Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

2015年05月

天から音が──聖霊降臨

WP_000059

2013年5月19日・聖霊降臨日、高田基督教会での説教要旨です。

天から音が──聖霊降臨

奈良基督教会礼拝堂 説明 2015/05/27

IMG_3973

日本聖公会奈良基督教会礼拝堂 説明
2015/05/27版

日ごとの聖句683 霊 2015/5/31〜6/6

庭150519

2015年5月31日(日)三位一体主日・聖霊降臨後第1主日 ヨハネ3:5
イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」

6月1日(月)                    詩編31:6
まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。わたしを贖(あがな)ってください。

6月2日(火)                    詩編51:14
御救(みすく)いの喜びを再びわたしに味わわせ、自由の霊によって支えてください。

6月3日(水)                  イザヤ11:1-2
エッサイの株からひとつの芽が萌えいで、その根からひとつの若枝が育ち、その上に主の霊がとどまる。

6月4日(木)                  イザヤ11:2-3
知恵と識別の霊、思慮と勇気の霊、主を知り、畏れ敬う霊。彼は主を畏れ敬う霊に満たされる。

6月5日(金)                   詩編143:10
御旨を行うすべを教えてください。あなたはわたしの神。恵み深いあなたの霊によって、安らかな地に導いてください。

6月6日(土)                    詩編51:12
神よ、わたしの内に清い心を創造し、新しく確かな霊を授けてください。

日ごとの聖句682 息

アンネの薔薇150514

2015年5月24日(日)聖霊降臨日          ヨハネ20:21
イエスは言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」

5月25日(月)                  ヨハネ20:22
そう言ってから、イエスは彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」

5月26日(火)                   創世記2:7
主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

5月27日(水)                   詩編104:30
あなたは御自分の息を送って彼らを創造し、地の面(おもて)を新たにされる。

5月28日(木)                   詩編147:18
御言葉を遣わされれば、氷塊は溶け、息を吹きかけられれば、流れる水となる。

5月29日(金)              ヨハネの黙示録11:11
三日半たって、命の息が神から出て、この二人に入った。彼らが立ち上がると、これを見た人々は大いに恐れた。

5月30日(土)                  ヨブ記27:3-4
神の息吹がまだわたしの鼻にあり、わたしの息がまだ残っているかぎり、この唇は決して不正を語らない。

昇天のイエス

image3

「イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた。」
ルカによる福音書24:50-53


復活されたイエスは、40日の間しばしば弟子たちの前に現れて、ご自身が生きていることを示されました。
イエスは弟子たちを連れてオリーブ山に行き、手を上げて弟子たちを祝福されました。姿が見えなくなった後も、イエスの祝福の手は弟子たちの心の目に焼き付き、彼らを支え続けました。
この「手」は、ギリシア語原典を見ると複数形になっています。主イエスの「両手の祝福」は、わたしたちをも支え続けます。

奈良基督教会 重要文化財指定

奈良基督教会外観

奈良基督教会が国の重要文化財指定を受けることになりました。

日本聖公会奈良基督教会の重要文化財(国)指定について

わたしのコメント

「この礼拝堂が、神様のうるわしさと栄光を仰ぎ、世界の平和と人の救いを求める祈りの場所として、さらに深く用いられることを願っています」。

新聞、テレビで報道されました。

facebookでいくつか紹介しました。
https://www.facebook.com/izumi.ida

NHK

日ごとの聖句681 守ってください 2015/5/17〜23

IMG_2663

2015年5月17日(日)復活節第7主日(昇天後主日)   ヨハネ17:11
聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。

5月18日(月)                  ヨハネ17:15
わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。

5月19日(火)                    詩編16:1
神よ、守ってください、あなたを避けどころとするわたしを。

5月20日(水)                    詩編32:7
あなたはわたしの隠れが。苦難から守ってくださる方。救いの喜びをもって、わたしを囲んでくださる方。

5月21日(木)                    詩編41:3
主よ、その人を守って命を得させ、この地で幸せにしてください。貪欲な敵に引き渡さないでください。

5月22日(金)                   詩編127:1
主御自身が建ててくださるのでなければ、家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ、町を守る人が目覚めているのもむなしい。

5月23日(土)                テサロニケ二 3:3
しかし、主は真実な方です。必ずあなたがたを強め、悪い者から守ってくださいます。

トマス・クランマーの殉教

IMG_2944

2015年3月22日・大斎節第5主日
西大和聖ペテロ教会での説教です。

「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネ12:32
 
 今日のヨハネ福音書によれば、主イエスは弟子たちと共にされた最後の食卓で、このように言われました。
 その言葉のとおりに主イエスのもとに引き寄せられたひとりの人のことを、今日はお話しします。それは16世紀、今からおよそ500年前に、聖公会という教会の土台を築いたトマス・クランマーという大主教です。……

本文は
 ↓
自分のもとへ引き寄せよう──トマス・クランマーの殉教

奈良基督教会礼拝堂 概略

IMG_2938

日本聖公会奈良基督教会礼拝堂の概略説明です。
宮大工・大木吉太郎さん(当教会信徒)の設計・施工になるもので、1930年に献堂・聖別されました。

説明は今後改訂を重ねる予定です。

奈良基督教会礼拝堂概略

日ごとの聖句680 バルナバ――「慰めの子」 2015/5/10〜16

IMG_2923

2015年5月10日(日)復活節第6主日      使徒言行録4:36-37
バルナバ――「慰めの子」という意味――と呼ばれていたヨセフも、持っていた畑を売り、その代金を持って来た。

5月11日(月)                 使徒言行録9:27
バルナバは、サウロを連れて使徒たちのところへ案内し、サウロが主に出会い、イエスの名によって大胆に宣教した次第を説明した。

5月12日(火)                使徒言行録11:24
バルナバは立派な人物で、聖霊と信仰とに満ちていた。こうして、多くの人が主へと導かれた。

5月13日(水)                使徒言行録15:26
「このバルナバとパウロは、わたしたちの主イエス・キリストの名のために身を献げている人たちです。」

5月14日(木)昇天日               ルカ24:50-51
イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。

5月15日(金)                   イザヤ40:1
慰めよ、わたしの民を慰めよと、あなたたちの神は言われる。

5月16日(土)                 コリント二 1:4
神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます。

神はこのイエスを三日目に復活させ

IMG_2871

2015年4月5日 ・復活日、奈良基督教会での説教です。

「神はこのイエスを三日目に復活させ、人々の前に現してくださいました。」使徒言行録10:40

 先ほど朗読された使徒言行録第10章は、ローマの百人隊長コルネリウスの物語の一部で、ひとりの、神を求めるローマ人コルネリウスと主イエスの弟子ペテロとの出会いの箇所です。そこに復活の主が働かれました。その場面にわたしたちも今日、近づいてみたいと思います。

 コルネリウスは、カイサリアに駐屯するローマ軍の百人隊長でした。カイサリアは地中海の港町で、エルサレムからは北北西にあたります。「カイサリア」とはカイサルの町、つまりローマ皇帝の町、という意味です。ここには大きな神殿が建てられ、ローマ皇帝を神として礼拝する儀式が盛大に行われていたようです。
しかしコルネリウスはとてもそれにはなじむことができませんでした。いつのころからか彼は、ユダヤ人たちが礼拝する神こそが本当の神ではないかと思うようになりました。
……

全文は
 ↓
神はこのイエスを三日目に復活させ
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索