St Peter Rembrandt (1632)



 聖ペテロ。レンブラント画。


2024年1月21日(日)顕現後第3主日   マルコによる福音書 1:16
イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。

1月22日(月)           マルコによる福音書 1:17-18
イエスは彼らに、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。

1月23日(火)           マルコによる福音書 1:36-37
シモンとその仲間はイエスの後を追い、見つけると、「みんなが捜しています」と言った。

1月24日(水)            マルコによる福音書 8:29
イエスがお尋ねになった。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」ペトロが答えた。「あなたは、メシアです。」

1月25日(木)使徒聖パウロ回心日   マルコによる福音書 14:37
イエスは戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた。「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。」

1月26日(金)          マルコによる福音書 14:71-72
ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、「あなたがたの言っているそんな人は知らない」と誓い始めた。するとすぐ、鶏が再び鳴いた。

1月27日(土)            マルコによる福音書 16:7
若者は言った。「弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方はあなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお目にかかれる』と。」

(新共同訳)

(ひとこと)
マルコ福音書からペテロに関する言葉を選んでみました。

イエスに呼ばれて従ったペテロ。彼はイエスを心から慕っていました。朝早くまだ暗いうち、イエスの姿がないのに気づいた彼は、心配して捜し回り、ようやく見つけたのでした(マルコ1:36-37)。

イエスに従いきれず「そんな人は知らない」と言って裏切ってしまったペテロ。復活のイエスは彼を深く心にとめておられて、再会を約束されます。

わたしたちを呼ばれたイエスは、わたしたちを決して見捨てず、最後まで責任を持ってくださいます。