Book_of_common_prayer_1549



祈祷書 1549



2022年3月27日(日)大斎節第4主日
               コリント二 5:17
誰でもキリストにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去り、まさに新しいものが生じたのです。

3月28日(月)        ローマ 6:11
あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きている者だと考えなさい。

3月29日(火)        ローマ 12:5
私たちも数は多いが、キリストにあって一つの体であり、一人一人が互いに部分なのです。

3月30日(水)      コリント一 15:22
アダムにあってすべての人が死ぬことになったように、キリストにあってすべての人が生かされることになるのです。

3月31日(木)        フィリピ 4:1
私が愛し、慕っているきょうだいたち、私の喜びであり、冠である愛する人たち、このように、主にあってしっかりと立ちなさい。

4月1日(金)        エフェソ 3:12
キリストにあって、私たちは、キリストの真実により、確信をもって、堂々と神に近づくことができます。

4月2日(土)        黙示録 14:13
私は、天からこう告げる声を聞いた。「書き記せ。『今から後、主にあって死ぬ人は幸いである。』」霊も言う。「然(しか)り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。」

(聖書協会共同訳)

【ひとこと】
聖書協会共同訳の「キリストにある」「キリストにあっては」、新共同訳では多くの場合「キリストに結ばれる」「キリストに結ばれて」と訳されていました。ギリシア語原文には「結ばれる」にあたる動詞はなく、「エン・クリストー」(in Christ)という言葉です。

「キリストにあって」──これはイエス・キリストとわたしたちの一体性、深い交わりと結びつきを表します。わたしたちがキリストの中におり、キリストがわたしたちの中におられるとは、何と慰めに満ちた、力強いことでしょうか。