izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

モバイルPCを更新しました。

現在使用しているLenovo Miix2 8がたまに挙動不審(急にタッチパネルが反応しなくなる、電源設定しているのにbluetoothが繋がらなくなるなど)のためです。まあ、購入から3年持ったので買い替えどきかな、という気もしましたので。

購入したものは ASUSのTransBook T101HA。流行りのデタッチャブル2in1ですね。
別にデタッチャブル2in1である必要はないのですが、モバイル用途としては画面サイズが10インチ以下(Miix2 8はその名の通り8インチ)を条件としていたため。何故か低価格帯のクラムシェルノートは11インチクラスがほとんどで、しかもCPUがCeleron N3060。流石にNプロセッサで2C2T@1.6Ghzは辛い......またクラムシェルは充電に専用のACアダプタが必要なことも荷物が増える要因と考えましたので除外しました。

というわけで、半ば消去法でTransBook T101HAとなりました。一応、その他の候補としてはマウスのWN892V2(8.9インチ)もあり、値段が安い(キーボードカバー付きで19800円)ことからそちらも検討しましたが、公称バッテリー作動時間が4.75時間と非常に短いこと(Miixは公称約10時間、T101HAは公称13時間)、経験上マウスは品質面で問題があることが多いので最終的には回避しました。

初期設定後に少し使っただけですが、印象としては以下の通り。

・作動
初期設定直後のためバックグラウンドで処理が走っているためと思われますが、思った以上に動作が重いです。
体感ではMiix(Atom Z3740)よりも重い。ただし、CPUが遅いというよりはストレージの読み出し(あるはシングルチャンネルのメインメモリ)に足を引っ張られている印象で、CPU利用率が100%になることは起動直後以外ほぼありません。インデックスの作成等が終われば改善されるかもしれません。

・デザイン/ハードウエア
デザイン的にはASUS的な堅実というか、どことなく野暮ったい印象。特にヒンジ部分が後ろに飛び出しているのがマイナス。本体重量はタブレット部530g/キーボード部500gと標準的。ただし、Corei搭載機で1kgを切るPCもあることを考えると......またウリのキーボードドックについては、可もなく不可もなくと言ったところ。キーボードがややたわむこと、タッチパッドのマルチタッチ判定が甘いことが気になりますが、値段的には致し方ないかなと思います。
タブレット側がアルミボディである点は○。他社モデルではプラスチックボディもありますので。液晶保護の観点からは安心ですね。またフルサイズUSBが充電用マイクロBとは別にあるのも便利です。

その他の点としては、スピーカーが意外と良かったです。横置き前提配置のステレオで、音量もあります。ただし、構造上タブレットの裏側にあるので、広い机で使うときと狭い机(例えばビジネスホテルにあるような奥行きが狭く、鏡台がついているような机)では音の反射量が異なりますので当然印象も違うかと思います。
あとは、本体を持ってから気づいたのですが、タブレットにしては珍しく、アウトカメラがありません。まあ、タブレットでカメラを使うことは基本無いので特に気にはなりませんが。
更に、無線LANチップは珍しいQualcomm製でした。低価格製品はRealTekが多いのですが、これは嬉しい誤算ですね。

・ソフトウエア面
とりあえず、OfficeMobileは使い物になりません。
Excel2007で作成した、特に難しい数式やマクロがある訳でもないファイルすら「このバージョンのOfficeは対応していません」の表示が頻発。せめてビュワーしてくらいは機能してほしいです。
また、新しいファイルを開いた時点で変更が勝手に保存されてしまうため、意図しない変更やファイルが作成されてしまいます。(自動保存時ない設定は特に無いようです)OneDriveはファイル差分が使えるのでそっちでやってくれとのことかもしれませんが、使い勝手が悪すぎます。
デスクトップで使用しているOffice2010Proが使えればいいのですが、ライセンス数が足りません。
とはいっても、たまにしか使わないPC用にOffice365を契約するのも......
MiixではOffice2013が標準添付だったので良かったのですが。Officeについては今後の課題です。
なお、T101HAはOffice365ライセンス添付モデルではありませんので、Officeの商用利用はできません。





ピュアソングガーデン 2017.6.30 Live Start!

久々のゲームの舞台訪問はPULLTOPより『ピュアソングガーデン!』 お台場です。
ゲーム自体も前々作『ココロ@ファンクション!』的なノリでおすすめです。

さて、舞台は未来のVR特区「ダイバ地区」ですがそのままお台場ですね。

マンションs
マンション2s
P1060101
P1060085
主人公のマンションです。
ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」すぐ。
引いて撮るとどうしてもゆりかもめの高架が入ってしまいます。

海浜s
P1060135
海浜公園よりレインボーブリッジ方向。作中「ダイバ海浜公園」。
後ろに見えているツインタワーは先のマンションとは別のビルです。

斜張橋s
P1060168
P1060179
ゆりかもめとりんかい線が統合された「臨海高東京ダイバシティ」駅。
実際はりんかい線東京テレポート駅です。
こちらも同じ画角で取るとタクシー乗り場が被ってしまいます。

なお、作中CGの背景は↓の合成です。
P1060205



夢の大橋s
P1060200
P1060192
「月の大橋」こと「夢の大橋」。シンボルプロムナードの先にあります。
こちらも相当引いて(ワイドで)撮らないと同じ画角にはならないかと思います。
ツインタワーはマンションです。

プロムナードs
P1060138
P1060144
グランドセンターデッキ。
シンボルプロムナードだと思いますが、幾つかの建物の合成かと思います。

以上、お台場でした。
浜松町で働いておりますので、距離的には近いのですがあまりお台場は行かないですね......
お台場は観光客が減っているとの話もあり、お店に入っても思ったより混んではいませんでした。

ちなみに同日発売のナナウィンド『春音アリス*グラム』も舞台は「湊十(みなと)区」なのですが、
いまのところそれっぽい建物は国立新美術館くらいしか思いつきません。



『ヤマノススメ』コミックス11巻(74合目) 鎌倉アルプス(鎌倉市)です。

P1050910-2

なぜかあまり写真を撮らなかったで、いきなり頂上。
P1050912
ちなみに眼下はゴルフ場になっています。

北鎌倉駅~鎌倉駅間で3時間といったところでしょうか。

久々の舞台訪問は『ヤマノススメ』コミックス13巻(88合目)より鋸山です。
鋸山は「海の見える山」としてひなたとここなが登山した山ですね。

P1050940
冒頭「街全体がレジャー仕様~」

P1050951
分かれ道。作中では駅からすぐ着いているように書かれていますが、細い路地を少し歩きます。
今回は作中と同じく左手へ。

P1060007
石切場跡。

P1060001
「ダンジョンみたい~」で登っている階段より。

P1060051

P1060032
頂上。日本寺と反対方向のため、あまり来る人はいないようです。

日本寺には大分前に行ったことがあるため今回は行かず、そのまま帰ってきました。

鋸山は標高自体は329mと低いですが、起点の浜金谷駅が海抜4m程しかないため、高低差自体は意外とあります。
また要所要所が階段となっていることもあり、急登せざるを得ず割と疲れます。


スマホをHuaweiの nova liteに更新しましたので、カメラ性能についてちょっと確認してみました。
比較対象は今まで使っていたgooのスマホg03 (ZTE Blade S)です。

カメラのスペックを書いておくと、
nova lite: 12Mp F2.2/BSI
Blade S: 13Mp F2.0/BSI
となっており、数字の上では旧機種のBladeSのほうがスペックが上となっています。センサーはどちらもソニー製です。一応、BladeSは当時実売3万円くらいと、nova liteより1万円高でした。

最初に言ってしまうと、nova liteのカメラはちょっと微妙かなーという感じですね。
上位機種ですとLeicaブランドをつけたりとカメラにもこだわりがありそうでしたが、少なくともこの機種に関しては微妙っぽいです。まあ、実売2万円以下のスマホに対して何を言っているんだ、という考えもあり、メモ程度に写れば上々と考えたほうが良さそうです。

以下は比較。
1s
全般的にnova liteのほうが暗く、色温度が高い(青い)ですね。
Blade Sは空が飛んでしまっていますが、色味は好ましいです。
ただし、Blade Sは糸巻き型の収差が出ているのに対し、nova liteの方は収差が皆無です。
デジタル補正しているのでしょうか。

ndrs
HDR(ハイダイナミックレンジ合成)写真。こちらもBladeSのほうが効果が強くかかっています。
ちなみに、撮影後の処理時間はBladeSが2~3秒かかるのに対し、nova liteはほぼ処理待ちがありません。

3s
被写体までの距離は50cmくらい。nova liteの方は色が浅く、色味の傾向が安定しない印象。

5s
遠景。こちらも色味はBlade Sのほうが好ましいです。
ただし、やはりBladeSの収差がかなり目立ちます。単体で見るとそこまで気にならないのですが。


以上、簡単ですがカメラの比較でした。
まあ、先にも書いたように、実売2万円以下と考えれば、コンデジでもまともに写るかどうか、という価格帯ですし、見られる絵が撮れるだけでありがたいと考えるべきでしょう。

このページのトップヘ