izayomu

神社参拝、舞台訪問、写真など。 その他お知らせ等はこちら
flickr再開しました。

カテゴリ : Software

すでに各所で話題となっていますが、レンダリングエンジンを従来のPrestoからWebkit系に刷新したOpera15がリリースされました(現在の安定バージョンは16)。

10年以上搭載されていた自社開発のPrestoエンジンを捨て去ったことは非常に残念です。確かにPrestoはコード判定に難があったり、あまりにも普及率が低いために閲覧を拒否されるページすらあります。しかし、それ以上に「軽く・見やすく・使いやすい」エンジンであることは確かです。Webkitも良くできたエンジンではありますが、Prestoの見た目を再現することはできません。また、従来Operaが売りにしていた組み込み市場での「独自開発」というアドバンデージを失うことでもあります。

しかし、現状としてWebレンダリングエンジンはIE系のTrident、Netscapeの流れをくむGecko、そしてApple系のWebkitに集約されることは時代の潮流ですし、まあ現状より悪くならないなら(PC上で使う分には)それほど大きな問題には感じない人もいるでしょう。

一方、私が特に問題視しているのは、Operaの「ブックマーク」バーを含む「サイドバー」が廃止されてしまったことです。
Operaの言い分では「SpeedDaialをつかえ」とのことですが、あの画面でどうやって500を超えるブックマークを視野性よく表示させればよいのでしょうか。私自身はOperaが有料or広告版だったときからのユーザーですし、未だにその当時のブックマークを(インポートして)使っています。そのため、ブックマークがメモ的になり、膨大な数のサイトがブックマーク登録されています。

Macにすら、わざわざ見栄えのよいSafariではなくサイドバーを使うためにOperaを入れています。(Safariは「ブックマークツールバー」方式のコンテクストメニュー)

また、Operaのサイドバーにはブックマークだけでなく、ダウンロードマネージャやメモ、RSSリーダなども2カラムで常時表示できます。この「常時表示」が重要で、ChromeやSafariのコンテクストメニュー様の「クリックしたら消える」メニューに使いやすさはありません。

はっきり言うと、サイドバーの無いOperaに存在価値はありません。Google Chromeとどこが違うのでしょうか? 見た目と機能が同じなら、あえて知名度の低いOperaを選ぶ人はどれだけいるのでしょうか。

かつてはOperaの売りだったタブ、マウスジェスチャは今やどのブラウザでも実現可能な機能です(IEはやや難がありますが)。
時代に迎合した、といえばそれまでですが、熱狂的なユーザー層が多数を占めるOperaで、果たしてそれが正しい方向なのか、見極めてほしいものです。

なお現状、 Prestoを搭載した最後のバージョン、Opera12も平行してダウンロード可能です。また、コンテクストメニュー様のブックマークエクステンションを試験搭載したOpera17 Developerもダウンロード可能。

ATOK2013

先日登場したATOK2013プレビュー版が、Windows8のModernUIに対応しました。


今までのATOK2012ではデスクトップアプリのみでしか使用できず、ModernUIでは「Windows+Space」キーでいちいちMS-IMEに切り替えないと日本語が入力できませんでした。

本バージョンを適用することで、ModernUIでもATOKが作動するようになります。保証なしのプレビュー版となりますが、製品版になる2月まで無償で使用できます。


MS-IMEは特に2010以降で変換精度の低下が見られますし、ATOKの「省入力サポート」や入力ミス学習機能などは一度使うと手放せません。

MacとWindowsで同じ使い方が出来るのも便利です。



「休止状態が正しく作動しない」不具合を調べる途中に気づいたのが、Windowsイベントビューアに大量に残る「Detected unrecognized USB driver」エラー。

基本的にイベントログ上に残るだけみたいなのでほっといても良かったのですが、再起動のたびに現れ気持ち悪いのでとりあえず対処しました。

USB関係のエラーでまず考えたのはマザーボード上のEtron EJ168。USB3.0コントローラですが、発売当初はUSB-IF認証を取得しておらず、公式に「Etron製コントローラ制御下のUSBポートでは作動保証なし」としていた周辺機器メーカーもありました。現在はUSB-IF認証を取得しています。


でも、公式サイトのWin8用ドライバ当ててるしなーと思いつつ探し当てたのが、「VMware」でした。

詳しくはぼくんちのTVさんに書かれていますが、VMwareのサービスの一部がこのドライバを正しく認識しないようです。

対処法としてはWindowsサービスの「VMware USB Arbitration Service」を切ること。

検索→msconfig.exe→サービス です。

これを切るとゲストOS上からはUSB-HDDなど取り外し可能なUSBデバイスが認識できなくなります。まあ、共有フォルダもあるしいいかな。

不便そうだったらVirtualBoxに変えてみます。


追記2012/12/08 1:12

やはりUSBドライバがどうにもならん。まあ、USBといってもネットワークアダプタは使えるし、内蔵DVDドライブとかは普通に使えているので特に問題なし。共有フォルダもゲスト上からは読み取り専用にすればセキュリティ上も問題有りません。

VirtualBoxはグラフィックのエミュレーションがうまくないのか、DirectXの警告が出まくるのでオフィスユースには良くても、個人利用は結構きついような。ただし、全体的な作動はVirtualBoxの方が圧倒的に早いですけどね。



Windows8ですが、その後はまあまあ慣れました。ショートカットキーはもう少し覚えた方がいいかもしれませんが。


んで、Windows8で便利になった、あるいは改善されたものも結構あります。


1つは、よりグラフィカルになった「タスクマネージャ」です。 まあ、あんまり使うものではないですけど。pcs
論理コア数ではなく全体のパフォーマンスで表示されています。CPUクロック数も動的に更新されます。

*拡張版Speed-Stepテクノロジではだいたい半分くらいまでクロック数が落ちているのを確認できて結構楽しい。

また、仮想化支援機能の有無なども確認できるようになっています。(Corei3シリーズはIntel-vtのみ対応~


次は、何といってもリボンUIを手に入れたエクスプローラです。

exp
「上へ」ボタンが復活したことで階層をたどりやすくなりました。また、「パスのコピー」や「コマンドプロンプトを開く」など、ちょっと便利な機能も見つけやすくなっています。

コピー&ペーストなどの動作も改善されています。

ただし、「削除」を選ぶと「削除しますか?」の確認なしにゴミ箱に入ってしまうのはちょっと怖いかな。

ちなみに、ModernUI(MetroUI)もアーキテクチャ上はこのExplorer.exeの配下にあります。

modernUI
なので、上の「タスクマネージャ」など、シェル( Explorer)レベルで最前面表示を選択できるものはModernUIに割り込ませることも可能です。ほかのソフトがどうかは試してませんが。

個人的にはデスクトップ側から突然ModernUIに呼ばれるのは不便なので、Explorerに設定項目があればいいのですが。


あとは、地味な改善点として、デスクトップ側でアクティブウインドウが奪われなくなったこと。

Windows7ではOfficeやPhotoshopなど、スプラッシュ画面がでるアプリ(起動に時間がかかるアプリ)を裏で起動しつつ、たとえばWebブラウザを使っていたりすると、起動完了した段階でそのアプリが最前面に(勝手に)表示されていました。

これがWindows8では改善されたようで、おおむねそのときユーザーが使用しているアプリが最優先とされているようです。

これでWebブラウザで文字を入力中に制御が移り、ワードに変な文章が・・・・・・というイライラがなくなります。

Operaをアップデートしたら、標準検索エンジンがgoogle.comに戻ってしまったので、戻しました。


Operaは、右上にある検索窓はもちろん、アドレスバーに直接検索ワードを打ち込んでも検索エンジンへ飛んでくれます。標準ではYahoo!USAかgoogle.comになっています。

それをgoogle.co.jp(日本)にしていたのですが、アップデートしたらgoogle.comになってしまいました。

googleは言語ごとに検索設定(インスタント無効など)を設定せねばならず、また各言語で微妙にソートが異なるので、.comに飛んでしまうのはちょっといただけません。


Operaで標準検索エンジンを設定するには、「Opera」>「設定」>「設定」で

「Web検索」と開きます。

2
今回は変更されたgoogle.comをco.jp(日本)にするだけなので、googleを選択して「編集」

3
「明細」を開くと検索エンジンのアドレスが表示されるのでそのアドレスを直します。

今回は「.com」を「co.jp」にしただけ。


別の検索エンジンを使いたいときは、上の「追加」から追加してもいいですが、

その検索エンジンのトップページに行き、検索窓を右クリック>「検索を追加」の方が早いです。

4



このページのトップヘ