IMG_6288

「むなしいもの、偽りの言葉を
   わたしから遠ざけてください。
 貧しくもせず、金持ちにもせず
 わたしのために定められたパンで
   わたしを養ってください。」 箴言30:8


箴言は旧約聖書に収められた格言集です。「箴」は竹製の針の意味で、「チクッと心を刺す」という意味合いでしょうか。

ここで祈っている人は、人の「偽りの言葉」で苦しめられているか、その危険にさらされている人です。謂われのない非難、あるいは偽証によって陥れられようとしているのかもしれません。神はそのようなことを無視されるはずはありません。

今日、さまざまなところで偽りや隠蔽が問題になっていますが、この言葉はそのような現実を照らし出すとともに、私たちに対して真実に生きるように促すものでもあります。