P1000460

2019年1月20日・顕現後第2主日
奈良基督教会での説教

 イエスさまが公に活動を開始された初期のころのことです。ガリラヤのカナという町で結婚式がありました。カナはイエスさまの故郷ナザレから北へ6キロメートルくらいのところにある村で、カナとナザレとの間には頻繁な往来・交流があったでしょう。それでイエスの母マリアは、その婚礼に出席していました。

 当時の結婚式は村中のお祝いで、結婚の礼拝の後は何日もお祝いの宴が続いたそうです。大勢の人びとが集まっています。ここに

 「イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。」ヨハネ2:2

と記されています。結婚する二人も、その家族も、イエスを招いた。イエスにぜひとも来てほしかった。イエスが来てくださるのとそうでないのとでは全然違うのです。今回、結婚式をイエスが司式するわけではないにしても、イエスに臨席してほしい、二人を祝福してほしい。
……

全文→良いぶどう酒を用意していてくださるイエス