izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

2013年06月

FinePix Z1000EXR買いました。
オリンパスのE-PL3と入れ替えです。だって、どうせ画質でEOS Kiss X3に負けるなら、持ち運びやすい方がいいし・・・・・・

既に発売から1年が経過しており富士フイルムWebカタログのラインアップからは消えていますが、ステータスが「出荷終了」となっていないところを見ると、Zシリーズの廉価版として残してあるのかもしれません。
最新機種(Z2000EXR)との違いは、こちらの方が液晶が大きく、タッチパネル操作のみとなること、CPUが1つ古いこと。レンズ・センサは同一です。

FinePix主力機種らしく、EXR CMOSが採用されております。このセンサは斜め配列を採用した特殊CMOSで、フジでは通常のCMOSを採用した製品ではわざわざ「正方画素センサ採用」と分けて表記しているほど。1/2型とコンデジにしては大きめのセンサーサイズ出有ることもポイントです。

レンズについては見ての通り屈曲式で、画質を求めるのは酷ではあります。F3.9-4.9と明るさも普通。ただ、レンズ構成は11群13枚・非球面レンズ4枚となっており、画質面は一応の配慮されているようです。

あと、このカメラのポイントとしては、この価格帯にしては珍しいことに、純正のバッテリーチャージャーが付属していることです。1万円前後のカメラだと「USBで充電してね」が多いのですが。バッテリー自体はNP-45Aと汎用タイプで、他社(同等品)のチャージャーでも充電は出来ると思います。互換バッテリーは400円くらいから。

・デザイン
ホワイトを選びましたが、グリーンとかでも良かったかも。デザイン的には現行のシルバーラインが入っていない方がすっきりしていていいですね。
プラスチックボディで高級感はありませんが、レンズ等の引っかかりが無いフラットなデザインで、持ち運び・メモ用には便利です。

・使い勝手
本体にはシャッター、動画記録、プレビューボタンとズームレバーしかなく、他の操作はすべてタッチパネルで行います。タッチパネルはコスト面からか抵抗膜方式。手前の膜が反射して日光下での操作性は良くありませんが、応答速度的には問題なし。ただ、フィルムシミュレーションの変更など「アイコンは表示されているが直接タップして変更できない」項目があり、やや不便。
基本的に「電源入れてシャッターボタン押すだけ」のカメラなので仕方ないのかもしれませんが。

電源を切っても(レンズカバーを閉じても)設定は維持されます。また、SDカードが入っていない状態では「内蔵メモリに記録されます」と大きく警告が出るのは○。

・画質面
20130629-DSCF0038  20130629-DSCF0045

オート・ISOオート・マクロオフ・フィルム シミュレーション :(左)Velvia(右)Provia
適当に撮ったものでアレですが、さすがに「EXR」だけあって安物コンデジとは違います。やや明るめできちんと「見られる」画像に修正されている感はありますが、思ったよりもまともに(失礼)写ります。ただ、 Velvia でもおとなしめの色使い。もっと派手かと思ったのですが。当然ですがボケはほとんどありません。

20130629-DSCF0041
マクロ。液晶のみのため、ピントが極めて掴みづらいです。 まあ、マクロは一眼レフで撮るし・・・・・・
フォーカスモードは中央固定・タッチ追尾が有りますが、普通のコンテニュアスはありません。タッチ追尾でも、追尾対象を指定せずにシャッター半押しすると中央固定となるため、常にタッチ追尾モードで問題ないかと思います。

20130629-DSCF0061  20130629-DSCF0062

(左)プレミアムEXRオート(右)EXR超解像ズーム
遠景。もやがかかっているのはカメラのせいではなく、単に水蒸気が多いだけです。思ったよりも画角が広いです。基本的にやや明るめに写るカメラですが、これは特に手前の森に引きずられ、全般的に明るすぎです。超解像ズーム(デジタルズーム)でも意外と解像感は高く、緊急回避的な使用は出来ます。CMOSシフト方式手ぶれ補正があり、きちんと両手で構えればそんなにぶれないですし。
露出補正・WBはプログラムオートモードでのみ手動設定可能。

動画はアップしませんが、まあ、写るかな?と言うレベル。一眼レフや専用機と比較するのは酷ですが、レンズの作動音がかなり記録されてしまいます。

以上、急いで撮った写真のため微妙な感じですが。
全体的な感想としては、さすがに主力モデルだけ合って、「安いだけ」のコンデジとは違い、デザイン優先に見えながらも基本性能はしっかりしている印象。
「どんな写真でもこのカメラ」という用途には向かない(ズームが控えめ、連写がほぼ不可能)と思いますが、既にメインのカメラを持っていて、メモ用とが散歩用、普段用の軽くて持ち運びやすいカメラを探している、と言う場合には十分おすすめできます。

補足:
なお、本機のWiFi機能はあくまでも「スマートフォン連携」に過ぎず、直接Webサービスにアップロードできるわけではありません。カメラ内の操作も「アップロード予約」となります。また、ペアリングが必須とはいえセキュリティ関係の設定は一切ありません。
付属ソフトはMyFinePix Studio。タグ付けなど一定の機能はあるようです。


とりいずむ更新してます。

とりあえず、来月の予定。
来月は、昨年に続いて香川・小豆島方面に行く予定です。
メインは舞台訪問ではなく瀬戸内国際芸術祭なのですが、一応、『あまつみそらに!』の再訪も行います。
オリーブ公園かエンジェルロードを一人で歩いているのを見かけたら、お声がけください。

その後、ゆずソフトの『天色*アイルノーツ』が来月出るようなので、それに合わせて大阪方面に行きたいと思っています。もし出なくても大阪ならいろいろありますしね。

金沢に赴任中はどうしても東京方面には出づらい(陸路最短で約4時)ですし、その点大阪なら片道7000円以下・日帰りも可能という利点をフルに生かしたいと思います。

追記 2013/06/30
体験版を見ましたが、正直どこか全く分かりません。仕事で大阪に行く用事があるのでそのときに見てこようかなーと思っていたのですが・・・・・・
いきなり海外になることはないよね? まあ、背景にはドイツ語・英語が混ざって書かれているのでたぶん国内だと思いますが。
追記2013/08/21 普通にドイツでした。まあ、ドイツ語あるしね・・・・・・ハウステンボスくらいなら行こうかと思ったのですが、さすがにドイツは時間的に無理です・・・・・・。




この記事は移動して、大幅追加いたしました。こちらからご覧ください。

--------以下は以前の内容です。追加版は上のリンクより。
banner1x1_200b

minori 『12の月のイヴ』

20111207-IMG_7856


見たまんま、トップページのキーヴィジュアルは聖蹟桜ヶ丘です。
京王線の聖蹟桜ヶ丘駅からずっと登って行ったところにあるあの有名な階段で、各種ドラマ・アニメ・ゲームに登場しています。他の場面も多摩センター?あたりかと思います。

都内住みであればすぐに確認しに行くのですが、春から金沢赴任中ですので、確認できず。10月ぐらいに東京に出るかもしれないので、時間があれば確認します。
*2011年撮影。
改訂:2013年6月24日 脱字訂正
*キャプチャ画像は削除いたしました。


このページのトップヘ