IMG_1755

第12回 奈良基督教会修養会
「黙想と祈りへの招き ─ 降臨節を前に ─」

2018年11月18日(日)

黙想と祈りへの招き 当日プログラム


聖歌 325 み手の中で
開会の祈り
フランスシター奏楽

聖書 イザヤ書63:7-10
63:7 わたしは心に留める、主の慈しみと主の栄誉を
主がわたしたちに賜ったすべてのことを
主がイスラエルの家に賜(たまわ)った多くの恵み
憐れみと豊かな慈しみを。
8 主は言われた
彼らはわたしの民、偽りのない子らである、と。
そして主は彼らの救い主となられた。
9 彼らの苦難を常に御自分の苦難とし、
御前に仕える御使いによって彼らを救い、
愛と憐れみをもって彼らを贖い、
昔から常に、彼らを負い、彼らを担ってくださった。
10 しかし、彼らは背き、主の聖なる霊を苦しめた。
主はひるがえって敵となり、戦いを挑まれた。
(沈黙)

黙想機,錣燭靴録瓦卜韻瓩襦7節)

・わたしたちも心に留めましょう。主なる神さまから受けたもの、与えられた恵みを。
……