Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

2013年06月

わたしは憐れみと祈りの霊を注ぐ

JPG (2)

ルカ9:18
ゼカリヤ12:10

2013年6月23日
聖霊降臨後第5主日
奈良基督教会にて

 イエスはひとり祈っておられました。
 今日の福音書の冒頭です。
 
「イエスがひとり祈っておられたとき、‥‥」ルカ9:18

 けれどもそのとき、そばにだれもいなかったのではありません。こう書いてあります。

「イエスがひとりで祈っておられたとき、弟子たちは共にいた。」

 そのとき、弟子たちはイエスと共にいたのです。けれども、イエスはひとり祈っておられて、弟子たちは祈っていなかったのでしょうか。
 物理的にはイエスのそばにいる。イエスの弟子となって生活を共にし、日々イエスの教えを受けています。今、イエスは祈っておられる。ひとり祈っておられます。しかし弟子たちは別のことを考えています。

 そのようなことがわたしたちの間でも、あるかもしれません。ここでイエスは祈っておられる。わたしたちはイエスのそばにいる。しかしわたしたちは祈っていない。
 けれども、そのような反省をするのが今日の目的ではありません。祈っておられるイエスに近づきたいのです。

 弟子たちは、イエスと同じようには祈っていなくても、イエスが祈っておられるのを知っています。イエスが祈っておられるのを感じています。

 やがて弟子たちは、祈っておられるイエスのうちに沸き立っている何かがあるのを、知るようになります。何がイエスのうちに沸き立っているのでしょうか。それは、憐れみです。

 祈っておられるイエスから憐れみが溢れます。イエスの祈りと憐れみは、人を救います。弟子たちはそれを、何度も目の当たりにしてきました。

 そしてやがてイエスの憐れみと祈りが、弟子である自分たちのためにも注がれていることを知るようになります。

 イエスの願いは、ご自身の憐れみと祈りが、弟子たちのうちに浸透することです。
 イエスは弟子たちを愛しておられます。イエスは、困難を抱えている弟子たちのために祈っておられます。イエスの憐れみは弟子たちにも注がれています

 イエスの憐れみと祈りを受けた者たちは、やがて自らも憐れみと祈りの人となってほしい。

 今日の旧約聖書にこう言われていました。

 「わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。」ゼカリヤ12:10

 イエスは言われます。

 「わたしは弟子たちに、憐れみと祈りの霊を注ぐ。」
 「わたしは信仰の群れに、憐れみと祈りの霊を注ぐ。」
 「わたしはこの教会に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。」

 どうかそのように言われ、そのように約束された主が、それをわたしたちにしてくださいますように。

 わたしたちに憐れみと祈りの霊が注がれて、わたしたちがイエスの思いを抱き、イエスの業をなすことができますように。
 それがクリスチャンであり、それが教会です。

 ひとり祈っておられるイエスが、わたしたちの傍らにおられます。
 祈っておられるイエスをひとりにはしない。わたしたちも祈る者になるのです。

日ごとの聖句583 自由 2013/6/30〜7/6

JPG (2)

2013年6月30日(日)聖霊降臨後第6主日       ガラテヤ5:1
この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。

7月1日(月)洗礼者聖ヨハネ誕生日        ガラテヤ5:13
あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。

7月2日(火)                  イザヤ書61:1
主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして、打ち砕かれた心を包み、捕らわれ人には自由を告知させるために。

7月3日(水)                    詩編51:14
御(み)救いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください。

7月4日(木)                  ヨハネ8:31-32
「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」

7月5日(金)                  ヨハネ8:34、36
「罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。」

7月6日(土)                コリント二 3:16-17
主の方に向き直れば、心の覆いは取り去られます。主の霊のおられるところに自由があります。

日ごとの聖句582 祈りの霊 2013/6/23〜29

IMG_0600

2013年6月23日(日)聖霊降臨後第5主日     ゼカリヤ書12:10
わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。

6月24日(月)洗礼者聖ヨハネ誕生日    ヨハネの手紙一 4:13
神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。

6月25日(火)         コリントの信徒への手紙二 3:17
主の霊のおられるところに自由があります。

6月26日(水)           ガラテヤの信徒への手紙4:6
あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。

6月27日(木)           エフェソの信徒への手紙1:17
どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父(おんちち)が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにしてくださいますように。

6月28日(金)              テモテへの手紙二 1:7
神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。

6月29日(土)使徒聖ペテロ・使徒聖パウロ日   使徒言行録2:17
「わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。」

日ごとの聖句581 ガラテヤ書から 2013/6/16〜22

♪DSC03374

2013年6月16日(日)聖霊降臨後第4主日      ガラテヤ書1:3
わたしたちの父である神と、主イエス・キリストの恵みと平和が、あなたがたにあるように。

6月17日(月)                 ガラテヤ書1:4
キリストは、この悪の世からわたしたちを救い出そうとして、御自身をわたしたちの罪のために献げてくださったのです。

6月18日(火)                 ガラテヤ書2:16
わたしたちはただイエス・キリストへの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました。

6月19日(水)                 ガラテヤ書2:20
生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。

6月20日(木)                 ガラテヤ書2:20
わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。

6月21日(金)                 ガラテヤ書3:13
キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。

6月22日(土)                 ガラテヤ書3:26
あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。

日ごとの聖句580 慰め 2013/6/9〜15

IMG_0322

2013年6月9日(日)聖霊降臨後第3主日       イザヤ書40:1
慰めよ、わたしの民を慰めよと、あなたたちの神は言われる。

6月10日(月)                 使徒言行録3:20
主のもとから慰めの時が訪れ、主はあなたがたのために前もって決めておられた、メシアであるイエスを遣わしてくださるのです。

6月11日(火)使徒聖バルナバ日        使徒言行録4:36-37
使徒たちからバルナバ――「慰めの子」という意味――と呼ばれていたヨセフも、持っていた畑を売り、その代金を持って来て使徒たちの足もとに置いた。

6月12日(水)                 使徒言行録9:31
教会はユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方で平和を保ち、主を畏れ、聖霊の慰めを受け、基礎が固まって、信者の数が増えていった。

6月13日(木)                   詩編94:19
わたしの胸が思い煩いに占められたとき、あなたの慰めが、わたしの魂の楽しみとなりました。

6月14日(金)                 イザヤ書57:18
わたしは彼の道を見た。わたしは彼をいやし、休ませ、慰めをもって彼を回復させよう。

6月15日(土)                エレミヤ書31:13
そのとき、おとめは喜び祝って踊り、若者も老人も共に踊る。わたしは彼らの嘆きを喜びに変え、彼らを慰め、悲しみに代えて喜び祝わせる。

尹東柱 詩 対訳

序詩


尹東柱の詩の対訳です。

尹東柱の詩の対訳

主よ、この所に御目を注いでください

礼拝堂・赤

列王記上8:22‐43

2013年6月2日
聖霊降臨後第2主日
奈良基督教会にて

 わたしがこの教会に来て1年と2ヵ月になりますが、つくづくと感じることがあります。それはこの礼拝堂の見学者がとても多いということです。半月ほど前には、香港のテレビ局が取材に来ました。教会について、礼拝堂についてこちらが話したことを受けて、同行の女性のタレントさんが中国語で説明しているところを撮影していました。

 1週間ほど前に担当者の方からメールが届きました。

「先日はありがとうございました。美しい教会の建物や礼拝堂に出演者はじめスタッフ一同感動しておりました。香港の視聴者の皆様にも是非お伝えしたいと存じます。番組を編集し、年末から放送の予定です。DVDに写しましたら、またお送りさせていただきます。」

 見学者が多いということは大変意味のある、感謝なことなのですが、一歩立ち止まって、この教会の何に触れてほしいか、何を見てほしいかと考えてみると、ここでささげられ、積み重ねられてきた祈りの空気に触れてほしい。過去のすぐれた建築遺産としてではなく、過去から現在、そして未来に続く信仰の営みの場所としての美しさと深みを見てほしい、と思うのです。さらに言うならば、この礼拝堂が仰いでいる神さまに心を向けてほしいと願います。

 ところで今日の旧約聖書は、ソロモン王がエルサレム神殿を建ててそれを神に献げた礼拝の場面でした。

 歴史をさかのぼれば、イスラエルの王として有名なのはダビデです。けれども彼の時代に神殿を建てることを神はお許しにならず、その子ソロモンの時代にエルサレム神殿が建設されました。紀元前955年、イエスさまよりも1000年くらい前です。

 モーセが神から受けたとされる十戒。それを刻んだ石の板2枚が収められた契約の箱が、神殿の一番奥、至聖所に安置されました。おびただしい人々が集まっている中で、ソロモンは祭壇の前に立って祈りました。それが今日の旧約日課の冒頭です。

「ソロモンは、イスラエルの全会衆の前で、主の祭壇の前に立ち、両手を天に伸ばして、祈った。」列王記上8:22-23

 祈るソロモンの姿を見つめてみます。彼は主の祭壇の前に立っています。

 神の前に立つ。これが礼拝の姿です。あちこちに落ちつきなく目や身体を動かすのではなくて、まっすぐに主の前に立つ。わたしたちもそうありたいと願います。

 「両手を天に伸ばして」

 わたしたちは祈るとき、手をどうするでしょうか。両手を合わせる。あるいは両手を組み合わせて握るということが多いかもしれません。しかしソロモンは両手を天に伸ばしています。神さまに向かう心を、伸ばした両手が現しているのです。

 祈るときに手をどうするのが正しい、ということではありません。祈る気持が手の形になっていればよいのです。ただもしかしてわたしたちは、祈るとき手を握りしめて自分を固くしてしまっているのではないか。それもよい。切実に祈りたいとき、手に力が入るのは当然です。

 けれども一方で、両手を天に伸ばすという祈り方もしてみたい。自分の内側ではなく、外に、神さまに心と身体を向ける。そうして神を呼び求める。神に対して自分を開き、自分の祈りを神さまに受け取ってもらうのです。自分を固くするより、むしろ柔らかくできればと思います。

「イスラエルの神、主よ、上は天、下は地のどこにもあなたに並ぶ神はありません。心を尽くして御前を歩むあなたの僕たちに対して契約を守り、慈しみを注がれる神よ、神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天もあなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません。わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。」8:27-28

 どんなに立派な神殿を建てたとしても、神の偉大さに比べれば取るに足りない。ただ願うのは「僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください」ということです。

 神に祈るために用意し、神に献げたこの場所。ここからささげる叫びと祈りを神に聞き届けてほしいのです。

「そして、夜も昼もこの神殿に、この所に御目(おんめ)を注いでください。」8:29

 ここに集まり、ここから神を呼び求めて祈るのですから、ここに神さまの目を注いでほしいのです。夜も昼も。

 本気で祈っていないなら、このような祈りの言葉は起こりませんでした。ソロモンが、またここに集まった人々が、みな悩みを抱えている。自分の悩み、家族の悩み、地域の悩み、職場の悩み、教会の悩み、社会の悩み、国の悩み、世界の悩み……。

 どうしてよいかわからない、どうすることもできないこの現実を、神さまに見ていただきたい、神に聞いていただきたい、神に知ってほしいのです。

 「どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。」8:30

 ここは天に通じる場所です。わたしたちが、あるいはだれかが何か過ちを犯して、ずっと負い目や自責の念に苦しんで平安を得ないなら、「どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。」

 罪を赦されたところからこそ、新しい人生の出発が可能なのですから。

 今日の聖書日課からは省かれているのですが、ソロモンはこう祈っています。

「あなたの民イスラエルが、だれでも、心に痛みを覚え、この神殿に向かって手を伸ばして祈るなら、そのどの祈り、どの願いにも、あなたはお住まいである天にいまして耳を傾け、罪を赦し、こたえてください。あなたは人の心をご存じですから、どの人にもその人の歩んできたすべての道に従って報いてください。まことにあなただけがすべての人の心をご存じです。」8:38-39

 3000年前にエルサレムの神殿でソロモンが祈っているだけではありません。ここで、この奈良基督教会の礼拝堂の祭壇、十字架の前で、だれかが祈っています。

「あなたの民が、だれでも、心に痛みを覚え、この礼拝堂の十字架に向かって手を伸ばして祈るなら、そのどの祈り、どの願いにも、あなたはお住まいである天にいまして耳を傾け、罪を赦し、こたえてください。」

 イエス・キリストがここでわたしたちのために、祈っていてくださいます。

 イエスは両手を伸ばしてわたしたちを捕まえ、わたしたちを抱えられる。そしてわたしたちを抱えたまま向き直って神の前に立ち、わたしたちを携えつつ両手を神に伸ばして、わたしたちのために祈っていてくださいます。

 そしてもうひとつ、大切にしたい祈りがあります。

「更に、あなたの民イスラエルに属さない異国人が、御名(みな)を慕い、遠い国から来て、――それは彼らが大いなる御名と力強い御手と伸ばされた御腕のことを耳にするからです――この神殿に来て祈るなら、あなたはお住まいである天にいましてそれに耳を傾け、その異国人があなたに叫び求めることをすべてかなえてください。」8:41-43

 わたしたちの教会の信徒ではない人がここに来て祈るかもしれません。クリスチャンでない人が、それでも教会を信頼して、この礼拝堂に頼って来て祈るかもしれません。その人々の叫び求めもかなえてほしいと、わたしたちも祈りましょう。

 ソロモンの祈りに導かれて、わたしたちも祈ります。

 主よ、わたしたちは3000年前のソロモンの神殿奉献の祈りを思い、また83年前の奈良基督教会礼拝堂奉献を思いつつ祈ります。

 わたしたちの神、主よ、ただ僕らの祈りと願いを顧みて、今日僕らが御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。 そして、夜も昼もこの礼拝堂に、この所に、ここにいるわたしたちに御目を注いでください。
 どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。だれでも、心に痛みを覚え、この礼拝堂に向かって手を伸ばして祈るなら、そのどの祈り、どの願いにも、耳を傾け、罪を赦し、こたえてください。

 更に、わたしたちの教会に属さない人が、御名を慕い、この礼拝堂に来て祈るなら、あなたはそれに耳を傾け、その人があなたに叫び求めることをすべてかなえてください。主イエス・キリストによってお願いします。アーメン
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索