Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

2016年01月

民は聖書に耳を傾けた


IMG_0018
2016年1月24日、西大和聖ペテロ教会での説教です。


 今から2500年近く前、ここはエルサレム、水の門の前の広場です。まだうす暗いうちから、たくさんの人々が集まっていました。大人ばかりか少年、少女もいます。今日は大きな礼拝が捧げられるのです。今ようやく夜が明けようとするところです。

 当時のイスラエルまたエルサレムは、大きな困難の中にありました。ユダ王国が滅亡して、1万5000人くらいの人々がバビロンに強制的に連れて行かれたのが150年くらい前です。新しく起こったペルシアのおかげで多くの人々が帰国しました。非常な努力の末にエルサレムの神殿も再建できました。城壁の修復も完成しました。ところがしばらくすると、人々の気持ちは冷えてきました。目標を失ったからでしょうか。
 国土の大半は荒廃したままです。貴族や役人、富める人々が弱い立場の人々を犠牲にして力と富を蓄え、多くの貧しい人々は奴隷とされてしまいました。礼拝はただ形式的に守られているだけです。かつては信仰の情熱を持っていた人たちも、今は元気を失っています。

 こうした時、エズラという祭司がバビロンから帰国しました。エズラはこの現状を嘆き、何とかこれを打開したい、生きた信仰の共同体を再建したいと願いました。

 本文は
  ↓
民は聖書に耳を傾けた

日ごとの聖句718 あなたの口に 2016/1/31〜2/6

IMG_4044

2016年1月31日(日)顕現後第4主日         エレミヤ1:9
主は手を伸ばして、わたしの口に触れ、主はわたしに言われた。「見よ、わたしはあなたの口に、わたしの言葉を授ける。」

2月1日(月)                   ローマ10:8
「御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口、あなたの心にある。」これは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉なのです。

2月2日(火)被献日                詩編119:13
あなたの口から与えられた裁きを、わたしの唇がひとつひとつ物語りますように。

2月3日(水)                    箴言4:24
曲がった言葉をあなたの口から退け、ひねくれた言葉を唇から遠ざけよ。

2月4日(木)                    箴言31:8
あなたの口を開いて弁護せよ。ものを言えない人を、犠牲になっている人の訴えを。

2月5日(金)                   イザヤ51:16
わたしはあなたの口にわたしの言葉を入れ、わたしの手の陰であなたを覆う。

2月6日(土)                   イザヤ59:21
あなたの口においたわたしの言葉は、あなたの口からも、あなたの子孫の口からも、今も、そしてとこしえに離れることはない。

わたしが共にいる──ヤコブの見た階段

IMG_0919

創世記28:10-22

2016/01/22 親愛幼稚園

 遠い昔のお話です。あるところにエサウさんとヤコブさんという兄弟がいました。ふたりは双子でした。エサウさんがお兄さん、ヤコブさんが弟です。
 あるとき、ふたりは大げんかしました。お兄さんのエサウはものすごく怒りました。あまりにその怒り方がひどくて、エサウは弟のヤコブを殴り倒してしまいそうでした。
 心配したお母さんがヤコブに言いました。
「ヤコブや、エサウ兄さんの怒りがとけるまで、しばらく伯父さんの家に行っておいで」

  
おはなし全文

日ごとの聖句717 主を喜び祝う 2016/1/24〜30

写真20130421

2016年1月24日(日)顕現後第3主日       ネヘミヤ記8:10
「主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。」

1月25日(月)使徒聖パウロ回心日      使徒言行録9:18-19
すると、目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。そこで、身を起こして洗礼を受け、食事をして元気を取り戻した。

1月26日(火)                 ネヘミヤ記8:6
エズラが主をたたえると民は皆、両手を挙げて、「アーメン、アーメン」と唱和し、ひざまずき、顔を地に伏せて、主を礼拝した。

1月27日(水)                 ネヘミヤ記8:8
彼らは神の律法の書を翻訳し、意味を明らかにしながら読み上げたので、人々はその朗読を理解した。

1月28日(木)                 ネヘミヤ記8:9
「今日はあなたたちの神、主にささげられた聖なる日だ。嘆いたり、泣いたりしてはならない。」民は皆、律法の言葉を聞いて泣いていた。

1月29日(金)                 ネヘミヤ記8:10
「行って良い肉を食べ、甘い飲み物を飲みなさい。その備えのない者には、それを分け与えてやりなさい。」

1月30日(土)                 ネヘミヤ記8:12
民は皆、帰って、食べたり飲んだりし、備えのない者と分かち合い、大いに喜び祝った。教えられたことを理解したからである。

奈良基督教会の歴史と防災

IMG_3993


『奈良の文化財』2016 (奈良市消防局)に掲載されたものです。

奈良基督教会は、英国国教会を母体として世界に広がった聖公会(アングリカン・チャーチ。約8 5 0 0万人)に属する教会です。奈良では1 8 8 5年に伝道が開始され、最初の礼拝堂は2年後の1 8 8 7年、花芝町に建てられました。
1 9 0 9年、元は興福寺の境内であった現在地を取得。3年後の1 9 1 2年に現在の正門の傍らに礼拝堂を建てつつも、将来その丘の上に「大聖堂」を建設することを目指して準備を進めました。
……

本文は
  ↓
奈良基督教会の歴史と防災

日ごとの聖句716 生きた水 2016/1/17〜23

IMG_4003

2016年1月17日(日)顕現後第2主日          ヨハネ2:7
イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。

1月18日(月)                   ヨハネ2:9
世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていた。

1月19日(火)                   ヨハネ4:14
「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

1月20日(水)                   ヨハネ7:38
「わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」

1月21日(木)                   ヨハネ13:5
イエスはたらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。

1月22日(金)                  ヨハネ19:34
兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。

1月23日(土)               ヨハネの手紙一 5:6
この方は、水と血を通って来られた方、イエス・キリストです。水だけではなく、水と血とによって来られたのです。

ガラテヤの信徒への手紙

P1000498

自由を得るために──「ガラテヤの信徒への手紙」
京都聖三一教会、奈良基督教会での講話のあらましです。

イエスさまを抱いたアンナさん

IMG_0756

2016年1月9日、親愛幼稚園の礼拝でのおはなし。

 イエスさまが赤ちゃんのときのお話です。
 昔エルサレムにアンナさんというおばあさんがいました。
 アンナさんは若いときに結婚したのですが、やがてそのだんなさんが亡くなってしまい、それからはずっとひとりでくらしていました。
 悲しいこと、つらいことがいっぱいありました。アンナさんはいっしょうけんめいお祈りしました。神さまが助けてくださいました。神さまが守っていてくださいました。アンナさんは毎日、聖書を読んでお祈りしながら、困っている人たちを助けて暮らしていました。
……

おはなし全文はここ

黄金をささげたメルキオール

IMG_3667


2016年1月7日、親愛幼稚園の礼拝でのおはなし。

イエスさまがお生まれになったのは12月25日でした。
イエスさまを拝みにやって来たのは、羊飼いたち。そしてその後に遠い東の国から3人の博士がやってきました。その日がいつだったかと言うと、1月6日。きのうがその日だったのです。
何をイエスさまにプレゼントしたかというと、黄金、乳香、没薬ですね。その中で黄金をささげた人のお話をします。その名前はメルキオールという人です。
……

おはなし全文はここ

日ごとの聖句715 主イエスの洗礼 2016/1/10〜16

IMG_4004
写真は奈良基督教会。夕方の西日が高窓から差し込んでいます。


2016年1月10日(日)顕現後第1主日・主イエス洗礼の日 ルカ3:21
民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開けた。

1月11日(月)                    ルカ3:22
イエスも洗礼を受けて祈っておられると、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降(くだ)って来た。

1月12日(火)                  ヘブライ2:17
イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となられました。

1月13日(水)                  ヘブライ2:17
イエスは、民の罪を償(つぐな)うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。

1月14日(木)                  ヘブライ4:15
この大祭司イエスは、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。

1月15日(金)                  ヘブライ5:7
キリストは、肉において生きておられたとき、激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈られました。

1月16日(土)                  ガラテヤ3:27
洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているのです。
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索