IMG_0318

IMG_0319


魏の曹操の詩「短歌行」

井波律子「曹操論」(『中国的レトリックの伝統』影書房、1987)によって詩人・曹操を知った。

この「短歌行」の中に、後の蘇軾(宋代の詩人・政治家)が「赤壁の賦」に引いた次の言葉があるのを発見。

月明星稀  月明らかに星稀に
烏鵲南飛  烏鵲(うじゃく=カラスとカササギ) 南に飛ぶ

井波氏によれば、曹操は当時の一般的な風潮や考え方に反して、天命とか神秘的なものを信じず、自分で道を切り開いて生きた人だという。

曹操はワルモノのイメージだが、不思議な魅力がある。