尹東柱

放送予定 : 2019年2月10日(日)朝5時〜6時 Eテレ
再放送  : 2019年2月16日(土)昼13時〜14時 Eテレ


 詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ 1917−1945)。朝鮮半島の北、北間島で生まれ、日本の植民地支配の下、自らの母語、朝鮮語で詩を書きました。日本の大学で学び、治安維持法違反容疑で逮捕、福岡の刑務所で獄死しました。27歳でした。韓国では今も「一番好きな詩人」にしばしば上げられる、誰もが一度はその作品に触れたことのある、国民的詩人です。

 尹東柱の詩を読み継ぐ人たちを、日本各地に訪ねます。奈良基督教会の牧師、井田泉さんは、尹東柱の詩の翻訳に取り組んできました。「尹東柱の詩を吹き抜ける風に惹かれる」と井田さんは言います。
井田1

 さらに、尹東柱ゆかりの東京、京都、福岡に詩人の足跡を辿ります。東京で尹東柱が住んだ場所を探すのは、楊原泰子さん。京都で尹東柱を死に追いやった治安維持法の研究を続けるのは、京都大学名誉教授、水野直樹さん。そして福岡には、尹東柱の詩を読むため25年にわたり、毎月欠かさず集まる人たちがいます。

 それぞれに尹東柱を読み継ぐ人びとの営みから、過酷な時代を誠実に生きた一人の若者の深い心のうちをお伝えします。
井田2

(NHK提供)