ブログネタ
エコな暮らし に参加中!
すべて食材からできた環境浄化微生物です!微生物と酵素が汚れを分解し、配管のヌメリや悪臭を強力に解消。すべて食材からできた微生物なので環境にやさしく、効果も安定し持続。これ1本で家庭排水を浄化できます。使い方は簡単。トイレ・台所・風呂・洗濯機の排水口や配管に流すだけ。「えひめAI-1」を入れることで河川の浄化へ、海の浄化へと繋がります!

▽Amazon
えひめAI

▽有用微生物群 批判的意見
福島県では2008年3月、”EM菌(有用微生物群)などの微生物資材について「高濃度の有機物が含まれる微生物資材を河川や湖沼に投入すれば汚濁源となる」”との見解をまとめ発表している。福島民友ニュース (2008年3月8日)

日本土壌肥料学会の1996年の「微生物を利用した農業資材の現状と将来」と題した公開シンポジウムにおいてEMが他の資材に比べて効果が低いと報告されるなど効果を疑問視する人も多く[2]、タイの試験研究機関の分析結果として、EM資材中に光合成細菌及び放線菌(Actinomycetes)の存在が確認されなかったとされている。日本土壌肥料学会 (1996年8月23日)

「科学とニセ科学」レジュメにおいて、万能を謳うことや他の研究者の批判に対する対応に、疑似科学性が見られると批判されている。菊池誠 (2004年7月28日). “「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)

「市民のための環境学ガイド」では「似非科学」の一つとして、EM菌が挙げられている。安井至 (2004年9月19日). “マイナスイオン定点観測

実験的研究によれば、EM菌にはシアノバクテリアの発生を抑制する効果はない。Lurling, Miquel, Tolman, Yora and van Oosterhout, Frank (2010)
台所、お風呂、洗濯機、トイレの排水口の詰まり・ヌメリ・臭いを消します。排水口に流すだけで作業も簡単です。微生物だから環境にも優しく、効果的です。

※愛媛県工業技術センターが開発した環境浄化微生物「えひめAI-1」は愛媛県の登録商標(登録第4937677号)であり、タオプラニング(株)は愛媛県の承諾を得て本商品に使用しています。