IMG_2851

2019年9月8日・聖霊降臨後第13主日
奈良基督教会での説教

全文→ 主イエス・キリストからの恵みと平和が

「1:1 キリスト・イエスの囚人パウロと兄弟テモテから、わたしたちの愛する協力者フィレモン、2 姉妹アフィア、わたしたちの戦友アルキポ、ならびにあなたの家にある教会へ。
3 わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。」

 今日朗読された使徒書は「フィレモンへの手紙」でした。これはパウロの書いた手紙の中でもっとも短いもので、その内容はとても個人的なものです。今、パウロは迫害を受けて獄中にありながら、フィレモンという人に宛てて手紙を書いています。パウロはどうしても自分の願いをフィレモンに聞き入れてほしいのです。その願いというのは、元々フィレモンの奴隷であったのが脱走したオネシモという人を送り返すから、愛と信仰をもってオネシモを受け入れてほしい、という内容です。
……