DSC00791


2022年10月23日(日)聖霊降臨後第20主日
                ヨハネ 4:14
「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

10月24日(月)      ゼカリヤ 14:8
その日、エルサレムから命の水が湧き出で、半分は東の海へ、半分は西の海へ向かい、夏も冬も流れ続ける。

10月25日(火)   ヨハネの黙示録 7:17
玉座の中央におられる小羊が彼らの牧者となり、命の水の泉へ導き、神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれる。

10月26日(水)   ヨハネの黙示録 21:6
「わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。」

10月27日(木)   ヨハネの黙示録 22:1
天使はまた、神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川をわたしに見せた。

10月28日(金)使徒聖シモン・使徒聖ユダ日
            ヨハネの黙示録22:2
川の両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実をみのらせる。そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。

10月29日(土)  ヨハネの黙示録 22:17
渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。

(新共同訳)

(ひとこと)
もう10数年も前のことですが、ひどく口が渇くことがありました。車で走っていて発作的にそれがひどくなり、知らない民家に駆け込んで「水をください」と頼みたいほどでした(実際にはそれはしなかったのですが)。

十字架の上で「渇く」と叫ばれた方(ヨハネ19:28)は、わたしたちの渇きを知っておられ、わたしたちの魂に命の水を与えてくださいます。