Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

日ごとの聖句769 ご覧になった 2017/1/22〜28

IMG_1200

2017年1月22日(日)顕現後第3主日      マタイ3:16
イエスは洗礼を受けると、すぐ水の中から上がられた。イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降って来るのを御覧になった。

1月23日(月)                マタイ4:18
イエスは、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレが、湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。

1月24日(火)                マタイ4:21
イエスは、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、彼らをお呼びになった。

1月25日(水)使徒聖パウロ回心日       詩編25:18
御覧ください、わたしの貧しさと労苦を。どうかわたしの罪を取り除いてください。

1月26日(木)                マタイ8:14
イエスはペトロの家に行き、そのしゅうとめが熱を出して寝込んでいるのを御覧になった。

1月27日(金)                マタイ8:15
イエスがその手に触れられると、熱は去り、しゅうとめは起き上がってイエスをもてなした。

1月28日(土)               詩編139:24
御覧ください、わたしの内に迷いの道があるかどうかを。どうか、わたしを、とこしえの道に導いてください。

東の国の博士たち

IMG_5394

2011年12月24日、クリスマス・イブ礼拝のメッセージです。
京都聖三一教会にて。

 先ほど聖歌第94番「まきびと羊を」という歌を歌いました。これは元々、イギリスの“The First Noel”(最初のクリスマス)という題のクリスマス・キャロルです。この歌は「まきびと羊を」という歌い出しから、羊飼いの歌という印象が強いのですが、歌詞を確かめてみると、2節から終わりの4節までずっと、羊飼いではなく、東の国の博士たちのことが歌われています。

♪仰げば み空に きらめくあかぼし
 ──天を仰いでみると、明るい星がきらめいている。その星は夜も昼もずっと、輝き渡っている。
……

全文は → 東の国の博士たち

日ごとの聖句768 神の小羊 2017/1/15〜21

洗礼盤


奈良基督教会洗礼盤



2017年1月15日(日)顕現後第2主日      ヨハネ1:29
その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」

1月16日(月)                 詩編79:9
わたしたちの救いの神よ、わたしたちを助けて、わたしたちを救い出し、わたしたちの罪をお赦しください。

1月17日(火)                 詩編86:5
主よ、あなたは恵み深く、お赦しになる方。あなたを呼ぶ者に、豊かな慈しみをお与えになります。

1月18日(水)            ヨハネの黙示録7:17
玉座の中央におられる小羊が彼らの牧者となり、命の水の泉へ導き、神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれる。

1月19日(木)            ヨハネの黙示録22:1
天使はまた、神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川をわたしに見せた。

1月20日(金)               ヨハネ一 1:9
自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。

1月21日(土)               イザヤ59:20
主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると、主は言われる。

幼子の名前はイエス

IMG_5383

2017年1月1日・主イエス命名の日
奈良基督教会での説教です。

「八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。」
ルカ2:21

母マリアは天使ガブリエルから「その子をイエスと名付けなさい」と言われていました。父となることを引き受けたヨセフも、夢で天使から「その子をイエスと名付けなさい」と命じられていました。

その子の名はイエス。「イエス」とは「主(ヤハウェ)は救う」「神は救い」という意味です。神の救いをこの世界にもたらすために生まれた幼子の名前はイエス。誕生から8日目の今日1月1日に、幼子は正式にイエスと名付けられました。イエスの名はマリアから愛をもって呼ばれ、ヨセフから愛をもって呼ばれ、隣人たちから愛をもって呼ばれました。
……

全文 →幼子の名前はイエス

日ごとの聖句767 神の霊 2017/1/8〜14

IMG_5394

2017年1月8日(日)顕現後第1主日・主イエス洗礼の日
                    マタイ3:16
洗礼を受けると、イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降(くだ)って来るのを御覧になった。

1月9日(月)               マタイ3:17
そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。

1月10日(火)              マタイ12:28
わたしが神の霊で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。

1月11日(水)               ローマ8:14-15
神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。あなたがたは、神の子とする霊を受けたのです。

1月12日(木)              テモテ二 3:16
聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。

1月13日(金)               イザヤ61:1
主はわたしに油を注ぎ、主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして、貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。

14日(土)                創世記1:2
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。

第4回公開聖書講座 「ヨハネによる福音書〜肉(人)となった神」

4回公開聖書講座ポスター


奈良基督教会創立130周年記念
公開聖書講座
第4回は「ヨハネによる福音書」を取り上げます。

2017年1月21日(土)13:30〜15:00
奈良基督教会礼拝堂にて
(無料・予約不要)
どなたでもどうぞ

日ごとの聖句766 イエスの名 2017/1/1〜7

IMG_5380

2017年1月1日(日)主イエス命名の日      ルカ2:21
八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。

1月2日(月)                ヨハネ20:31
これらのことが書かれたのは、あなたがたが信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。

1月3日(火)              使徒言行録3:16
あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。

1月4日(水)              使徒言行録4:30
どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください。

1月5日(木)             使徒言行録5:41-42
使徒たちは、イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜び、最高法院から出て行き、毎日、福音を告げ知らせていた。

1月6日(金)顕現日           使徒言行録21:13
パウロは答えた。「主イエスの名のためならば、エルサレムで縛られることばかりか死ぬことさえも、わたしは覚悟しているのです。」

1月7日(土)               コロサイ3:17
何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。

メサイア(ヘンデル作曲)で綴るクリスマス物語

IMG_2097

第10回 ひがしむき 光のページェント&チャペルコンサート

2016年12月22日(木)18:00
奈良基督教会礼拝堂

おはなし ・ 司祭 井田 泉
パイプオルガン演奏 ・ 佐分利みどり

「メサイア」は、ジョージ・フリデリック・ヘンデルが、友人ジェネンズの提供した英語聖書の言葉に作曲したオラトリオ(聖譚曲、宗教的音楽劇)。1741年の作です。本日はメサイアの第1部「救い主到来の約束と降誕」から、聖書の言葉と重ねて六つの曲をたどっていきます。ご一緒にクリスマスの出来事に近づき、恵みと平和の世界に触れることができますように。
……

「メサイア(ヘンデル作曲)で綴るクリスマス物語」 当日プログラム

日ごとの聖句765 飼い葉桶 2016/12/25〜31

IMG_5349

2016年12月25日(日)降誕日         ルカ2:6-7
マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

12月26日(月)最初の殉教者聖ステパノ日     ルカ2:8
その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。

12月27日(火)福音記者使徒聖ヨハネ日      ルカ2:9
すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。

12月28日(水)聖なる幼子の日         ルカ2:10
天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。」

12月29日(木)                ルカ2:11
「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」

12月30日(金)                ルカ2:12
「あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」

12月31日(土)               ルカ2:13-14
この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」

奈良基督教会 2016クリスマス礼拝案内

クリスマスのご案内2016奈良



PDFはここ
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索