IMG_1588

2018年11月4日(日)聖霊降臨後第24主日
 ヘブライ2:17
イエスは、神の御前において憐れみ深い忠実な大祭司となって、民の罪を償(つぐな)うために、兄弟たちと同じようにならねばならなかった。

11月5日(月)                  
 ヘブライ2:18
事実、イエス御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。

11月6日(火)
 ルカ22:32
「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」

11月7日(水)  
 ヨハネ17:11
「彼らは世に残りますが、わたしはみもとに参ります。聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。」

11月8日(木)
 ヨハネ17:15
「わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。」

11月9日(金)
 ローマ8:34
復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。

11月10日(土)
 ヘブライ7:24
しかし、イエスは永遠に生きているので、変わることのない祭司職を持っておられるのです。