2011年10月30日(日)午後2時から
京都聖三一教会礼拝堂にて

ライアーアンサンブル・プリモール


京都聖三一教会礼拝堂


平和への願いをこめて建てられた礼拝堂に
やわらかな響きが満ちるひとときを過ごしたいと思います。
どうぞ、お越しください。お待ちしています。 

(入場無料)

曲目

 聖歌
  (あおきまきばときよきみぎわ/ イエスきみは/ 輝く日を仰ぐとき)
 シンフォニア第3 番(J.S. バッハ)
 うたのつばさに(メンデルスゾーン)
 
 
 わらべうた(ほたるこい/ あんたがたどこさ)
 テゼ共同体のうたメドレー
 
 光の三部作(invitation/Sunrise/ Celebration)
 主はわたしの光(オリジナル)
 ドナ・ノービス・パーチェム

京都聖三一教会チャペルコンサート20111030final


ライアーは膝に乗せて奏でる小さな竪琴。
第一次世界大戦で荒廃したヨーロッパで、
自由と平和への思いを託して、
1926 年に生まれた新しい楽器です。
ライアーのあたたかな音色、透明の響きで
いろいろな曲を奏でると、
不思議なことに
曲の内側に息づいている、深く、真剣な祈りに出会い、
敬虔な気持ちに満たされます。
響きの中に光が宿りますように、
心から奏でたいと思います。
  ─ ライアーアンサンブル・プリモール(主宰: 小野純子)─                                 

案内チラシはここをクリック