IMG_6533

2022年4月10日(日)復活前主日
             ルカ 23:34
そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」

4月11日(月)復活前月曜日
             ルカ 23:43
するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。

4月12日(火)復活前火曜日
           ヨハネ 19:26-27
イエスは、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」

4月13日(水)復活前水曜日
            マルコ 15:34
イエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

4月14日(木)聖木曜日
             ヨハネ 19:28
イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。

4月15日(金)聖金曜日(受苦日)
             ヨハネ 19:30
イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。

4月16日(土)聖土曜日
               ルカ 23:46
イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。

(新共同訳)

【ひとこと】
今週は聖週なので、イエスの十字架上の七つの言葉を挙げました。伝統的な順番に従っています。
七つの言葉のうち、最初、真ん中、そして最後、の三つは、神に対する祈り、あるいは叫びです。

イエスは神からもっとも遠いところ(神から捨てられたと言うしかない場所)からなお神を求め、神を決して離されませんでした。そのようにして、言わば人間の側から神に向かって橋を架けてくださったのだと思います。
(その反対、神から人間に向けての架橋は、クリスマス=降誕の出来事です。)