Comfort Ye 井田 泉

Comfort Ye(慰めよ、あなたがたが) 旧約聖書・イザヤ書第40章1節

日ごとの聖句

日ごとの聖句843 恐れるな 2018/6/24〜29

P1010041

2018年6月24日(日)聖霊降臨後第5主日
                 マルコ4:39
イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪(なぎ)になった。

6月25日(月)洗礼者聖ヨハネ誕生日
                マルコ4:40-41
イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちは「いったい、この方はどなたなのだろう」と互いに言った。

6月26日(火)             ルカ12:7
「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」

6月27日(水)            創世記15:1
主の言葉が幻の中でアブラムに臨んだ。「恐れるな、アブラムよ。わたしはあなたの盾である。」

6月28日(木)            イザヤ43:1
あなたを造られた主は、今、こう言われる。恐れるな、わたしはあなたを贖(あがな)う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。

6月29日(金)使徒聖ペテロ・使徒聖パウロ日
             使徒言行録18:9-10
ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。」

6月30日(土)           エレミヤ1:8
「彼らを恐れるな。わたしがあなたと共にいて、必ず救い出す」と主は言われた。

日ごとの聖句842 神の国 2018/6/18〜23

IMG_0631

2018年6月17日(日)聖霊降臨後第4主日 
                マルコ4:26-27
神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長する。

6月18日(月)            マルコ4:28
土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。

6月19日(火)            マタイ6:33
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。

6月20日(水)            マルコ1:15
イエスは「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。

6月21日(木)           マルコ10:14
イエスは言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」

6月22日(金)           ローマ14:17
神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。

6月23日(土)            ルカ9:11
群衆はイエスの後を追った。イエスはこの人々を迎え、神の国について語り、治療の必要な人々をいやしておられた。

日ごとの聖句841 恵みの雨 2018/6/10〜16

IMG_1103

2018年6月10日(日)聖霊降臨後第3主日
                ヤコブの手紙5:7
兄弟たち、主が来られるときまで忍耐しなさい。農夫は、秋の雨と春の雨が降るまで忍耐しながら、大地の尊い実りを待つのです。

6月11日(月)使徒聖バルナバ日   ホセア書10:12
恵みの業をもたらす種を蒔け、愛の実りを刈り入れよ。主を求める時が来た。ついに主が訪れて、恵みの雨を注いでくださるように。

6月12日(火)         若者の賛歌1:41-42
すべての雨と露よ、主を賛美し、代々(よよ)にたたえ、あがめよ。
もろもろの風よ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ。

6月13日(水)           イザヤ書30:23
主は、あなたが地に蒔く種に雨を与えられる。地の産み出す穀物は豊かに実る。その日には、あなたの家畜は広い牧場で草をはむ。

6月14日(木)           イザヤ書55:10
雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、食べる人には糧を与える。

6月15日(金)         エゼキエル書34:26
わたしは、彼らとわたしの丘の周囲に祝福を与え、季節に従って雨を降らせる。それは祝福の雨となる。

6月16日(土)            申命記32:2
わたしの教えは雨のように降り注ぎ、わたしの言葉は露のように滴(したた)る。若草の上に降る小雨のように。

日ごとの聖句840 イエスの命

IMG_1102

2018年6月3日(日)聖霊降臨後第2主日 コリント二 4:7
わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであることが明らかになるために。

6月4日(月)           コリント二 4:8-9
わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、打ち倒されても滅ぼされない。

6月5日(火)            コリント二 4:10
わたしたちは、いつもイエスの死を体にまとっています、イエスの命がこの体に現れるために。

6月6日(水)          サムエル記下22:47
主は命の神。わたしの岩をたたえよ。わたしの救いの岩なる神をあがめよ。

6月7日(木)             詩編42:9
昼、主は命じて慈しみをわたしに送り、夜、主の歌がわたしと共にある。わたしの命の神への祈りが。

6月8日(金)            コリント二 4:14
主イエスを復活させた神が、イエスと共にわたしたちをも復活させ、一緒に御前(みまえ)に立たせてくださると、わたしたちは知っています。

6月9日(土)            コリント二 4:16
たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。

日ごとの聖句839 神の息吹 2018/5/27〜6/2

IMG_1074

2018年5月27日(日)三位一体主日・聖霊降臨後第1主日
                  ヨハネ3:8
風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も同じである。

5月28日(月)            創世記2:7
主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

5月29日(火)            詩編104:29-30
あなたは御自分の息を送って彼らを創造し、地の面(おもて)を新たにされる。

5月30日(水)           ヨハネ20:21-22
「あなたがたに平和があるように。」イエスはそう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」

5月31日(木)          使徒言行録2:1-2
五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、家中に響いた。

6月1日(金)           エゼキエル37:5
これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。

6月2日(土)         ヨハネの黙示録11:11
三日半たって、命の息が神から出て、この二人に入った。彼らが立ち上がると、これを見た人々は大いに恐れた。

日ごとの聖句838 聖霊降臨 2018/05/21〜26

IMG_0997

2018年5月20日(日)聖霊降臨日 使徒言行録2:1-2
五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、家中に響いた。

5月21日(月)         使徒言行録2:3
そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。

5月22日(火)         使徒言行録2:4
すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

5月23日(水)         使徒言行録2:7-8
「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。」

5月24日(木)         使徒言行録2:15-16
ペテロは言った。「この人たちは酒に酔っているのではありません。これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです。」

5月25日(金)         使徒言行録2:17
「終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。」

5月26日(土)          使徒言行録2:28
「あなたは、命に至る道をわたしに示し、御前(みまえ)にいるわたしを喜びで満たしてくださる。」

日ごとの聖句837 主の昇天と約束 2018/5/13〜19

IMG_0949

2018年5月13日(日)復活節第7主日(昇天後主日)  
                  ルカ24:49
「わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」

5月14日(月)             ルカ24:50
イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて彼らを祝福された。

5月15日(火)           ルカ24:51-52
イエスは祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、神をほめたたえていた。

5月16日(水)         使徒言行録1:11
「あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」

5月17日(木)           ヨハネ14:26
父がお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。

5月18日(金)           ヨハネ16:13
その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。

5月19日(土)           ヨハネ16:22
わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。

日ごとの聖句836 バルナバ 2018/5/6〜12

IMG_0954

2018年5月6日(日)復活節第6主日
              使徒言行録4:36-37
使徒たちからバルナバ――「慰めの子」という意味――と呼ばれていたヨセフも、持っていた畑を売り、その代金を持って来た。

5月7日(月)         使徒言行録9:27
バルナバは、サウロを連れて使徒たちのところへ案内し、サウロが主に出会い、イエスの名によって大胆に宣教した次第を説明した。

5月8日(火)        使徒言行録11:20-21
彼らはアンティオキアで主イエスの福音を告げ知らせた。主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。

5月9日(水)          使徒言行録11:22
このうわさがエルサレムにある教会にも聞こえてきたので、教会はバルナバをアンティオキアへ行くように派遣した。

5月10日(木)昇天日        ルカ24:50-51
イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。

5月11日(金)        使徒言行録11:24
バルナバは立派な人物で、聖霊と信仰とに満ちていた。こうして、多くの人が主へと導かれた。

5月12日(土)       使徒言行録11:25-26
バルナバはサウロを捜しにタルソスへ行き、見つけ出してアンティオキアに連れ帰った。二人は、教会に一緒にいて多くの人を教えた。

日ごとの聖句835 あなたがたも生きる

IMG_0918

2018年4月29日(日)復活節第5主日  ヨハネ14:19
世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。

4月30日(月)            ヨハネ14:20
かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。

5月1日(火)使徒聖ピリポ・使徒聖ヤコブ日
                 ヨハネ14:21
わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現す。

5月2日(水)              創世記2:7
主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

5月3日(木)             アモス5:14
善を求めよ、悪を求めるな。お前たちが生きることができるために。そうすれば、主は、お前たちと共にいてくださるだろう。

5月4日(金)            ヨハネ一 4:9
神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。

5月5日(土)          使徒言行録2:26
わたしの心は楽しみ、舌は喜びたたえる。体も希望のうちに生きるであろう。

日ごとの聖句834 羊飼い 2018/4/22〜28

GalileePasture

2018年4月22日(日)復活節第4主日  ヨハネ10:14
わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。

4月23日(月)           ヨハネ10:16
この囲いに入っていないほかの羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。

4月24日(火)             詩編23:1
【賛歌。ダビデの詩。】主はわたしの羊飼い、わたしには何も欠けることがない。

4月25日(水)福音記者聖マルコ日   詩編23:2-3
主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる。

4月26日(木)            詩編23:3-4
主は御名にふさわしく、わたしを正しい道に導かれる。死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない。

4月27日(金)             詩編23:4
あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭(むち)、あなたの杖、それがわたしを力づける。

4月28日(土)          創世記48:15-16
わたしの生涯を今日まで導かれた牧者なる神よ。どうか、この子どもたちの上に、祝福をお与えください。

日ごとの聖句833 イエス御自身が

IMG_0852

2018年4月15日(日)復活節第3主日   ルカ24:15
話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。

4月16日(月)             ルカ24:30
一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。

4月17日(火)             ルカ24:31
すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。

4月18日(水)             ルカ24:36
こういうことを話していると、イエス御自身が彼らの真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。

4月19日(木)             ルカ24:39
「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、わたしにはそれがある。」

4月20日(金)            ルカ24:42-43
そこで、彼らが焼いた魚を一切れ差し出すと、イエスはそれを取って、彼らの前で食べられた。

4月21日(土)           エフェソ2:19-20
あなたがたは神の家族であり、使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身です。

日ごとの聖句832 主の傷 2018/4/9〜14

IMG_0835

2018年4月8日(日)復活節第2主日      ヨハネ20:27
「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。」

4月9日(月)聖マリヤへのみ告げの日      ルカ1:28
天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」

4月10日(火)              ペトロ一 2:24
キリストは十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。

4月11日(水)             ペトロ一 2:24-25
そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。あなたがたは、今は、魂の牧者である方のところへ戻って来たのです。

4月12日(木)                イザヤ53:5
彼の受けた懲らしめによって、わたしたちに平和が与えられ、彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

4月13日(金)復活後金曜日         イザヤ53:11
彼は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために、彼らの罪を自ら負った。

4月14日(土)復活後土曜日         イザヤ53:12
多くの人の過ちを担い、背いた者のために執り成しをしたのは、この人であった。

日ごとの聖句831 神の内に隠されている命 2018/4/1〜7

IMG_0783

2018年4月1日(日)復活日          コロサイ3:1
さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。

4月2日(月)復活後月曜日          コロサイ3:2
上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。

4月3日(火)復活後火曜日          コロサイ3:3
あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内に隠されているのです。

4月4日(水)復活後水曜日          コロサイ3:4
あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。

4月5日(木)復活後木曜日         コロサイ3:12
あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

4月6日(金)復活後金曜日         コロサイ3:13
互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように。

4月7日(土)復活後土曜日         コロサイ3:14
これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。

日ごとの聖句830 この人は神の子

IMG_1078

2018年3月25日(日)復活前主日        マルコ11:9
そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。」

3月26日(月)復活前月曜日         マルコ11:17
「『わたしの家は、すべての国の人の祈りの家と呼ばれるべきである。』ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にしてしまった。」

3月27日(火)復活前火曜日          マルコ15:1
夜が明けるとすぐ、祭司長たちは、長老や律法学者たちと共に相談した後、イエスを縛って引いて行き、ピラトに渡した。

3月28日(水)復活前水曜日        マルコ15:17-18
兵士たちはイエスに紫の服を着せ、茨の冠を編んでかぶらせ、「ユダヤ人の王、万歳」と言って敬礼し始めた。

3月29日(木)聖木曜日           マルコ15:34
三時にイエスは大声で叫ばれた。「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか。」

3月30日(金)聖金曜日(受苦日)      マルコ15:39
百人隊長はイエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。

3月31日(土)聖土曜日           マルコ15:43
アリマタヤ出身で身分の高い議員ヨセフが来て、勇気を出してピラトのところへ行き、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出た。

日ごとの聖句829 引き寄せよう 2018/3/18〜24

IMG_2421

2018年3月18日(日)大斎節第5主日      ヨハネ12:27
「今、わたしは心騒ぐ。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかしわたしはまさにこの時のために来たのだ。」

3月19日(月)聖ヨセフ日          ヨハネ12:28
「父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」

3月20日(火)               ヨハネ12:31
イエスは言われた。「今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。」

3月21日(水)               ヨハネ12:32
「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」

3月22日(木)                詩編27:10
父母はわたしを見捨てようとも、主は必ず、わたしを引き寄せてくださいます。

3月23日(金)                イザヤ54:7
わずかの間、わたしはあなたを捨てたが、深い憐れみをもってわたしはあなたを引き寄せる。

3月24日(土)               ヨハネ12:35
イエスは言われた。「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。」

日ごとの聖句828 命のパン 2018/3/11〜15

IMG_0737

2018年3月11日(日)大斎節第4主日       ヨハネ6:5
イエスは、大勢の群衆が御自分の方へ来るのを見て、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と言われた。

3月12日(月)                ヨハネ6:9
「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」

3月13日(火)                ヨハネ6:10
イエスは、「人々を座らせなさい」と言われた。そこには草がたくさん生えていた。その数はおよそ五千人であった。

3月14日(水)                ヨハネ6:11
イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。魚も同じようにして、欲しいだけ分け与えられた。

3月15日(木)                ヨハネ6:35
「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。」

3月16日(金)              ヨハネ6:47-48
はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている。わたしは命のパンである。

3月17日(土)                ヨハネ6:51
わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。

日ごとの聖句827 主の家 2018/3/4〜10

IMG_0733


2018年3月4日(日)大斎節第3主日       ヨハネ2:17
弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。

3月5日(月)                マルコ11:17
「『わたしの家は、すべての国の人の祈りの家と呼ばれるべきである。』ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にしてしまった。」

3月6日(火)                 詩編122:1
【都に上る歌。ダビデの詩。】主の家に行こう、と人々が言ったとき、わたしはうれしかった。

3月7日(水)                 詩編23:6
命のある限り、恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り、生涯、そこにとどまるであろう。

3月8日(木)                イザヤ56:7
わたしは彼らを聖なるわたしの山に導き、わたしの祈りの家の喜びの祝いに連なることを許す。

3月9日(金)                  ミカ4:2
多くの国々が来て言う。「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。主はわたしたちに道を示される。」

3月10日(土)              創世記28:17
ヤゴフは恐れおののいて言った。「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」

日ごとの聖句826 執り成し 2018/2/25〜3/3

Almond_blossom2

2018年2月25日(日)大斎節第2主日     ヘブライ7:25
この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことができます。

2月26日(月)                ローマ8:26
わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるのです。

2月27日(火)                ローマ8:34
死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、わたしたちのために執り成してくださるのです。

2月28日(水)            出エジプト記32:32
「彼らの罪をお赦しくださるのであれば……。もし、それがかなわなければ、このわたしをあなたの書から消し去ってください。」

3月1日(木)                ヨブ記42:8
わたしの僕ヨブはお前たちのために祈ってくれるであろう。わたしはそれを受け入れる。

3月2日(金)             テサロニケ二 3:1
兄弟たち、わたしたちのために祈ってください。主の言葉が、速やかに宣べ伝えられ、あがめられるように、

3月3日(土)                 イザヤ53:12
多くの人の過ちを担い、背いた者のために執り成しをしたのは、この人であった。

日ごとの聖句825 荒れ野 2018/2/18〜24

P1110248

2018年2月18日(日)大斎節第1主日     マルコ1:12-13
それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。

2月19日(月)                詩編78:15
神は荒れ野では岩を開き、深淵のように豊かな水を飲ませてくださった。

2月20日(火)                詩編78:52
神は御自分の民を羊のように導き出し、荒れ野で家畜の群れのように導かれた。

2月21日(水)                詩編136:16
イスラエルの民に荒れ野を行かせた方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。

2月22日(木)               イザヤ32:15
ついに、我々の上に、霊が高い天から注がれる。荒れ野は園となり、園は森と見なされる。

2月23日(金)              イザヤ32:16-17
そのとき、荒れ野に公平が宿り、園に正義が住まう。正義が造り出すものは平和であり、とこしえに安らかな信頼である。

2月24日(土)使徒聖マッテヤ日        創世記16:7
主の御使いが荒れ野の泉のほとり、シュル街道に沿う泉のほとりでハガルと出会われた。

日ごとの聖句824 静かにささやく声 2018/2/11〜17

P1110353

2018年2月11日(日)大斎節前主日      列王記上19:9
エリヤはそこにあった洞穴に入り、夜を過ごした。見よ、そのとき、主の言葉があった。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」

2月12日(月)              列王記上19:10
エリヤは答えた。「わたしは万軍の神、主に情熱を傾けて仕えてきました。彼らはこのわたしの命をも奪おうとねらっています。」

2月13日(火)               列王記上9:11
主は、「そこを出て、山の中で主の前に立ちなさい」と言われた。見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた。

2月14日(水)大斎始日 (灰の水曜日)    列王記上19:12
地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。

2月15日(木)              列王記上19:13
それを聞くと、エリヤは外套で顔を覆い、出て来て、洞穴の入り口に立った。声は告げた。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」

2月16日(金)              列王記上19:15
主は言われた。「行け、あなたの来た道を引き返し、ダマスコの荒れ野に向かえ。エリシャに油を注ぎ、あなたに代わる預言者とせよ。」

2月17日(土)              列王記上19:18
「わたしはイスラエルに七千人を残す。これは皆、バアルにひざまずかず、これに口づけしなかった者である。」

最近の記事
Archives
最近の関心

 『日韓キリスト教関係史資料』第3巻の編集
 リコーダーの世界
 音と響き
井田 泉
奈良基督教会牧師
親愛幼稚園園長
富坂キリスト教センター・日韓キリスト教関係史研究会主事
聖公会平和ネットワーク共同代表

Mail
izaya*da2.so-net.ne.jp
(*を@に変更してください)

カウンター
最新刊
『これが道だ、これに歩め
──イザヤ書による説教』
かんよう出版
213頁 1500円+税

ここをクリックして
  ←左本文をご覧ください
ブログ内検索

WWW を検索 http://blog.livedoor.jp/izaya/ を検索