St. Anna



 聖アンナ レンブラント画


2024年1月28日(日)顕現後第4主日    ルカによる福音書 2:22
モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。

1月29日(月)             ルカによる福音書 2:23
それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。

1月30日(火)             ルカによる福音書 2:36
アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。

1月31日(水)            ルカによる福音書 2:36-37
非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、夫に死に別れ、八十四歳になっていた。

2月1日(木)              ルカによる福音書 2:37
彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていた。

2月2日(金)被献日           ルカによる福音書 2:38
そのとき、彼女は近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。

2月3日(土)              ルカによる福音書 2:39
親子は主の律法で定められたことをみな終えたので、自分たちの町であるガリラヤのナザレに帰った。

(新共同訳)

(ひとこと)
非常な苦労を重ねたアンナはいちずに神に頼り、神を信じて生きてきました。いつの頃からか彼女は神の声を聞くようになり、神の言葉を人に伝えるようになりました。人々は彼女を「預言者」と呼びました。

ある日、84歳のアンナはエルサレムの神殿で幼子イエスに出会いました。彼女は喜びに溢れて神を賛美し、人々に幼子のことを話しました。

いくつになっても、どういう境遇になったとしても、イエスと新しく出会って神を賛美する者でありたいと願います。