このホームページについて

 深刻な交通渋滞の緩和への取組や地震対策、都市型水害への備え、街のにぎわいの創出など、日立市が数多くの課題を抱えています。
 厳しい財政状況の中、限られた財源を効率的に投入して、様々な社会資本の整備を進めて行かなくてはなりません。
 そのために必要なことは、今までの固定概念にとらわれない新たな発想での取組と、地域住民が積極的に一つ一つの事業に参加することではないでしょうか。
 このホームページでは、日立市内を中心に、様々な公共事業の情報を発信しています。これらの情報は、管理者である県議会議員の井手よしひろが国、県、市などより提供を得た情報を、管理者の責任で分かりやすくまとめたものです。
 皆さま方の様々なご意見をお聞かせいただき、より住みやすい日立づくりに役立てていきたいと思います。

copylight Yoshihiro IDE (C) 1996-2005|e-mail:master@y-ide.com|編集

事業全体

国道6号線の整備を北側国交相に要望

北側大臣へ要望書提出
 2月6日、井手よしひろ県議ら公明党日立支部の議員代表は、県本部代表の石井啓一衆議院議員とともに、国土交通省に北側一雄大臣を訪ね、日立市内の道路整備と常磐道を活用した渋滞緩和策に関する要望書を提出しました。
 今回の要望は、々馥撮狭翔立バイパスの整備を進め、旭町アクセス以南の事業計画を具体化すること、国道6号石名坂以南の完全4車線化を新規事業として具体化すること、常磐道の割引社会実験を平成18年度も実施するとともに、その成果をもとに日立市の渋滞緩和と常磐道の利用者増加への具体的施策を検討すること、て立南太田〜日立中央IC間にETC専用出入り口を設置する社会実験を検討すること、の4点を国に求める内容となっています。
  続きを読む

国道6号:日立バイパス

国道6号線日立バイパスの鮎川までの延伸

国道6号日立バイパスの延伸 国道6号日立バイパスは、現在、旭町アクセス(天地閣角交差点まで)までの暫定2車線での工事が進んでいます。2008年春には旭町から田尻町までの区間、4.7キロの供用が開始されます。しかし、日立バイパスの計画が具体化しているのは、この区間だけで、市内の抜本的な渋滞緩和にはつながらない可能性があります。
 現在、日立市では少なくとも日立バイパスを鮎川地区(八反原)まで延伸し、県が計画を進めている県道鮎川停車場線と接続し、諏訪交差点まで直結する計画を検討しています。
 この5.7キロの区間に、すでに都市計画決定されている海上案では、総工費が約600億円かかると試算され、財政難の折から大幅な路線や工法の見直しが必要です。
 井手よしひろ県議らは、2月6日、国土交通省に北側一雄大臣を訪ね、同路線の事業化の検討を要望しました。日立製作所の社有地や日立電鉄線跡地利用など、大胆な見直しを図りながら、鮎川までの延伸を実現させたいと思います。  

国道6号:榊橋

国道6号線石名坂以南の完全4車線化を推進

国道6号線石名坂以南の完全4車線化
 日立市の大動脈国道6号線は、交通量3万6000台/日と計画容量を8000台も上回っています。そのため、朝夕を中心として慢性的な渋滞が発生して、永年の課題となっています。
 現在、榊橋の4車線化工事が進んでおり、2006年度中(2007年春)の供用開始が見込まれています。
 また、石名坂の上部では山側道路が国道6号線とT字路で交差しており、今後、県道日立笠間線と直結されて末広町方面と結ばれると、この部分が新たな交通渋滞箇所となる懸念があります。
 そこで、井手よしひろ県議らは、常磐高速日立南大田ICから石名坂交差点までの完全4車線化と、山側道路の石名坂交差点への直結、県道日立港線の変則交差点の改良を関係部署に要望してしています。
 2月6日には、国土交通省に直接北川一雄大臣を訪ね、国道部分の整備を求めました。  

河川:大沼川改修

大沼川の河川改修について行政と住民代表が意見交換

 11月28日午後、東金沢公民館で「大沼川の浸水対策に関する行政と住民代表の意見交換会」が開催されました。
 これには、県高萩土木事務ならびに市の担当者と地元「大沼学区の河川改修を促進する会」(会長:大江日出雄コミュニティ推進協議会長)の代表が参加しました。井手よしひろ県議も地元薄井五月市議とともに、オブザーバーとして出席しました。
 大沼川は日立市南部を流れる2級河川です。1999年10月、日立地方を襲った集中的な豪雨によって氾濫し、床上浸水22件、床下浸水250件の被害が発生しました。
 地元住民の強い要望を受け、浸水対策を進められ、2003年には、上流部(台原団地と山側道路の中)に調整池が完成しました。また、下流部の海端団地内では堤防の嵩上げ工事が完了し、放水路工事も具体的に進んでいます。
 しかし、中流部、特に国道6号からJR常磐線までの区間と大沼団地内は、改修工事が全く手つかずの状況で、年に数回床下浸水の被害を出しています。
 この日の意見交換会では、高萩土木事務所より、平成17年度に大沼団地内で河川状況の実態調査を行うことが報告されました。また、18年度は、その実態調査をもとに、具体的な改修計画の検討を行うことが表明されました。鈴木所長は、「実態調査を早急に実施し、緊急対策と抜本対策を計画的に進めたい」との意向が示されました。
 住民側からは、国道6号とJR常磐線との間の区間(河原内地区)の実態調査も、早期に行うよう要望が出されました。これを受けて、高萩土木事務所は17年度の予算で、河川調査を一体的に行うこととしました。
 さらに、1.大沼団地内へ水位計の設置、2.河原内地域の堆積した砂利の撤去、3.行政機関と「大沼学区の河川改修を促進する会」との連携強化の3点についても合意しました。  

河川:瀬上川改修

瀬上川の波浪対策に一定の評価

●上流部にふきあげ調整池を拡充整備
 瀬上川改修期成同盟の主催の「瀬上川対策に関する説明会」が、2005年6月25日、日立市久慈町の久慈コミュニティセンターで開催されました。
 席上、県高萩土木事務所からは、第2波除堤の整備と減衰地の設置で、長周期(周期120秒)の波浪に対しても、波高の低減が実証されたことが報告されました。
 さらに、現状のシミュレーションでは、県管理の最上部(暗渠部前面)で最悪の環境化で約16センチの護岸の高さ不足が見込まれるとの認識が示されました。県は、現状を見極めながら嵩上げ工事も検討するとの見解を示しました。
 日立市からは、瀬上川に流入する雨水の調整するために「ふきあげ調整池」を整備することが報告されました。これは、現在ある調整池(通称:小溜)の地下に、鉄筋コンクリート製の貯水槽(容積:2100立方メートル)を建設するものです。8月から工事に入り、平成18年3月末までに完成させます。
 説明の後、参加者との質疑応答を行いました。
1.海からの波浪対策は効果が出ていることは理解するが、雨水対策を強化して、瀬上川への流入を少なくする対策が必要ではないか。
2.雨水などを直接、海にポンプアップする方式をとることは考えられないか
3.小留とともに近くにある調整池である大留の利用は出来ないのか
 などの質問がありました。
 最後に井手よしひろ県議は、残念ながら廃線となった日立電鉄久慈浜駅跡地の利用を早期に具体化して、大規模な調整池を整備するなど、抜本的な対策を早期に検討してもらいたい、と市並びに県担当者に要望しました。