Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

2013年03月

バッハ「マタイ受難曲」を聞く

WP_000096

奈良基督教会
奈良キリ・セミナリオ
2013年3月24日(復活前主日)の夜

およそ20名でバッハのマタイ受難曲(抜粋)を聞いた。

以下は、そこで感じたこと、話したことの一部です。

第65曲のアリア
Mache dich , mein Herze, rein
(わが心よ、おのれを清めよ)
から


1. 信仰の甘美

「イエスが今よりのち、わたしの中で
とこしえに 甘い安らぎを得ますように」


信仰にとって「甘美」ということが大切である。
教訓的になものに重点がかかって、魂が枯渇するということがある。

神の恵みはわたしたちの心を潤す。喜びで満たす。

第67曲では「わたしのイエス」という言葉が繰り返される。
わたしの愛するイエス、わたしを愛してくださるイエス。
わたし個人のイエス、という親密さ、「慕い求める」ということを大切にしたい。


2. わたしの中の主体の交替

「この世よ、出て行け、イエスに入っていただけ」


受難曲をきいて感情が揺さぶられる。
しかしこの音楽によって、緊張が高まり、最後はそれが緩和、解消される(カタルシス)、という感情の出来事でとどまるべきではない。

わたしの中の主体が交替する。
この世の価値観……上下、優劣などに縛られたあり方から変革される。
イエスがわたしの中に入り、わたしの中で生きてくださることは、質的な変化である。

古いわたしはイエスの死とともに死に、新しいわたしがイエスの復活とともに始まる。


第68曲(終曲)

マタイ受難曲は、イエスの墓の前で、涙を流し、
墓の中のイエスに呼びかけるところで終わる。

おやすみください、やすらかに
やすらかに、おやすみください

復活の朝がやがて明けようとしている。

聖週から復活日へ(聖歌による)

WP_000120
写真は奈良基督教会

大和伝道区大斎集会
2013/03/27(水)
五條聖三一教会

聖歌でたどる「聖週から復活日」です。
項目のみですがおゆるしください。

番号は聖木曜日を除き日本聖公会聖歌集です。

復活前主日
  137 ユダのわらべの(変ロ長調=♭♭)

聖木曜日
  (カトリック典礼聖歌)309 キリストのいのち(ト長調=#)

聖金曜日(受苦日)
  146 主の痛み、はげしきかな(ヘ短調=♭♭♭♭)

聖土曜日
  158 しおるる心に(ヘ短調=♭♭♭♭)

復活日
  176 ハレルヤ あまつ神の子ら(ヘ短調=♭♭♭♭)

イエスよ、わたしを思い出してください

イエスよわたしを・看板

ルカ23:42

2013年3月24日
復活前主日
奈良基督教会にて

「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください。」ルカ23:42

 イエスと一緒に十字架につけられた犯罪人の一人は、このように呼びかけ、願い求めました。
自分も死に、イエスも死のうとするいまわのきわ。苦しい息の中からのあえぎ求めです。

 この人は、わたしたちの祈りを代表、代弁してくれているのではないでしょうか。

 この人は死のうとしています。彼はもう一人の犯罪人に向かってこう言います。

「我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。」ルカ23:41


 自分の人生は間違っていた。自分がやったことは死に値する。取り返しのつかない人生の終わりです。自分が天国に行けるとは思っていません。
けれども傍らで同じように犯罪人として処刑されて死んで行かれるこのイエスは、死んでご自分の国に行かれる。神のもとに帰られる。

 自分は悪いことをしたために処刑されて死に、この方イエスは良いことをしたために処刑されて死なれる。

 自分を待っているのは永遠の滅び。死後の世界があったとしても、暗黒の世界です。けれどもイエスよ、わたしを思い出してください。この哀れなわたしを思い出してください。このように惨めに人生を閉じる者が、それでもあなたと同じ時に同じように死んでいったことを思い出してください。

 イエスが行かれる所と自分が行く所がまったく反対の、交通不可能な場所であったとしても、わたしを思い出してほしい。

「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください。」

 イエスがわたしを思い出してくださることだけが、ただ一つの彼の慰め、ただ一つの望みなのです。イエスが、彼の言葉を黙って聞いてくださる以上のことを、彼は求めません。

 ところがイエスは、彼に答えられました。彼がまったく期待しなかったことを彼に言われました。

「するとイエスは、『はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる』と言われた。」ルカ23:43

 ほんとうにわたしはあなたに言う。今日、わたしと一緒にあなたはパラダイスにいる。
 イエスは、彼を思い出すと言われただけではありません。「今日、わたしと一緒にあなたはパラダイスにいる」と言われたのです。

 あなたを決して暗黒の世界には行かせない。あなたを見捨てない。あなたをわたしと一緒に天国におらせる。

 正面の十字架を、その上のほうを見てください。中央に木の十字架があります。その右にも左にも十字架があります。中央がイエスさまで、右と左が一緒に十字架にかけられた犯罪人です。

WP_000115


 自分が正しいことをしたからではなくて、自分が立派だったからではなくて、自分が信仰深かったからではなくて、ただ「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と願ったその祈りをイエスが聞いてくださったがゆえに、彼はイエスとともにイエスの御国にいるという約束を受けました。

 わたしたちはどこにいるのでしょうか。あの真ん中のイエスの十字架の隣にいるのです。手がつながっています。わたしたちが手を放しても、イエスはしっかりとわたしたちの手を握って離されない。わたしたちもイエスと共に死んで、イエスに迎えられてパラダイスに招き入れられます。

 わたしたちの高慢は死にます。わたしたちのかたくなさは溶かされます。わたしたちの自己卑下は消滅します。

 十字架のイエスがわたしの救いです。十字架のイエスがわたしたちの救いです。イエスの十字架に結ばれて、わたしたちはお互いを大切にし合う兄弟姉妹です。

日ごとの聖句569 わたしを思い出してください 2013/3/24〜30

WP_000060

2013年3月24日(日)復活前主日            ルカ23:33
「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。

3月25日(月)復活前月曜日              ルカ23:34
そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」

3月26日(火)復活前火曜日              ルカ23:42
もう一人の方が「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。

3月27日(水)復活前水曜日             ルカ23:43
するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。

3月28日(木)聖木曜日                ルカ23:46
イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。

3月29日(金)聖金曜日(受苦日)          ルカ23:52-53
ヨセフが、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出て、遺体を十字架から降ろして亜麻布で包み、岩に掘った墓の中に納めた。

3月30日(土)聖土曜日              ルカ23:55-56
婦人たちは、ヨセフの後について行き、墓と、イエスの遺体が納められている有様とを見届け、家に帰って、香料と香油を準備した。

日ごとの聖句568 新しいこと 2013/3/17〜23

WP_000017

2013年3月17日(日)大斎節第5主日        イザヤ書42:9
見よ、初めのことは成就した。新しいことをわたしは告げよう。それが芽生えてくる前に、わたしはあなたたちにそれを聞かせよう。

3月18日(月)                  イザヤ書43:19
見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。わたしは荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる。

3月19日(火)聖ヨセフ日               詩編40:2
主にのみ、わたしは望みをおいていた。主は耳を傾けて、叫びを聞いてくださった。

3月20日(水)                    詩編40:3
主は、滅びの穴、泥沼からわたしを引き上げ、わたしの足を岩の上に立たせ、しっかりと歩ませてくださった。

3月21日(木)                    詩編40:4
主はわたしの口に新しい歌を、わたしたちの神への賛美を授けてくださった。

3月22日(金)            ローマの信徒への手紙6:4
キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるのです。

3月23日(土)          コリントの信徒への手紙二 5:17
だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。

日ごとの聖句567 神の義 2013/3/10〜16

WP_000012

2013年3月10日(日)大斎節第4主日          箴言21:3
神に従い正義を行うことは、いけにえをささげるよりも主に喜ばれる。

3月11日(月)                    詩編116:5
主は憐れみ深く、正義を行われる。わたしたちの神は情け深い。

3月12日(火)                   マタイ6:33
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。

3月13日(水)                   詩編37:28
主は正義を愛される。主の慈しみに生きる人を見捨てることなく、とこしえに見守られる。

3月14日(木)                  イザヤ書45:8
天よ、露を滴らせよ。雲よ、正義を注げ。地が開いて、救いが実を結ぶように。恵みの御業が共に芽生えるように。

3月15日(金)              ヤコブの手紙1:19-20
わたしの愛する兄弟たち、聞くのに早く、話すのに遅く、また怒るのに遅いようにしなさい。人の怒りは神の義を実現しないからです。

3月16日(土)            ローマの信徒への手紙5:21
罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索