IMG_2812

ヘブライ12:18−19、22−29
2019年8月25日・ 聖霊降臨後第11主日
奈良基督教会での説教

 今日は使徒書のヘブライ人への手紙からお話ししたいのですが、その前に今日の特祷に触れておきたいと思います。先ほど聖書日課の前に「特定16」の祈りをささげました。先週お配りしたメモにも記しておきましたが、毎主日の特祷は、16世紀の英国の宗教改革の過程でカンタベリー大主教トマス・クランマーが、それまでのさまざまな祈りを参照しながら、当時の教会が、また人びとが必要としている祈りを、心血を注いで整えたものです。

 実を言うとわたしは日本聖公会の特祷の日本語は十分でないような気がしています。それは言葉があまりに整いすぎて、わたしたちの切実な現実の課題と深く結びつきにくい感じがするからです。けれども特祷はその程度のものであるはずがありません。特祷を整えたトマス・クランマーは、現実に殉教した、火に焼かれて死んだのです。
……

全文 → あなたの憐れみが