Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

2017年09月

ヨナを愛される神

Sea of Galilee, Southward View

2017年9月24日
聖霊降臨後第16主日
奈良基督教会での説教です。

今日の旧約聖書は、ヨナ書という預言書の最後のところでした。ヨナ書は預言書には数えられているのですが、内容はまるで小説のようです。あらすじをたどってみることにします。

主なる神はヨナに命じて言われました。
「さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている。」ヨナ1:2

ニネベは古代アッシリア帝国の都です。今のイラク北部。チグリス川のほとりの大都市でした。そのニネベの悪は甚だしく、これ以上放置できないと思われた神は、ヨナをニネベに遣わして、神の審判が迫っていることを伝えさせようとされました。

ところがヨナは、ニネベとはまったく反対の西のかなた、スペインのタルシシュ行きの船に乗り込みました。神さまから逃げたのです。
……

全文 → ヨナを愛される神


日ごとの聖句805 イエスの名 2017/10/1〜7

P1010036

2017年10月1日(日)聖霊降臨後第17主日   フィリピ2:6
キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思われませんでした。

10月2日(月)               フィリピ2:7
キリストは、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。

10月3日(火)               フィリピ2:8
キリストは、人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

10月4日(水)               フィリピ2:9
このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。

10月5日(木)               ヨハネ20:31
これらのことが書かれたのは、あなたがたが、信じてイエスの名により命を受けるためである。

10月6日(金)              使徒言行録3:16
この人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。

10月7日(土)               コロサイ3:17
何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。

終わりの日を思って今を生きる ──シラ書から

IMG_1043

2017年9月17日
聖霊降臨後第15主日
奈良基督教会での説教です。

 本日の「シラ書」は旧約聖書続編に含まれるもので、紀元前200年頃、ベン・シラ(イエスス)という人が編集した信仰的教訓集とも言うべきものです。今日はそのシラ書の言葉のいくつかに触れてみることにしましょう。

 ところで聖書を読んでいて、ここは避けて通りたい、という箇所があります。わたしにとってのその一つが、実は今日の箇所なのです。しかし避けて通りたい箇所にこそ、大切な神さまからの呼びかけがあるのではないか。そう思って立ち止まって聞いてみることにします。
……

全文 → 終わりの日を思って今を生きる ──シラ書から

日ごとの聖句804 人を愛される神 2017/9/24〜30

IMG_0030

2017年9月24日(日)聖霊降臨後第16主日    ヨナ書4:6
主なる神は彼の苦痛を救うため、とうごまの木に命じて芽を出させられた。とうごまの木は伸びて高くなり、頭の上に陰をつくった。

9月25日(月)                ヨナ書4:2
ヨナは言った。「あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、災いをくだそうとしても思い直される方です。」

9月26日(火)              創世記3:20-21
アダムは女をエバ(命)と名付けた。主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。

9月27日(水)                ヨハネ13:1
イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。

9月28日(木)                詩編37:28
主は正義を愛される。主の慈しみに生きる人を見捨てることなく、とこしえに見守られる。

9月29日(金)聖ミカエルおよび諸天使の日  ダニエル書10:19
「恐れることはない。愛されている者よ。平和を取り戻し、しっかりしなさい。」こう言われて、わたしは力を取り戻した。

9月30日(土)              知恵の書11:26
命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、あなたはすべてをいとおしまれる。

ペテロと赦し

IMG_6188

2017年9月17日 聖霊降臨後第15主日

「そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。『主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。』イエスは言われた。『あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。』」(マタイ18:21-22)

 このとき、ペテロは同じ弟子仲間に対してひどく立腹していたのかもしれません。「赦しがたい」と感じつつ、なお「赦さなければ」という葛藤の中にあったのではないでしょうか。

 しばらく前にペテロはイエスさまに対する信仰告白をしました。
「あなたはメシア、生ける神の子です」(マタイ16:16)

 これに対してイエスは言われました。
「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。」(16:17-18)

 ご自分の教会をこのペテロの信仰を土台として建てると言われたイエスは、今だけではなく将来のペテロのつまずきと立ち直り、使命と困難を見通しておられました。
 この後、イエスが捕らえられたとき、ペテロはイエスを裏切って「そんな人は知らない」と言います。もう生きて行けないほどの負い目を負ったペテロを立ち直らせたのは、イエスの赦しの愛です。赦しを必要としたのはペテロ自身でした。

 主イエスの復活と聖霊降臨の後、ペテロが信仰共同体(教会)の責任を負うことになるとき、どれほど多くの人の不当な言動に直面して行かなくてはならないことでしょうか。憤りと失望によって、あるいは自身の過ちや無力によってペテロは自分を失い、務めに耐えられなくなってしまうかもしれません。

「わたしの羊を飼いなさい。」(ヨハネ21:17)

 耐えがたい困難を乗り越えてペテロを支え生かし続けるのは、主イエスの七の七十倍以上も彼を赦す愛、無限の赦しの愛と、彼への使命の委託、そしてペテロの悔いの涙なのです。

日ごとの聖句803 救いの光に 2017/9/17〜23

IMG_0001

2017年9月17日(日)聖霊降臨後第15主日    シラ書28:6
自分の最期に心を致し、敵意を捨てよ。滅びゆく定めと死とを思い、掟を守れ。

9月18日(月)               シラ書18:1-2
永遠に生きている方が、万物をことごとく造られた。ただ主おひとりが、正しい方である。

9月19日(火)               シラ書17:22
人の行う施しは、主にとって、印章のように貴重であり、人の親切を、主は、御自分の瞳のように大事にされる。

9月20日(水)               シラ書17:24
主は、悔い改める者には、立ち帰る道を開き、耐える力を失った者を励まされる。

9月21日(木)福音記者使徒聖マタイ日   マタイ28:19-20
あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。

9月22日(金)               シラ書17:26
いと高き方に立ち戻り、不正に背を向けよ。主御自身が、お前を闇から救いの光に、導いてくださるから。

9月23日(土)               シラ書18:20
裁きが来る前に、自らを省みよ。そうすれば、主が訪れる時、お前は贖いを得る。

日ごとの聖句802 立ち帰れ 2017/9/10〜16

IMG_3311

2017年9月10日(日)聖霊降臨後第14主日 エゼキエル33:11
わたしは生きている、と主なる神は言われる。わたしは悪人が死ぬのを喜ばない。

9月11日(月)             エゼキエル33:11
主は言われる。「わたしは悪人がその道から立ち帰って生きることを喜ぶ。立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から。」

9月12日(火)               ホセア12:6-7
主こそ万軍の神、その御名は主と唱えられる。
神のもとに立ち帰れ。愛と正義を保ち、常にあなたの神を待ち望め。

9月13日(水)                ヨエル2:13
あなたたちの神、主に立ち帰れ。主は恵みに満ち、憐れみ深く、忍耐強く、慈しみに富み、くだした災いを悔いられるからだ。

9月14日(木)                マラキ2:6
真理の教えが彼の口にあった。彼は平和と正しさのうちに、わたしと共に歩み、多くの人々を罪から立ち帰らせた。

9月15日(金)               ルカ1:15-16
彼は主の御前に偉大な人になり、イスラエルの多くの子らをその神である主のもとに立ち帰らせる。

9月16日(土)             使徒言行録11:21
主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。

第7回公開聖書講座「コリントの信徒への手紙一、二──土の器に宿るキリストの命」

7回公開聖書講座チラシ

奈良基督教会創立130周年記念
第7回公開聖書講座のご案内です。

2017年10月21日(土)13:30〜15:00
「コリントの信徒への手紙一、二──土の器に宿るキリストの命」

第7回公開聖書講座ご案内チラシ
最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索