十字架

2018年10月21日(日)聖霊降臨後第22主日
                イザヤ42:3
彼は傷ついた葦を折ることなく、暗くなってゆく灯心を消すことなく、裁きを導き出して、確かなものとする。

10月22日(月)         イザヤ53:3
彼は軽蔑され、人々に見捨てられ、多くの痛みを負い、病を知っている。

10月23日(火)         イザヤ53:4
彼が担ったのはわたしたちの病、彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに、わたしたちは思っていた。彼は神に打たれたのだと。

10月24日(水)         イザヤ53:5
彼が刺し貫かれたのは、わたしたちの背きのためであり、彼が打ち砕かれたのは、わたしたちの咎(とが)のためであった。

10月25日(木)         イザヤ53:5
彼の受けた懲らしめによって、わたしたちに平和が与えられ、彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

10月26日(金)        ペトロ一 2:24
キリストは十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが、生きるようになるためです。

10月27日(土)        ペトロ一 2:24-25
そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。
あなたがたは今は、魂の牧者である方のところへ戻って来たのです。