一番くじ 仮面ライダーシリーズ〜平成ライダーオールスター編〜よりラストワン賞の仮面ライダーウィザード フレイムスタイル ダークライティングカラーver.の紹介です。



■発売日:2013年5月下旬発売
■価格:1回600円(税込)
※ご存知の通り、最後のくじを引いた方がもらえるというラストワン賞です。
少し前の一番くじになりますが、先日リサイクルショップへ出かけた際に見つけて一目惚れして迷わず購入。

















まずは正面から8方向。
実にウィザードらしいスマートなポーズです。
ラストワン賞という特別な賞ですが、A賞のフィギュアのカラーバージョン違いです。
ダークライティングカラーということで、薄暗い明かりの中で立っている感じでしょうか、全体的に渋く暗い塗装になってます。



瞳や胸部アーマーの一部はクリアパーツを使用しているので大変綺麗な仕上がりになってます。


こうしてみると、複眼や胸部アーマーの赤い塗装が蛍光色っぽく見えるので、明かりを暗くするとぼんやりと光るのかと思って少し期待していたのですが、特に光ることはありませんでした。




シルバーの部分はガンメタっぽい塗装で塗られており重厚感もあります。
ウィザードライバーの細かい部分まで丁寧に作りこまれています。


変身リングの再現も素晴らしいです。


右手はドライバーオンのリング(わぁピンぼけ)


風になびいてめくれているローブがこのフィギュアに動きを与えてくれます。





細かいシワなどもいい感じです。


リングホルダーもかなり細かい作りに。


肩アーマーのレリーフもいい具合に彫られています。


このフィギュア最大の魅力はなんと頭部が可動するんです。
てっきり非可動フィギュアなのかとおもいきや、運ぶときに頭を持ったら動いたので驚いてしまいました。 

 
特に緩くもなく、硬くもない調度良い可動性。



頭部が動かせるだけでかなり飾り方の幅が広がり楽しめるフィギュアになってます。



専用台座にプリントされた紋章や文字も暗めの塗装でした。



では以下適当に。






































近頃のプライズや一番くじのフィギュアというのは本当に良く出来ていますね。
よーく目を凝らしてみれば粗さなども見当たるのですが、パッと見では普通に売られているフィギュアだと勘違いしてしまいます。
特別な塗料を使っているのかと思ってみたらそうではなかった件については残念でしたが、そんなことも忘れさせてくれるくらいとても良いフィギュアでした。
もし見つけたら今度は通常カラーのウィザードも購入して比べてみたいと思います。

以上、 ウィザード フレイム ダークライティングカラーver.でした。