IMG_6250

2021年10月10日(日)聖霊降臨後第20主日
                   アモス5:4
まことに、主はイスラエルの家にこう言われる。
わたしを求めよ、そして生きよ。

10月11日(月)         アモス5:6
主を求めよ、そして生きよ。

10月12日(火)       アモス5:10,12
彼らは町の門で訴えを公平に扱う者を憎み、真実を語る者を嫌う。
町の門で貧しい者の訴えを退けている。

10月13日(水)        アモス5:13
それゆえ、知恵ある者はこの時代に沈黙する。まことに、これは悪い時代だ。

10月14日(木)        アモス5:14
善を求めよ、悪を求めるな、お前たちが生きることができるために。そうすれば万軍の神なる主は、お前たちと共にいてくださるだろう。

10月15日(金)       アモス5:15,24
悪を憎み、善を愛せよ、また、町の門で正義を貫け。正義を洪水のように、恵みの業を大河のように、尽きることなく流れさせよ。

10月16日(土)        エゼキエル18:32
「わたしはだれの死をも喜ばない。お前たちは立ち帰って、生きよ」と主なる神は言われる。

(新共同訳)

【ひとこと】
 アモスは紀元前8世紀の預言者です。アモス書から強く呼びかける声が聞こえます。神の声です。
 「わたしを求めよ、そして生きよ」(日)
 アモス自身も呼びかけます。
 「主を求めよ、そして生きよ」(月)
 この呼びかけはわたしたちを励まして、失望、諦め、無気力から解放します。

 さらにその声は、悪を退けて善を求め、貧しい者を擁護し正義を行うように呼びかけます。
 「町の門」(火、金)の内側には広場があり、そこで集会が開かれ、重要事項が審議され、また裁判が行われていました。
 昔も今も、公平や真実をねじ曲げることは(火)、神に背くことです。