スズメバチにやられたのだが
それまでに姿を見掛けることもなく突然に襲われた。厚めのズボンの上から楽々と
針を刺したことになる。その後、元々痩せぎすでゆるゆるだったズボンは張ち切れん
ばかりになり、パンパンに腫れ上がった脚は脱ぐのさえ骨が折れ、一週間ほどは
歩くことにも不自由したと憶えている。これといった処置もしなかったが、今でも
その痕はしっかりと残っている。最初より2度目に刺された時の方がアナフィラキシー
ショック症状を引き起こしやすいと聞くので、気を付けねばなるまい。。
ダニの方も何年か前のことで、後で考えればやはりブッシュをかき分け樹の下に行った
時、首筋に飛び付いて来たのであろうが、直ぐには気付かず帰りの車中で何やら
チクッと感じて手をやるとコツッとしたものがあり簡単には取れなかった。
その時は無理に引き千切りよくよく見るとダニだったので、何だダニか・・・とぽいっと
放っただけだった。

それが今話題のマダニと同一かは分からないが、全く危険とはかけ離れた認識だった
ことは間違いない。そして、藪漕ぎや草むらの多い山中に分け入ったことがある山ヤ
には思い当たることも結構多いのではないかと推察する。もちろんこの”山ダニ”も
先と同じく最先端のマダニとは限らないが、イヤハヤご用心ご用心ってとこか。。


















  

2013年01月21日

昨今時事のぼやきもどきのそのまたもどき

・痛ましい ニュースばかりに 胸ふさぐ

・考えの 違いはあっても 命は同じ
・宗教も 国が違えば 差異大なり
・大義とは 人命さえも 軽んじる

・体質の 大改革は 前途多難 
・大義名分 命失くして なぜ立てる
・大義名分 見え隠れする 自己保身

・大洪水 各国厳しく 悲惨なり 
・まだ続く 自然の脅威 大試練
・文明の 恩恵あたわず 自然には
・自然界 人間の手で 壊さない

・人命も 自然の重さも 五感の差?
・人間は もの考える あしのはず
・こうもりに 例えられしは ...













  

2013年01月17日

ぼやき

ぼやき

何年前か忘れたが、「ぼやき漫才」をするコンビ(夫婦?)があり
確かキャッチ・フレーズは「責任者出て来い!!」だった。
電話口で親しい知人と昨今の政治、時事問題等を語り出すと、
必ず最後はこのキャッチ・フレーズになる。
いくら口角泡飛ばしても何の役にも立たず、素人のぼやき漫才を
やっているだけになる。(笑)

最近ブログも、とんとご無沙汰で忘れた頃に書いてみたり・・・
以前は自分好みにかなりカスタマイズすることが出来、広告なんかも
表示されないよう飛ばすことが出来たのに、管理サイトが変わってから
そこまでは許されなくなり、無料サイトの悲しさで意図しない広告が
勝手に表れる。有料に変われってか・・・(苦笑)
この頃から徐々に興も薄れ、最近ブログも、とんとご無沙汰で・・・に
戻るわけだが、やはりここでも「ぼやき」を始めている・・・

極々々小企業の個人事業主は3月期限の義務を控えこの時期実に忙しい。
しかしあまりの多事多端に青息吐息、全く捗らない。
と、またぼやいてしまった・・・・・(^^ゞ













  

2012年10月17日

自然界のみならず人間も動物も諸々変わってきてる?

ある情報番組でふと感じたこと・・・

 ○里へのクマの出没で人が襲われ、大騒ぎになっている。
  地元の方によるとクマは人を恐れなくなっているとか。そうなのか・・・?
  観光地等のサルや小動物だと餌付けなんかで人に慣れてくるという話は、
  今に始まったことでは無いけれどまさかクマに餌付けも無いだろうし、
  冬眠前で山に食べる物が無くなったにしてはちょっと早い気もする。
  何よりクマの方が人間を警戒して近付かないから、山では「クマスズ」を身に着け
  鳴らして歩けば向こうから音を聞きつけて避けてくれると聞いていたのに、
  どうやらあまり過信は禁物か・・・??
 ○ゾウに襲われて飼育員が亡くなった。何とも痛ましい出来事だ。
  出産したばかりの母ゾウが子ゾウを痛めつけそうだったので、引き離そうとして
  檻に入り襲われたらしい。
  人間界でも暴力沙汰が後を絶たない。近親者間での、特に母親からの虐待は
  悲惨な限りだが、動物園等でも子育て放棄をする動物の話しを耳にする回数が
  増えたように思う。
  人間だけでなくあらゆる自然界に於いて、かつての常識は通用しなくなっている
  のか?
 ○希望を持てる国であるか?
  映画の話しだが、大地震後の被災地での人々を描いたものでまだ放映はされて
  いない。
  内容は知らないけれど、それを先に観られた被災地の方が感想を語られていた。
  「自分たちがこんなにも傷ついていたのかと思わされた」
  「この国は希望の持てる国なのか」
  正確では無いがこの様なような言葉が胸を突いた。
  皆頑張っている筈なのに、一向に復興の進まぬ場所、改善されぬ環境の
  多い事・・・
  日本の政治はあらゆる面で停滞しているのか・・・
  
科学、文明の発展・進化には目まぐるしいものがあり快適で便利さを求めより良い
環境造りへの素晴らしい貢献には、畏敬の念と共にただただひたすら依存するばかり
ではあるが、その気付き難い隠れたリスクはそれが誰にも分かる頃には深刻な問題を
伴ったものになったりする。
自然との真の共存とは何ぞや。。と、そんな大袈裟なものでも無いけれど、ふと想うに
まだ今ほど便利では無かったン十年前には、もう少し人は自然と近かったような
気がする・・・


















  

2012年03月21日

計画書と山岳保険

ここ暫く少し寒さがぶり返していたからか、今年は開花が随分遅いらしい。
”暑さ寒さも彼岸まで”のお彼岸も過ぎたことだし、いよいよ気持ちの良い
山行日和が期待される頃合いかと、何気に気持ちが浮き立つ。
冬の間は大人しくしていたが、そろそろ野や山に出掛けようかなと
そわそわしている方々も少なからずおられるのではなかろうか。
時期到来となれば、山岳会や同好会に入っているならそれなりの規則等に
従って行動されるとは思うが、何処にも所属無しの個人やグループの人は
入山時に計画書を最寄りの警察あるいは管理事務所(?)等に果たして
提出して行かれてるのかなと余計な心配をしてしまう。
(ちなみに計画書提出は山をたしなむ者の義務と捉えたい)

自分がどの様な行動を取る予定かを誰も知らなければ、万が一(遭難・事故等)
の時にそれこそ誰も気付いてくれない、あるいは例え気付いてくれてもいざ救出
となった時、場所の確定の手掛かりがなければ手遅れという可能性も大いに
あるのだと認識をしてほしい。
と言うことは、最低でも計画書の提出と何がしかの山岳保険には入っておくべき
だと思う。

さてここからは岩雪推奨のささやかな山仲間の会 ”やまっこ”についてだが、
本来やまっこは会であるが故の縛りとか、そこそこでも拘束等は”ちょっと・・・”
という人達に向けての会なのだから、個人で行くも良し皆で行くのも良しとして、
あまりがんじがらめにならないよう、ゆるく運営出来ることが望ましい。
(裏方の努力を分かってるんかいって聞こえて来そう・・・
中には積極的に山行をしている猛者達在り、また会としての山行もいろいろと
計画されもするので、そんなこんなに便乗する人も少なからずある訳だから、
これに参加するとなるとやはり最低の決まり事等に縛られることも生じてくる。

つまり繰り返しになるが前出通り、山行時には計画書を出し山岳保険に入って
おくべきだということに尽きる。
単独だろうがグループだろうが、準備は万全に安全な山行を心掛けたい。














  

2012年03月07日

環境省よりの依頼

『東日本大震災一周年追悼式の当日における弔意表明について』2月24日に
以下のとおり閣議了解されました。
つきましては、3月11日(午後2時46分)に黙とうを捧げるようご協力を、ということだ。

<閣議了解事項>
東日本大震災一周年追悼式の当日(3月11日)には、哀悼の意を表するため、
次のとおり措置するものとする。
 1.各府省においては、弔旗を掲揚するとともに、各公署、学校、会社その他
   一般においても同様の措置をとるよう協力方を要望すること。
 2.国民各位に対して、本追悼式中の一定時刻(午後2時46分)に黙とうを
   捧げるよう協力方を要望すること。

国民各位の一人としてはもちろん、元々個人的にも黙とうは謹んで致したい。


閑話休題、いや何気に関連して・・・
毎年、式典の時期になると”君が代起立”で姦しくなるが、先頃も大阪府教育委員会の
対応がニュースになっていた。
主義主張、信条、その他諸々で基本的には強制は出来ないし、違反したから罰則と
いうのも如何なものかと思うが、ただ、現在国歌として国内外で”君が代”が斉唱
されており、アスリートの世界では何処の国の選手も国歌斉唱時には起立をして
自国を敬愛し誇りに思う態度を示している。
特別な人だけの場面ではなく、小中学生から大人まで誰にも幾度となくこんなシーンを
迎える機会が多くある筈だ。
そんな時、道徳倫理マナー等の見本とならなければならない先生方が、起立したり
しなかったりでは教育者として示しが付かないのではないかと思うが。
主義主張は少なからずあるのだろうが、事、君が代起立に関しては
特に子供たちにお手本となるべき直接の立場となる方々には、そんなに突き詰めて
考えないで礼儀作法としてあまり見苦しい態度を取らない様にしていただきたい。
もう少しゆったりと大きな心で捉えられないものだろうか。
ま、簡単には割り切れないところがこんなにも騒がしく問題にされる所以だろう。














  

2012年03月03日

よもやま話し

さて、非生産的なる”毒吐き”は中止。
一口辛口ならまだしも、オールウェイズ辛口(長嶋さんばりの造語…(^^ゞ)では
いただけないと云うことで。

ずっと猛威をふるっていたインフルエンザも、どうやらピークを越えたらしい。
と安心も束の間、今度はスギ花粉!
何やら鼻がムズムズし時々くしゃみ。目がシバシバしたり微熱も…と。
また風邪かと思っていたら、花粉症だった。
症状がひどい時は注射や内服薬、点鼻薬なども効くらしいけど、やはり副作用が
気になるところ。
眠くなったり皮膚炎等は問題があり過ぎだし、点鼻薬も連用による副作用の出やすい
血管収縮剤が配合されているので、シーズン中続けるのは気を付けたい。

風邪、インフルエンザと同じく花粉症もやはり防御対策が必要で、
外出時はマスク、帰って来たら手洗いうがいはもちろんだが、花粉症の場合は
家に入る前に着衣に付いた花粉をしっかり払うということも必要らしい。
以前は何でもなかったのに、気付けば花粉症! これって現代人の証明?

あれ?何だか結局”毒”の話しか。。







  

2012年02月28日

よもやま話し

”言葉の多面性”でも書いたように、思うこと言いたいことは多々あるのだが、
とても表現し切れるものでは無い、というより乏しい表現力では限界があり
何事も受け取り側次第というのが情けない話しである。

何処ぞやらの政治家のように、言葉のやり取りだけで難局を乗り越えようと
しないで、先ずは一つでも行動を。そして言葉の裏に隠された真逆の成り行き
(既に決定事項?)をさも議論と検証を重ねたかのように、あたかも正論で
あるかのような「ふり」をしないで欲しい。

まるでワイドショー並みの話しで恐縮だが、随分と前(10〜15年前?)の事で
状況等はうろ覚えだが、その時感じた違和感は未だに思い出す。
知り合いの山岳会の男性(50代?)が、残雪期の低山で滑落事故により死亡した。
同行者(女性40代)の証言が有り、自己責任に因る軽アイゼンの取り扱いだったか
装着していなかったかであったがここの所は記憶が定かで無い。
某新聞の地方版片隅に小さく載っていた、その記事を見た”違う山岳会”所属の
知人が「亡くなった方は直接知らないけれど、あの会も大変やったなぁ・・・」と
労いの言葉を世間話を交えて言っていた。
が、その後に「それよりこの二人っきりの関係が気になる・・・?」と宣もうた。。^^;
数人のグループでの参加であり、たまたま後を歩いていた女性が状況説明をした
だけで勘ぐられるような話しでは全く無いのだが、こんな見方をする者も居るのだと
ビックリしたものだ。
普段は優しげで紳士然とした人の口から聞いたので余計ギャップを感じたのかも。

所謂「出来事」の真実は一つだが、それに繋がる事柄は発信者あるいは受け取り側
次第でどうにでも変わって行ってしまうのだなぁと妙に感心してしまったものだ。







  

2012年02月08日

言葉の多面性

一つの漢字の読み方には何通りもあるように、言葉や表現にも実に多くの
多面性がある。
受け取り側の「感受性」、情報量、知識等が相まって、ストレートな言葉の
裏の裏まで模索してみたり、あるいは逆に発する本人の意図しないことが
まかり通ってしまうことも大いにあるようだ。
同じ言葉でも面と向かっての会話中であればその場の空気感で読めることも、
文字だけになると全く違う観点になってしまうこともままある。
言葉の行き違いだけでなく、行動に於いても「仕事上」ではない限り「個々の都合」
で動くことがどうしても多くなるだろう。(「 」内の文字はかなり意味深・・・)

何れにしろ、ネット社会の発展で環境さえ整っていれば小学生から高齢の方まで
分け隔てなく簡単に言いたいことが表現出来るようになった。
他人を傷つけたり口撃にならない様、改めて言葉の持つ意味をよく知り使いたい
ものだと思う。








  

2012年02月05日

冬将軍

今冬の大寒波は日本だけでなく世界各国に影響をもたらしている。
寒さが原因での死亡者が日本でも多数でているが、ヨーロッパでは220人を
超えているらしい。

今朝のニュース番組で言っていたことだが、
そもそも日本の厳冬は低緯度のラニーニャ現象(太平洋赤道域東部の海面水温が
低い現象)と高緯度の北極振動(北極圏などでの気圧変動)が関係しているが、
今冬の寒波はそれだけではなく、北極圏のバレンツ海の温暖化が原因であると
海洋研究開発機構が発表したという。
何でも、温暖化のせいでバレンツ海の海氷が少ない冬は低気圧が北寄りに進み、
シベリア高気圧が拡大して強い寒気が形成され、日本が厳冬になる可能性がある。
実際、低気圧が平年より北の北極海上を通過しており、低気圧の移動でそこへ
高気圧が張り出し北極海沿岸まで拡大する。その後、強い寒気が形成され冬将軍が
日本に来襲すると判明。
文字だけ見ると”こ難しい”けど、図入りで優しく説明していた。

地球温暖化は実に沢山の自然破壊に繋がっている。
ひいては人類の存続にも繋がっているのだから、少しでも守ろうあるいは防ごうと
しなければ、ほんの少し先の未来さえ危ぶまれる。
個人で出来ることは高が知れていても皆が力を合わせれば大きな力になる。
現象として目に見える被害災害も全てが何処かで繋がっているのだから、
大きな目と心である意味、運命共同体として捉え、前向きな協力、対処等が
出来ることを心から願っている。