Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

日ごとの聖句1127 イエス・キリストの日 2023/12/3〜9

IMG_8681


2023年12月3日(日)降臨節第1主日
              コリントの信徒への手紙 1:7
あなたがたは賜物に何一つ欠けるところがなく、わたしたちの主イエス・キリストの現れを待ち望んでいます。

12月4日(月)          コリントの信徒への手紙 1:8
主も最後まであなたがたをしっかり支えて、わたしたちの主イエス・キリストの日に、非のうちどころのない者にしてくださいます。

12月5日(火)         フィリピの信徒への手紙 1:9-10
わたしは祈ります。あなたがたがキリストの日に備えて、清い者、とがめられるところのない者となるように。

12月6日(水)         テサロニケの信徒への手紙 5:4
あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。

12月7日(木)               ペトロの手紙 3:9
主は、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。

12月8日(金)              ペトロの手紙 3:13
わたしたちは、義の宿る新しい天と新しい地とを、神の約束に従って待ち望んでいるのです。

12月9日(土)            マタイによる福音書 25:13
だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。

(新共同訳)

(ひとこと)
イエス・キリストの日は涙の日です。
その涙は喜びの涙です。愛する主イエスと、顔と顔とを合わせてお会いする日です。

その涙は悔い改めの涙です。その日、隠されていたわたしたちの罪と過ちはあらわにされ、痛みと嘆きが起こるでしょう。けれども主には赦しがあり、癒やしと慰めと永遠の平安が与えられます。

その日までわたしたちは放置されているのではありません。主がわたしたちを最後までしっかり支え、十分に整えてくださると約束されています(コリント 1:8)

日ごとの聖句1126 牧者なる神 2023/11/26〜12/2

IMG_7316


2023年11月26日(日)降臨節前主日     エゼキエル書 34:11
まことに、主なる神はこう言われる。見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。

11月27日(月)              エゼキエル書 34:12
牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わたしは自分の羊を探す。

11月28日(火)              エゼキエル書 34:13
わたしは彼らを諸国の民の中から連れ出し、諸国から集めて彼らの土地に導く。

11月29日(水)              エゼキエル書 34:14
わたしは良い牧草地で彼らを養う。イスラエルの高い山々は彼らの牧場となる。

11月30日(木)使徒聖アンデレ日      エゼキエル書 34:14
彼らはイスラエルの山々で憩い、良い牧場と肥沃な牧草地で養われる。

12月1日(金)               エゼキエル書 34:15
わたしがわたしの群れを養い、憩わせる、と主なる神は言われる。

12月2日(土)               エゼキエル書 34:16
わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。

(新共同訳)

(ひとこと)
「わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。」

エゼキエル書第34章で宣言された神の約束は、数百年の後に現実となりました。イエス・キリストの降誕です。
イエスは「失われたものを尋ね求め」るために来てくださったのです。

日ごとの聖句1125 沈黙 2023/11/19〜25

IMG_8562

 ソウル東南の漢江(ハンガン)。
 南楊州市から河南市方面を望む。

2023年11月19日(日)聖霊降臨後第25主日  ゼファニア書 1:7
主なる神の御前(みまえ)に沈黙せよ。
主の日は近づいている。

11月20日(月)                   詩編 4:5
おののいて罪を離れよ。
横たわるときも自らの心と語り、そして沈黙に入れ。

11月21日(火)                  詩編 131:2
わたしは魂を沈黙させます。
わたしの魂を、幼子のように、母の胸にいる幼子のようにします。

11月22日(水)                   詩編 62:2
わたしの魂は沈黙して、ただ神に向かう。
神にわたしの救いはある。

11月23日(木)                ハバクク書 2:20
主はその聖なる神殿におられる。
全地よ、御前(みまえ)に沈黙せよ。

11月24日(金)                   詩編 37:7
沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれよ。
繁栄の道を行く者や、悪だくみをする者のことでいら立つな。

11月25日(土)              ヨハネの黙示録 8:1
小羊が第七の封印を開いたとき、天は半時間ほど沈黙に包まれた。

(新共同訳)

(ひとこと)
聖公会の文語祈祷書(1959)の「早祷序式」の冒頭に、「主はその聖なる宮にましませり。全地その御前に黙すべし」(ハバクク2:20)と記されています。この言葉の響きは、ずっとわたしの中に残っています。

あるとき、祈りたい思いがあって礼拝に行きました。ところが礼拝直前まで、数名の人のおしゃべりがやまず、困惑しました。

主の前に沈黙し、祈りをもって礼拝に臨みたいと願います。

日ごとの聖句1124 主と共に 2023/11/12〜18

IMG_8621


2023年11月12日(日)聖霊降臨後第24主日
              テサロニケの信徒への手紙一 4:17
わたしたち生き残っている者が、主と出会うために、彼らと一緒に引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。

11月13日(月)        テサロニケの信徒への手紙一 5:10
主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです。

11月14日(火)           ローマの信徒への手紙 6:4
わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。

11月15日(水)           ローマの信徒への手紙 6:8
わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。

11月16日(木)          コロサイの信徒への手紙 3:4
あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。

11月17日(金)           マタイによる福音書 28:20
「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

11月18日(土)           マルコによる福音書 16:20
弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることをお示しになった。

(新共同訳)

(ひとこと)
韓国の教会でよく使われる言葉に「ハムケ ハダ」があります。直訳すると「共にする」で、「主が共におられる」「主が共に働かれる」という意味で祈りにも非常によく用いられます。柔らかくて力強い響きです。

「主と共にいる」ことのありがたさ、「主が共に働かれる」ことの力強さを深く味わいたいと願います。

日ごとの聖句1123 勇気 2023/11/5〜11

IMG_8496

 「6月民主抗争震源地」の碑
 (大韓聖公会ソウル主教座聖堂境内)

2023年11月5日(日)聖霊降臨後第23主日       詩編 84:6
いかに幸いなことでしょう。あなたによって勇気を出し、心に広い道を見ている人は。

11月6日(月)                 歴代誌下 15:7
「しかし、あなたたちは勇気を出しなさい。落胆してはならない。あなたたちの行いには、必ず報いがある。」

11月7日(火)                 歴代誌下 15:8
アサはこの言葉と預言者オデドの預言を聞いて、勇気を得、忌むべき偶像を除き去り、主の祭壇を新しくした。

11月8日(水)                   ミカ書 3:8
しかし、わたしは力と主の霊、正義と勇気に満ち、ヤコブに咎を、イスラエルに罪を告げる。

11月9日(木)                 バルク書 4:27
子らよ、勇気を出し、神に向かって叫びなさい。あなたたちを連れ去った方は、あなたたちを覚えておられます。

11月10日(金)           マルコによる福音書 15:43
アリマタヤ出身のヨセフが勇気を出してピラトのところへ行き、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出た。この人も神の国を待ち望んでいたのである。

11月11日(土)           ヨハネによる福音書 16:33
イエスは言われた。「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」

(新共同訳)

(ひとこと)
最近、ユーチューブで出会った韓国の祈りに次のような言葉がありました。

「神さまのみ言葉でわたしの霊を満たし、み言葉で勝利させてください。厳しいこの世で生きていく時に、強くて大胆な信仰の<勇士>として、善によって悪に打ち勝ち、主に栄光をささげることができるようにしてください。」
https://www.youtube.com/watch?v=4IMyRuf80eY&t=8054s

主のみ言葉によって小心から解放され、勇気をもって生きていきたいと願います。

日ごとの聖句1122 寄留者 2023/10/29〜11/4

IMG_8327


 仁王山(韓国・ソウル)

2023年10月29日(日)聖霊降臨後第22主日  出エジプト記 22:20
寄留者を虐待したり、圧迫したりしてはならない。あなたたちはエジプトの国で寄留者であったからである。

10月30日(月)                  詩編 146:9
主は寄留の民を守り、みなしごとやもめを励まされる。

10月31日(火)                  創世記 23:4
アブラハムはヘトの人々に頼んだ。「わたしは、あなたがたのところに一時滞在する寄留者ですが、あなたがたが所有する墓地を譲ってくださいませんか。亡くなった妻を葬ってやりたいのです。」

11月1日(水)諸聖徒日           出エジプト記 2:22
彼女は男の子を産み、モーセは彼をゲルショムと名付けた。彼が、「わたしは異国にいる寄留者(ゲール)だ」と言ったからである。

11月2日(木)                  レビ記 19:10
ぶどうも、摘み尽くしてはならない。ぶどう畑の落ちた実を拾い集めてはならない。これらは貧しい者や寄留者のために残しておかねばならない。わたしはあなたたちの神、主である。

11月3日(金)                申命記 10:17-19
あなたたちの神、主は、孤児と寡婦の権利を守り、寄留者を愛して食物と衣服を与えられる。あなたたちは寄留者を愛しなさい。

11月4日(土)               ゼカリヤ書 7:9-10
万軍の主はこう言われる。「やもめ、みなしご、寄留者、貧しい者らを虐げず、互いに災いを心にたくらんではならない。」

(ひとこと)
「信仰の父」と呼ばれるアブラハム。彼は、妻サラのための墓地購入にあたって、自分が寄留者であることを言い表しました。

イエスは「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない」(マタイ8:20)と、ご自分が寄留者であることを口にされました。

聖書は繰り返し、寄留者が大切な存在であることを語っています。在日滞日外国人の人権が軽んじられてはなりません。

日ごとの聖句1121 聖霊と喜び 2023/10/22〜28

IMG_7284(1)


 大韓聖公会 聖架修道院

2023年10月22日(日)聖霊降臨後第21主日
               テサロニケの信徒への手紙一 1:6
あなたがたはひどい苦しみの中で、聖霊による喜びをもって御言葉を受け入れ、主に倣う者となったのです。

10月23日(月)            ルカによる福音書 10:21
イエスは聖霊によって喜びにあふれて言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。」

10月24日(火)                使徒言行録 8:39
彼らが水の中から上がると、主の霊がフィリポを連れ去った。宦官はもはやフィリポの姿を見なかったが、喜びにあふれて旅を続けた。

10月25日(水)              使徒言行録 13:51、52
弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。

10月26日(木)          ローマの信徒への手紙 14:17
神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。

10月27日(金)          ローマの信徒への手紙 15:13
希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。

10月28日(土)使徒聖シモン・使徒聖ユダ日     詩編 51:14
御救(みすく)いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください。

(新共同訳)

(ひとこと)
聖霊による喜び! これこそわたしたちに必要なものです。
それを忘れていました。

たとえ状況が嘆かわしいものであっても、聖霊の火がわたしたちのうちに燃えるなら、喜びが起こり、前に向かって進むことができます。

聖霊よ、わたしたちに臨んでください。

日ごとの聖句1120 計画 2023/10/15〜21

IMG_8233


2023年10月15日(日)聖霊降臨後第20主日     イザヤ書 25:1
主よ、あなたは驚くべき計画を成就された。遠い昔からの揺るぎない真実をもって。

10月16日(月)               エレミヤ書 29:11
わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。

10月17日(火)           エズラ記(ラテン語)16:55
見よ、主は、人のすべての業と計画と思いと心とをご存じである。

10月18日(水)福音記者聖ルカ日           箴言 16:9
人間の心は自分の道を計画する。主が一歩一歩を備えてくださる。

10月19日(木)                 トビト記 4:19
お前の道がまっすぐであるように、またお前のすべての歩みと計画がうまくいくように、神に求めなさい。

10月20日(金)                イザヤ書 46:10
わたしは初めから既に、先のことを告げ、まだ成らないことを、既に昔から約束しておいた。わたしの計画は必ず成り、わたしは望むことをすべて実行する。

10月21日(土)              テモテの手紙二 1:9
神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。

(新共同訳)

(ひとこと)
神がわたしたちのため、わたしのために、良い計画を立て、それを必ず実行される。
何という不思議な、またありがたいことでしょう。

わたしたちの立てる計画が神の計画に一致するものであるように、導きと祝福を祈り求めます。

日ごとの聖句1119 収穫 2023/10/8〜14

IMG_3147(1)


2023年10月8日(日)聖霊降臨後第19主日    詩編 126:5
涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。

10月9日(月)           マルコによる福音書 4:27、29
「夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長する。実が熟すと、早速、鎌を入れる。収穫の時が来たからである。」

10月10日(火)                ゼカリヤ書 8:12
平和の種が蒔かれ、ぶどうの木は実を結び、大地は収穫をもたらし、天は露をくだす。

10月11日(水)                レビ記 19:9、10
穀物を収穫するときは、畑の隅まで刈り尽くしてはならない。これらは貧しい者や寄留者のために残しておかねばならない。

10月12日(木)                イザヤ書 37:30
今年は落ち穂から生じた穀物を食べ、二年目は自然に生じたものを食べ、三年目には種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作り、その実りを食べる。

10月13日(金)            ヨハネによる福音書 4:35
「あなたがたは、『刈り入れまでまだ四か月もある』と言っている。目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている。」

10月14日(土)          マタイによる福音書 9:37、38
「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

(新共同訳)

(ひとこと)
「平和の種が蒔かれ」(ゼカリヤ8:12)と言われています。

時が良くても悪くても、争いの種ではなく「平和の種」を播きたいと思います。

困難が多く悲観的になりやすいとき、イエスがありありと見ておられた「色づいた畑」(ヨハネ4:35)をわたしたちも見つめて、確かな希望を抱くことができますように。

日ごとの聖句1118 舌 2023/10/1〜7

IMG_8212


2023年10月1日(日)聖霊降臨後第18主日
フィリピの信徒への手紙 2:11
すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。

10月2日(月)                   詩編 35:28
わたしの舌があなたの正しさを歌い
絶えることなくあなたを賛美しますように。

10月3日(火)                  イザヤ書 50:4
主なる神は、弟子としての舌をわたしに与え、
疲れた人を励ますように、言葉を呼び覚ましてくださる。

10月4日(水)                   箴言 15:4
癒しをもたらす舌は命の木。
よこしまな舌は気力を砕く。

10月5日(木)               ヤコブの手紙 3:9-10
わたしたちは舌で、父である主を賛美し、また舌で、神にかたどって造られた人間を呪います。このようなことがあってはなりません。

10月6日(金)                   詩編 120:2
主よ、わたしの魂を助け出してください。
偽って語る唇から、欺いて語る舌から。

10月7日(土)                サムエル記下 23:2
主の霊はわたしのうちに語り
主の言葉はわたしの舌の上にある。

(新共同訳)

(ひとこと)
ヤコブの手紙に「どんな小さな火でも大きい森を燃やしてしまう。舌は火です」(3:5-6)と言われています。

舌は人を幸福にする一方、人を傷つけ災いをもたらすことがあります。

神さまがわたしたちの舌を清めて、良いことに用いてくださいますように。
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索