izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 メッセージはtwitterで@yomu16yaまで。

2010年11月

101(ワンハンドレットワン)の百物語 サイトウケンジ 

です。

現在二巻まで刊行。
あるきっかけで「百物語」に選ばれた主人公がその物語を集めるという物語です。物語多いな。
百物語はそろっているもの(出てくるもの)という印象があったので新しい感じでいいとおもいます。
ちょっとシリアス展開もありますが基本はゆるいです。

ASCII.jpによると、老舗PCパーツショップT-ZONEは年内に閉店し、ドスパラパーツ館としてリニューアルする、とのこと。
http://ascii.jp/elem/000/000/573/573388/

現在の会社はT-ZONEストラテジィだが、親会社の幹部が逮捕されるなど経営が混乱していた。

かなり眠いですが忘れる前に。

やはりThinkPadの液晶は青いです。また一時期のAppleシネマディスプレイでいわれていたようにドット感が異様に高く、特に白色系を表示する場合は縦線が見えます。
現物を見ると絶対買わないレベルですね。はい。

色が浅い&青が強いのはどうにもなりませんが、とりあえずカラープロファイルを「Lenovo~」からWindows標準のものに変えるとちょっと改善されます。まだ若干青緑が見えますが・・・
icc

後は黄味がかなり足りませんが、こちらはLEDの擬似白色によるもの、という情報がありました。

後はHDMI端子があるのでモニタを買った方が速いかも。

さて、まあ液晶はあきらめるとして、Adobe Photoshop Lightroomをインストールしました。
こちらはMac/Winユニバーサルパッケージなので流用です。バージョンは2.7。すでに3が出ていますが、特に困った点はないのでこのまま移行かと思います。
ですが、初期設定で戸惑いました。
Macの場合はデータベースをそのままコピー(現像処理は埋め込み)すれば使えたのですが、Winだと最初から構築しないといけなかったようで、「ファイルがありません」となって結局写真をコピーし直す羽目に。
その後も早速SDカードから読み込みをしてみたものの、Macの場合は特に指定をしなくても「年\月\日」と自動で多階層フォルダを作ってくれたのですが、Win版だとyy-mm-ddと単一フォルダになってしまいます。設定も特にないみたいだし・・・
なるべくフォルダツリーでまとめたいのですが、どうにかならないかなあ。

オンラインでアップデートするとなぜか英語になる。まあ、設定で日本語に戻せますが。
lr1

訂正。「自動読み込み」ではない方の設定項目にありました・・・

ThinkPad液晶ですが、やはり色がちょっと変。
冴えている色、といえば聞こえがいいですが、要するに青くて薄い。
特に黄味が足りてません。
とりあえず全体的にガンマを下げることで対処しましたが、まだ浅いです。今まで使用していたMacではモニタの方が色が濃かったのに今はむしろプリンタの方が色が濃いです(暗くなるわけではなく)。

Lenovoは液晶がよろしくない、とは聞いていましたが、ちょっとこれは・・・
インテルのグラフィックドライバを更新しようにもLenovoがカスタマイズしているらしくインストール段階ではねられます。
また、今時マルチベンダは当たり前なのですが、この機種はモニタ製造元がたどれないんですよね。
Lの14"だと供給元がLGフィリップスなのですが、あれはノングレアですし。高すぎる粒子感というか、ドットピッチの感じは少し前のAppleシネマ・ディスプレイに卸していた頃のサムスンかなあ、とも思いましたが、少なくともオフィシャルにはこのスペックでは作ってないみたいだし。
(1129追記)サムスン製かと思われます。まあ、世の中の液晶ディスプレイの多くはサムスンな訳で、結局はそれをどうするかがPCメーカーなのですが。
また、ディスプレイドライバが適切でないとかとも思いましたが、Lenovoが適切なディスプレイドライバやプロファイルを用意していないためにどうしようもありません。
海外のコミュニティでも結構話題になっているのですが、「ガンマを調整しろ」とありきたりな答えのみ。(Lenovo USサイトにあるLCDプロファイルは最初から入っているようです)

このページのトップヘ