IMG_1773

2018年12月2日(日)降臨節第1主日
             ゼカリヤ14:5
わが神なる主は、聖なる御使いたちと共に、あなたのもとに来られる。

12月3日(月)        ゼカリヤ14:7
ただひとつの日が来る。その日は、主にのみ知られている。そのときは昼もなければ、夜もなく、夕べになっても光がある。

12月4日(火)        ゼカリヤ14:8
その日、エルサレムから命の水が湧き出で、半分は東の海へ、半分は西の海へ向かい、夏も冬も流れ続ける。

12月5日(水)       ゼカリヤ9:16
彼らの神なる主は、その日、彼らを救い、その民を羊のように養われる。彼らは王冠の宝石のように、主の土地の上で高貴な光を放つ。

12月6日(木)       ヨハネ1:4、9
言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。

12月7日(金)        ヨハネ8:12
イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

12月8日(土)        ヨハネ12:44-46
イエスは叫んで言われた。「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。」