izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

2018年02月

アストラエアの白き永遠 応援中!!

札幌2件目はフェイバリットの『アストラエアの白き永遠』です。

一部東京(永代橋)や種子島宇宙センターもありますが、基本的には札幌市内です。

まずはわかりやすい目標として時計台。まんまですね。
A時計台
20180218-P1100719
いわゆる「がっかり名所」として有名ですが、特にそんなことは無かったです。
中の展示も割と興味深いものが多いですね。
自分としてはテレビ塔のほうがあまり......

続いては旧市街・電停。札幌市電「静修学園前」です。
ぎんはるの幌平橋から徒歩圏内。
A市電
20180218-P1100624
やや背景が圧縮されていますね。

続いて星天宮。 札幌伏見稲荷神社です。
A神社
20180218-P1100510
場所的にはもいわ山ロープウエー(電停)から少し歩いたところ、住宅街です。
星メモの星天宮も小樽稲荷でしたね。

というわけで、『アストラエアの白き永遠』札幌市内でした。
今回の旅程は以下の通り。

2/17
JAL 511便(羽田10:30-新千歳12:05) 大雪で1時間遅れ。
小樽に入った時点で15時手前。
明るいうちに展望台と運河に行きたかったので、ホテルに荷物を預けた後タクシーで展望台の入り口まで。冬季閉鎖中ですが、例によって地元の方がスキーやスノトレをしているので、道はついています。
*閉鎖中のため、あくまで自己責任で。
20180217-P1090921
20180217-P1090937
20180217-P1090967
ちなみに展望台の建物は塗り直されたようで6年前の落書きはありませんでした。
帰り道でまたタクシーを捕まえ運河へ。
その後、「雪あかりの路」を見て小樽泊。

2/18
8時頃の電車で札幌に向かうも、もいわ山ロープウエーが冬季営業(朝11時始発)なのを忘れていて時間が余りましたので、先に大通公園でタワーなどを確認。
11時~1時もいわ山。 午前中のほうが空いてますね。

もいわ山ロープウエーの山麓駅から徒歩で稲荷神社、その後電停や時計台など。
JAL 526(新千歳20:00-羽田21:40)の予定も例によって降雪で1時間遅れ、羽田23時頃。
国際線は(2回ですが)乗って全然遅れないのに、自分の乗る国内線は何故かよく遅れます。


今回は特に時間がなかったです。
もう1泊くらいできればもっとゆっくり回れるのですが。
とは言いつつGWにはすでに2泊4日でローマを手配済み......まあ10万円の安いチケットだからいいかな、と言い聞かせています。
今年は曜日のめぐりの都合で夏が短いので......

あとは、5月までに『ヤマノススメ』の低山をどこかと考えております。

ゲーム画像の著作権はフェイバリット様に帰属します。

すでにTwitterには載せておりますが、tone work'sの『銀色、遥か』札幌、小樽です。

一番わかり易いのは大通公園です。
大通公園2
20180218-P1100324
ただし、雪まつりが終わったばかりで片付けが済んでいないため、プレハブやステージが残っています。位置的にはこの画角のはず。

プレハブ手前の横断歩道から撮ると下になります。
20180218-P1100334

続いて通学路。
幌平橋
20180218-P1100632
豊平川に架かる幌平橋です。地下鉄幌平橋駅下車すぐ。
あるいは、アス永遠の電停(静修学園前)から徒歩5分。

がんぼー山。
藻岩山
20180218-P1100399
札幌市・もいわ山です。もーりすカー山頂駅。
20180218-P1100424
眺めはこんな感じ。右下から伸びる川が豊平川です。
ロープウエーに乗っているうちに天気が悪くなってしまいました。

雪月ルート、テレビ塔。
テレビ塔
20180218-P1100784
少し狭いですかね。東京タワーがこんな感じだった気が。

北海道神宮
20180218-P1100694
北海道神宮 と思われます。なんとも言えませんが......

同じく雪月ルート、樽倉。 小樽ですね。
小樽
20180217-P1100021
20180217-P1100095
作中に登場する「雪あかりの路」は実在するイベントで、毎年2月中旬に行われます。
訪問は星メモ以来6年ぶり。

空港。
空港
ap1
新千歳空港かと思いましたが、違うようです。天井の高さ的に羽田国内線?
少なくとも成田ではないはずです。
こちらは近く羽田で撮影してきます。

以上、ひとまず『銀色、遥か』札幌、小樽でした。
同時訪問の『アストラエアの白き永遠』及び日程は今週中にまとめる予定。

なお、『銀色、遥か』ついてはGWに雪月アフター編のローマを予定しております。

作中の画像の著作権はすべてtone work's様に帰属します。

このページのトップヘ