Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

日ごとの聖句791 信仰・希望・愛 2017/6/25〜7/1

IMG_6101

2017年6月25日(日)聖霊降臨後第3主日
                 コリント一 12:31-13:1
あなたがたに最高の道を教えます。たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら。

6月26日(月)             コリント一 13:4
愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。

6月27日(火)             コリント一 13:5
愛は礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。

6月28日(水)             コリント一 13:6
愛は不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

6月29日(木)使徒聖ペテロ・使徒聖パウロ日
                  コリント一 13:8-9
愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう。 わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。

6月30日(金)             コリント一 13:12
わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。

7月1日(土)              コリント一13:13
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

奈良基督教会創立130周年記念礼拝 6月25日

奈良基督教会創立130周年記念礼拝が次のとおり行われます。

130教区ハガキ表a


皆さま、どうぞお祈りください。ご参加も歓迎します。

日本聖公会奈良基督教会
 牧師  司祭 井田 泉
 副牧師 司祭 大岡左代子

日ごとの聖句790 鷲の翼に乗せて 2017/6/18〜24

IMG_6062

2017年6月18日(日)聖霊降臨後第2主日 出エジプト記19:3
モーセが神のもとに登って行くと、山から主は彼に語りかけて言われた。「イスラエルの人々に告げなさい。」

6月19日(月)             出エジプト記19:4
「あなたたちは見た。わたしがエジプト人にしたこと、また、あなたたちを鷲の翼に乗せて、わたしのもとに連れて来たことを。」

6月20日(火)             出エジプト記19:5
「今、もしわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るならば、あなたたちはすべての民の間にあって、わたしの宝となる。」

6月21日(水)            出エジプト記19:6
「あなたたちは、わたしにとって、祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエルの人々に語るべき言葉である。」

6月22日(木)             出エジプト記20:2
「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。」

6月23日(金)               申命記32:10
主は荒れ野で彼を見いだし、獣のほえる不毛の地でこれを見つけ、これを囲い、いたわり、御自分のひとみのように守られた。

6月24日(土)洗礼者聖ヨハネ誕生日       ルカ1:76
幼子よ、お前はいと高き方の預言者と呼ばれる。主に先立って行き、その道を整え、主の民に罪の赦しによる救いを知らせるからである。

日ごとの聖句789 父と子と聖霊の名によって 2017/6/11〜17

IMG_6029

2017年6月11日(日)三位一体主日    コリント二 13:13
主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。

6月12日(月)使徒聖バルナバ日     使徒言行録11:23
バルナバは、神の恵みが与えられた有様を見て喜び、そして、固い決意をもって主から離れることのないようにと、皆に勧めた。

6月13日(火)               マタイ28:19
イエスは言われた。「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授けなさい。」

6月14日(水)               マタイ28:20
「彼らにあなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

6月15日(木)聖餐感謝日      コリント一 11:23-24
主イエスは、引き渡される夜、パンを取り、感謝の祈りをささげてそれを裂いて、言われました。

6月16日(金)             コリント一 11:24
「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」

6月17日(土)             コリント一 11:25
「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい。」

日ごとの聖句788 聖霊降臨 2017/6/4〜10

IMG_6004

2017年6月4日(日)聖霊降臨日       使徒言行録2:1
五旬祭の日、一同が一つになって集まっていると、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。

6月5日(月)               使徒言行録2:3
そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。

6月6日(火)               使徒言行録2:4
すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

6月7日(水)             使徒言行録2:15-16
この人たちは、酒に酔っているのではありません。そうではなく、これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです。

6月8日(木)              使徒言行録2:17
神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。するとあなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。

6月9日(金)              使徒言行録2:33
イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたはこのことを見聞きしているのです。

6月10日(土)              使徒言行録2:41
ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。

日ごとの聖句787 聖霊が降ると 2017/5/28〜6/3

IMG_6006

2017年5月28日(日)復活節第7主日(昇天後主日) ルカ24:49
「わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」

5月29日(月)              使徒言行録1:8
「あなたがたの上に聖霊が降(くだ)ると、あなたがたは力を受ける。そして、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」

5月30日(火)                ルカ11:13
「あなたがたは、自分の子どもには良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」

5月31日(水)               ヨハネ14:26
イエスは言われた。「聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」

6月1日(木)                詩編51:14
御(み)救いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください。

6月2日(金)                イザヤ32:15
ついに、我々の上に、霊が高い天から注がれる。荒れ野は園となり、園は森と見なされる。

6月3日(土)                イザヤ38:16
主が近くにいてくだされば、人々は生き続けます。わたしの霊も絶えず生かしてください。わたしを健やかにし、生かしてください。

第6回公開聖書講座 「ローマの信徒への手紙  恵みと信仰──キリスト教の根幹」全文

IMG_5935

奈良基督教会創立130記念
第6回公開聖書講座
2017年5月20日

ローマの信徒への手紙
「恵みと信仰──キリスト教の根幹」

→ 講演原稿全文

「ローマの信徒への手紙」(ローマ書)はパウロが書いた中でもっとも重要と言ってもよい手紙です。パウロは、いずれローマに行きたいと切に願いつつ、先にイエス・キリストの福音の内容をまとまった形で書き送りました。紀元50年代半ばとされます。

難解な箇所もたくさんあるのは事実ですが、これはただ理論的なことを並べたというものではありません。パウロ自身が命がけで経験したイエスとの出会いと、救われた喜びが背景にあります。彼はこの手紙で、人が生きて死ぬことのできる救いの道を切実な思いと情熱をもって語っています。

歴史的にもこの手紙は大きな影響力を持ち、16世紀の宗教改革の際にはその重要な原動力の一つとなりました。

今年2017年はマルティン・ルターによる宗教改革開始500年の記念の年にあたりますので、初めにルターの言葉を少し紹介しましょう。
……

【案内】第6回公開聖書講座「ローマの信徒への手紙」

IMG_5823

奈良基督教会創立130記念
第6回公開聖書講座

ローマの信徒への手紙
「恵みと信仰──キリスト教の根幹」

2017年5月20日(土)13:30
奈良基督教会礼拝堂
講師 ・ 司祭 井田 泉

第6回公開聖書講座チラシ

日ごとの聖句786 祝福を祈れ

IMG_5934

2017年5月21日(日)復活節第6主日     ペトロ一 3:8
皆心を一つに、同情し合い、兄弟を愛し、憐れみ深く、謙虚になりなさい。

5月22日(月)               ペトロ一 3:9
悪をもって悪に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。

5月23日(火)                マタイ21:9
群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。」

5月24日(水)               ローマ12:14
あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。

5月25日(木)昇天日            ルカ24:50-51
イエスは、彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。

5月26日(金)              マルコ10:14、16
イエスは言われた。「神の国はこのような者たちのものである。」
そして、子どもたちを抱き上げ、手を置いて祝福された。

5月27日(土)               詩編115:12-13
主よ、わたしたちを御心に留め、祝福してください。
主を畏れる人を祝福し、大きな人も小さな人も祝福してください。

日ごとの聖句785 主のもとに来なさい

IMG_5916

日ごとの聖句785 主のもとに来なさい

2017年5月14日(日)復活節第5主日      マタイ11:28
疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげよう。

5月15日(月)                マタイ4:19
イエスは彼らに、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。

5月16日(火)               ペトロ一 2:4
この主のもとに来なさい。主は、人々からは見捨てられたのですが、神にとっては選ばれた、尊い、生きた石なのです。

5月17日(水)                ヨハネ1:46
するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。

5月18日(木)               列王記下3:14
エリシャは言った。「わたしの仕えている万軍の主は生きておられる。今、楽を奏する者を連れて来なさい。」

5月19日(金)              列王記下3:15-16
楽を奏する者が演奏をすると、主の御手がエリシャに臨み、彼は言った。「主はこう言われる。『この涸れ谷に次々と堀を造りなさい。』」

5月20日(土)               列王記下3:17
主がこう言われる。『風もなく、雨もないのに、この涸れ谷に水が溢れ、あなたたちは家畜や荷役の動物と共にそれを飲む。』
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索