izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

2013年09月

先に「ビエラリンク(HDMIリンク)でビエラ側からディーガに録画できる」と書きましたが、その際の挙動についてパナソニックサポートよりお答えをいただきました。(太字部分)

録画に使用されるチューナーはディーガ側。録画モードが設定できる時点で予想できますが。当然、ビエラ側で別番組を同時録画することも可能。
→予約時の表示は「録画機器:ディーガ(ビエラリンク)」あるいは、「ビエラリンク(お部屋ジャンプリンク)」と表示。

繰り返し録画(「毎週録画」「探して録画」など)を設定した場合、毎回ビエラからディーガに録画指示が行われる
→ディーガの予約キューに送信された予約に関しては、ビエラ側の「予約一覧」で「ディーガに送信済み」となっていることで確認可能。

ビエラ(X50)に搭載の録画オプション、「探して毎回録画」とディーガのオプション、「毎週録画」は異なる機能。「探して」は毎回ビエラ側でタイトルなどをキーに検索し、録画指示を行う。(ディーガ側で設定する場合)「毎週」は単に時間とタイトルのチェックのみ。(時間・曜日指定)

とのこと。
とりあえず「ビエラ側からディーガに録画→BDにバックアップ」が一番便利かも。
まあ、スマートビエラX50は現行E60シリーズ相当の機能充実モデルなので、ビエラの方が高性能なのは当たり前と言えば当たり前ですが・・・・・・

DMR-BRT250届きましたのでちょっと使ってみました。
が、若干後悔。やはり DMR-BWT550にしておけばよかったか。

パナソニックでは当該モデルを「パッと撮ってサッと見られる」と表現していますが、 実際は「パッと撮ってサッと見ることしか出来ない」と表現すべきです。
操作を簡単にするには2通りのアプローチがあり、1つは多くの機能があってもそれらにアクセスしやすくする方法、1つはそもそも機能を制限することです。
ソニーのクロスメディアバーが前者ですが、パナソニックの場合は後者を取っているようです。とにかく「かんたん~」や「ワンタッチ~」と称する機能が多く、かゆいところに手が届かない設計です。
また、インターフェイスの設計自体もやぼったく、すでに旧型機となったビエラX50ですら搭載しているオーバーレイ表示ができません。

まあエントリー機である以上、機能制限は必要でしょうけど。

一応、気になった点を列挙します。
・ネットワーク系やダビング、明細な予約(といっても繰り返し録画や予約一覧など)が1つのアイコン『全機能から選ぶ』にまとめられてしまい、メニュー階層が深くなってしまう。
・DLNAクライアント時はもちろん、番組表や録画一覧では一覧性が極めて悪い。メニューの上下に広い枠が表示され(しかも何の役にも立っていない)、肝心の表示部分が小さくなっている。事実上フルHD出力専用機なのだから、もっと明細に表示できるはず。また、録画一覧ではフォルダ、ジャンル分けで表示が出来ない。
相変わらず「上書き録画」がない。
→訂正2013/10/04 20:17 できました。録画オプションの「自動更新」をオンにすると次回以降の録画は上書きされます。ただしビエラリンクで録画した際には指定不可。
・初歩以上の設定は出来ないと考えるべき。
かんたんリモコンは出来ることが少なすぎる。メニューが開くだけのかんたんリモコンより、直接機能にアクセスできるフルリモコンの方が明らかに親切。


なお、初期設定に関しては他社と同様のウィザード形式ですが、同社のビエラがあればHDMI経由での設定コピーも可能です。また操作はさすがにサクサク動きますが、「キビキビ反応して優秀!」というよりは「これだけ機能が少ないのだから当然」。

使い方としては、TV主体の『BDライタ・プレーヤ』とするか、VHSデッキ同様、「撮ったらすぐ(BDに)移す」というようになると思います。
追記:
DLNAダビングは「1番組ずつ(キュー予約不可)」となり、「ビエラである程度録画してからまとめて転送」と言う使い方も出来ません。ただし、ビエラ側予約録画からDIGAを録画先に指定できますので、最初からそれで指定した方がいいと思います。この際は録画モード指定が出来るので、単にビエラからは録画指示を出しているだけのようです。録画中にLANケーブルを抜いた際の挙動は確認中。



上記のように、全般的に不満の残る買い物となってしまいました。まあ、ビエラで録画した番組をBDに焼くBDライターとしては使えますが、他人にはお勧めしません。


まだ届いておりませんが、パナソニックのBDレコーダー、DMR-BRT250を購入しました。
なんか注文した日に新型が出ちゃいましたが、3万円以下で買えたのでよしとしよう。

一応、選んだ理由は
・実用モデルでは最安
 (注文時)現行モデルにもかかわらず、実用モデルとしては最安値です。
同じくパナのBR130はもっと安いですが、あちらはネットワーク連携機能を初めとする便利機能、高画質化機能などが省かれており、値段に見合っていません。

・DLNAダビング対応
 録画機能付テレビで録画した番組をダビング、ムーブ出来ます。(パナソニックブランド名:ビエラダビング)DNLAダビングに対応している機種同士であれば他社間や対PCでも出来ると思うのですが、検証が面倒なので今回は作動補償されているモデルを選択しました。BDにも保存可。

・新ユニフィエ搭載
 一部制限付きとはいえ、基本的なシステム構成は上位機種と同じ「新ユニフィエ」です。特に高画質化回路がポイント。ユニフィエ操作系統は決して優れているとは思えませんが、TVとの操作感統一も図れます。

一方、チューナー数は割り切りました。田舎の悲しさ故、チャンネル数が少ないので録画がかぶることは滅多にありません。被ったとしても前述のDLNAダビングやビエラは視聴専用チューナーも付いているので、最大2録画+1視聴できます。リモコンに関してはフルリモコンの方がよかったので残念。あのふたの下にあるテンキー意味がよく分かりません。

あとは注意として、このモデル、HDMIケーブルが必須のくせにケーブルが別売なことでしょうか。パナはビエラに関しても、アンテナケーブルすら別売という謎の方針でしたが・・・・・・

『彼女は高天(そら)に祈らない』応援中!

ついでなので行ってきました。エスクード、 『彼女は高天(そら)に祈らない』です。こちらは舞台紹介のままです。
結構それぞれのポイントが離れているので、市バスを使う方がよいかと思います。どれも均一区間で、1日乗車券がつかえます。

北野1  20130922-IMG_0196
北野天満宮本殿

北野2のコピー  20130922-IMG_0192
同じく参道です。

伏見  20130923-IMG_0252  20130923-IMG_0497
伏見稲荷大社本殿。まあ、イメージですね。
注:伏見稲荷大社本殿は正面(本殿内部)からの撮影が禁止されています。この写真は本殿内部が写り込まないよう配慮しています。

*キャプチャ画像の著作権はエスクード様に帰属します。




etude 『秋空に舞うコンフェティ』
『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!

やや古いですが・・・・・・ というより、このブランドは基本的に寡作なので仕方ありません。結構好きなのですが。

舞台は見ての通り、京都です。

円山公園S  20130922-IMG_0059
円山公園です。八坂神社(祇園社)裏手。時計が目印ですが、結構荒れ模様の公園です。

八坂神社S  20130922-IMG_0040
八坂神社裏手。

2nen  20130922-IMG_0014N
二年坂。八坂神社から徒歩で行けます。電柱はありません。

神社  ?

沙夜先輩の神社は結局見つからず。
立て看板は京都の文化財指定箇所でよく見るものなので、たぶん市内だと思うのですが・・・・・・舞台?は寺院風なのでその当たりを当たればよかったかも。

今回は短めの一泊で、現地までは高速利用。金沢からだと片道三時間あれば余裕です。まあ、電車でもそれくらいですが。市内では「市バス専用1日乗車券カード」(均一運賃区間有効)・1枚500円を使用。
渋滞を避けたかったこともあり、現地には実質1日しか滞在せず、時間が足りませんでした。神社は有名どころを中心に10カ所ほど回ったのですが、見つからず。
*キャプチャ画像の著作権はetude様に帰属します。

このページのトップヘ