P1100295

2018年1月28日(日)顕現後第4主日     マルコ1:21
一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。

1月29日(月)               マルコ1:22
人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。

1月30日(火)              マルコ3:1-2
イエスはまた会堂にお入りになった。そこに片手の萎(な)えた人がいた。
人々はイエスを訴えようと思って、注目していた。

1月31日(水)               マルコ3:3
イエスは手の萎えた人に、「真ん中に立ちなさい」と言われた。

2月1日(木)                マルコ3:5
イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。

2月2日(金)被献日            ルカ2:28-29
シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおりこの僕を安らかに去らせてくださいます。」

2月3日(土)              ルカ2:30-32
「わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救い、異邦人を照らす啓示の光です。」