遅れておりました、『Summer Pockets』の男木島、女木島編。
雌雄島(男木島・女木島)は5年ぶりの来島です。(本土から)近場ながら小さな離島感を感じられる素晴らしい島々です。

まずは男木島、紬キービジュアルの男木島灯台です。
灯台2
20180715-P1130182
先日の大雨で途中で土砂崩れが起きていましたが、訪問日(7/15)にはなんとか復旧されていました。
道々案内があるので迷いようはありません。
灯台
20180715-P1130188

20180715-P1130213
灯台3
白亜の美しい灯台です。なお、フェリーの着く港とは反対側のため、海上から確認することは出来ません。

役場。
役場_ja
20180715-P1130243
男木島漁協です。フェリーからも確認できます。

蒼が昼寝しているところ。
蒼おやすみ
20180715-P1130154
港から灯台へ向かう途中、村内を抜けたあたりです。
もともとは畑だったのでしょうが、耕作放棄地が目立ちます。ここに限ったことではないですが。

道。
方舟
20180715-P1130262
灯台とは反対方向、「歩く方舟」が見える辺りです。
歩く方舟のある突堤?まで行くことが出来ます。
サマポケ界隈では"奇妙なオブジェ"扱いされることが多いですが。実は近くに行くと詩が書かれていたり。

島影。

島影
20180715-P1130380
左側は合成ですね。大きな鉄塔は女木島からの送電線と思われます。

男木島ではあとは山道、プール、秘密基地があります。
山道はまだ雨でぬかるんでいたので断念。プールは男木島小学校のプールそのままでした。Twitterには貼りましたが、こちらでは学校ということもあり一応自粛。
秘密基地も近くにあった気がします。

次は女木島です。洞窟。
洞窟
20180715-P1130527
鬼ヶ島大洞窟です。作中の背景もよく見れば奥が平ら(コンクリート)になってます。

洞窟3
20180715-P1130521

洞窟2
20180715-P1130508
こちらも豪雨による道の倒木の影響で休業中でしたが、おにの館(港にある施設)で窓口にいたおじいちゃんに「入り口は入れるから携帯で照らしながら見てみなさい、タダだよ!」と言われちょっとだけ覗きました。次は営業中に。

というわけで、『Summer Pockets』は以上です。
久々の瀬戸内ですが、やはり良いです。来年は芸術祭なのでまた訪問予定。でも暑くない時期かな。

さて、今後ですが、8月に『ヤマノススメ』で三つ峠か近場の山、9月の連休にできれば九州に行きたいなーと考えております。お金があれば。
年末は今のところ未定。舞台訪問無しかもしれませんが、海外には行く予定です。

*作中の画像の著作権はKey様に帰属します。