izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

改めまして、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年は5年ぶりに来月より東京勤務に戻りますので、これまでは行くことができなかった場所も積極的に出かけたいです。

至近の予定としては、今月発売予定のきゃべつそふと『星恋ティンクル』で銚子市を予定しています。(舞台については『えつぷらすvol.12』インタビュー参照)
その他、春以降に『ヤマノススメ』に登場する山にも登りたいと思っています。

今のところは上記のみですが、できるだけイベント等にも参加して情報収集にも努めたいと思いますので、よろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
本年がより良いものとなるよう、お祈り申し上げます。

Lass 『Liber_7 永劫の終わりを待つ君へ』です。
背景は旧作の『11eyes』と同じ箇所もありますが、解像度が異なり、新規に書き起こしたのかもしれません。

横浜ランドマークタワー(横浜市 MM21地区)
landmark20140209-IMGP1059
流石に真下からの写真はありませんでした。近未来モノではよく爆破されたり水没したりと大変なビルです。
中には商業施設も有るのですが、実は入ったことがありません......中華街側からだと遠いんですよね。
やや古いですが、クロシェット『カミカゼエクスプローラー!』にも出てきます。

山下公園(横浜市)?
山下公園
20140209-IMGP1122
同じ画角の写真が無い...orz
まあ、イメージでしょうか? ベンチからすると横須賀のヴェルニー公園が近いかも。
背景の斜張橋は横浜港の高速道路、あるいは聖蹟桜ヶ丘近くの府中四谷橋(『12の月のイヴ』で既出)の合成と思われます。

港の見える丘公園(横浜市)
港の見える丘公園
20160409-P1030870
こちらも定番。ただしベンチはありません。朝のほうが人が少なくおすすめです。
近作では戯画『キミの瞳にヒットミー』でも登場します。

聖蹟桜ヶ丘(多摩市)
桜ヶ丘
20150509-P1020936
こちらも定番。聖蹟桜ヶ丘「例の階段」です。背景はMM21の合成。


Lassのゲームをプレイしたのは『FESTA!! -HYPER GIRLS POP-』以来約10年ぶりです。10年前でも既に発売から数年経っていましたが...

*作中の画像の著作権はLass様に帰属します。

三つ峠(案内板では「三っ峠」、駅名は「三つ峠」)(コミック2巻11合目~13合目) 山梨県
20160703-P1040215

今回の三つ峠は、あおいに富士山を見せるためひなた、ここな、楓の3人が選んだ山です。
三つ峠最高点は海抜1785mで晴れていれば美しい河口湖と富士山を見ることが出来ます。

今回は登りを三つ峠駅から登るルート、下りはカチカチ山ロープウエイまで下るルートで、ロープウエイHPでスタンダードコースとして紹介されています。(ロープウエイは使用せず徒歩下山しました)
作中では上り下りとも三つ峠駅からのルートを選択しています。コミックス解説でもありますが、このルートは主要ルートの中では最も高低差が大きくかつ距離も長いので、下りに選択されることが多いようです。(標高差は1000m以上あります)
しかしその分見どころも多く、変化に富んだルートで疲れを感じること無く登ることが出来ました。
20160703-P1040142
富士急三つ峠駅。あおい達は特急を利用していますが、普通で東京からだと中央線~富士急線利用で2時間ほどです。

20160703-P1040145
あおいが富士山に気づく場面。残念ながら曇りです。

20160703-P1040150
所々に案内板があり迷いませんが、現在地の海抜の低さにややげんなり。

20160703-P1040151
作中で温泉として登場するグリーンセンター。

20160703-P1040165
登山口と達磨石。

20160703-P1040224
あおいが立ち止まる場面。作中ほどは狭くありません。

20160703-P1040241
屏風岩。

20160703-P1040263
頂上付近のアンテナ群。

20160703-P1040278
20160703-P1040282

頂上。残念ながら雲はなくなりませんでした。

このあといろいろあって今年最後に登った山となりました。
来年には東京に戻りますので、『ヤマノススメ』に登場する他の山も登りたいです。

訪問日:2016/7/2
今回は名古屋より、
行を名古屋-東京 バス/東京-三つ峠 JR・富士急利用。
帰りは 富士急ハイランド-名古屋 バス利用。


*登山に際しては、十分に準備した上で遠征しております。
特に三つ峠は歩く距離が長くなりますので、訪問の際は十分な準備をおすすめします。


舞台訪問:『ヤマノススメ』その2 伊吹山(滋賀県)

伊吹山(滋賀県)60合目(コミック9巻)
あおいが両親、楓と登った山です。
今回利用したルートは最もポピュラーな表登山道。作中でもこの登山道を利用しています。
20160505-P1040039

20160505-P1040006
登山口の写真は撮り忘れましたorz。
米原市上野から登り、スキー場跡と関電鉄塔を過ぎたあたりから山にとりつき、急な登りとなります。
標高1300m超級の山としては登山道の大部分がスキー場跡で目標がはっきりしており(登山道~3合目付近を除く)、かつ前後とも見通しが極めて良く、道迷いの可能性の低さも含めてとても登りやすい山です。
ただ、この山の最大の眺望は琵琶湖なのですが、見通しの良さゆえ、2/3ぐらい登れば十分な眺望となり、登頂するモチベーションが削がれます。
なお、伊吹山には伊吹山ドライブウェイがあり、頂上直下まではほぼ歩かずに登ることも出来ます(その際は反対側から登ります)

20160505-P1040023
頂上標とヤマトタケル像。作中通り「想像よりショボイ」ですね。

20160505-P1040068
廃ホテル。

GWに登ったのですが、朝8時頃には登山口周辺の駐車場はかなりの盛況でした。

訪問日:2016/5/5
*登山に際しては天候・地図関して事前に確認し、防寒着や着替え・携行食等を準備した上で訪問しております。

このページのトップヘ