2005年12月

2005年12月31日

大晦日のおたのしみ〜蕎上人・駒形〜

看板実は、亀戸の『一休』に行こうと思ったのですが、ランチだけで本日は終了でした。残念。。。
気を取り直して行ってみたのが駒形の『蕎上人(そばしょうにん)』。
東京都台東区駒形2-7-3/TEL:03-3841-7856/http://www.soba-shonin.com/
場所は有名な老舗どじょう屋『駒形 どぜう』の斜め前なので分かりやすいと思います。風情のある外観で以前から気になっていたのですが、未踏の地でした。

国内産の玄そばを100%利用し、毎日石臼にて挽く江戸伝統の「二八以上」の手打蕎麦だそうです。期待大。


そばみそ蕎上人出汁巻きまずは「そば焼きみそ」と「出汁巻き卵」で熱燗を。この焼きみそ、うまーい。サクサクとした蕎麦の実の食感がよく、塩加減が絶妙。ネギがたっぷりと入っています。出汁巻きは出汁の利いた塩味。とはいえ、塩分はほとんど感じられず出汁だけの味といってもいいくらいの味付けです。自信のある出汁なんでしょうね。表面には三つ葉が入っており、香りがよいです。


蕎上人・天ぷら蕎麦夜になって寒くなったので、あたたかいお蕎麦にしました。『天ぷらそば』2900円です。天ぷらは別盛りできますが、うーん、別盛りにしているのに衣がサクサクでないのが不満。結構いいお値段しますが、車エビの値段ですねー、多分。あたたかいお蕎麦ですが、コシはしっかりとしています。おつゆもずずーっと飲むことができる丁度良い味です。撮り忘れましたが、旦那さんは『せいろ』と『田舎』を注文。ちょろりともらいました。どちらもコシが強い、がっちりとした蕎麦です。『せいろ』よりも『田舎』の方が個性的で、神田の『志な乃』のそばに似ています。噛みしめると蕎麦の甘味が広がります。昔ながらの江戸蕎麦だなぁ〜という感じがしました。
お値段が張るのが玉に瑕ですね。この値段を出すのなら、他のお店に行きたいと思ってしまいます。お酒も一合・1000円。しかも、銘柄の分からないお酒です。呑んべぇにはツライかな。マズイ訳じゃないんですが、もっと素敵なお店はたくさんあるなと思ってしまいました。

帰りに浅草の『並木 藪』を覗いたら長蛇の列。夏にお邪魔しましたが好みではありませんでした。こちらなら『吾妻橋 藪』の方が全然いいのにというのが個人的意見ですが。。。

2005年の年越しそばは二軒。『花や』さんはすばらしかったです。とてもいい店を見つけて大満足の年越しでした。
皆様、良いお年をお迎え下さい! 
来年もどうぞよろしく。




大晦日のおたのしみ〜花や・錦糸町〜

花やざる花や田舎毎年、年越しそばのハシゴをします。今年は出産があって無理だろうなぁ〜と思っていたらすっかりピンピン。
昨年は、神田『まつや』と神田『藪』でした。
さてさて今年の一軒目は。。。錦糸町の『手打ち蕎麦と酒 花や』です。
東京都墨田区太平2-3-4/TEL:03-3829-4137/http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/2899/hanaya54.html

美味しいとの噂を聞きつけ、行ってみました。これが、すばらしくいいお店でした。北海道産の蕎麦を石臼挽で自家製粉した手打ち蕎麦。かなりヒットです。写真は「ざる」と「田舎」。画像からでも分かるように、ツヤツヤしていてキレイなお蕎麦。のど越しもよく、蕎麦の香りもきちんとします。




花や出汁巻き花や地カモ
すばらしいのは蕎麦だけではありません。つまみもしっかりとしています。出汁巻き卵は、出汁の香りが存分に楽しめる上品な塩味。甘めが好きな私ですが、この出汁巻きには納得。地鴨の塩焼きもやわらかく、柚子こしょうが添えられておりお酒のつまみには最高です。おつまみの充実と比例するように、お酒の品揃えもなかなかのものです。我々は純米吟醸『國香』(静岡)をいただきました。

お店の常連さんの話によると、今日は大晦日専用メニューで蕎麦もつまみも種類を絞っているそうです。うーん、そういわれると通常メニューが気になる。お正月明けたら又来ようっと。
ということで、満足度の高い年越しそばをいただくことができました。大満足!



2005年12月30日

手作りクロワッサン

クロワッサン完成今日はクロワッサンを作ってみました。普通のクロワッサンと、ソーセージを一緒に巻いたソーセージクロワッサンの二種類。








寝かし後成型前途中まではホームベーカリーで生地を作り、その後バターを折り込んでいく作業から自作です。生地が破れないようにのばして、折って、のばして、折ってを繰り返します。これが結構しんどいのですよ。のばしても生地はもどる力が強いので、根気のいる作業です。





発酵中十分にのばしたら二等辺三角形にカットして巻いていきます。成型したら、2〜2.5倍に膨らむまで発酵させます。大体一時間くらい。発酵が終了したら、200℃のオーブンで15分程度焼いてできあがり!
やっぱり焼き立てはおいしいです。今度は全粒粉やらライ麦やらでパンを作ってみます。


2005年12月29日

ネギトロ団子の中華風あんかけ

あんかけ団子今日は出産予定日でした。が、すっかり音沙汰なしです。
さておき、昨日のネギトロ団子があまったので中華風のあんかけにしました。ごま油で生姜を炒め、香りが出てきたところで筍・人参・ピーマン・えのきを加えて炒めます。塩・コショウをして、鶏ガラスープを加えて2分程度煮たら、水溶き片栗粉でとろみを付けたらできあがり。



鶏ザーサイワカサギ『鶏とザーサイの冷菜』と『ワカサギの唐揚げ』です。




ジャガ芋キムチ本日のメインディッシュその2は、『ジャガ芋と豚肉のキムチ炒め』です。ここのところ青菜野菜が高くて、高くてなかなか手が出せないのですが、根菜類はうれしいお値段です。豚肉とキムチだけだとあじけないので、千切りにしたジャガ芋をプラス。ジャガ芋のシャキシャキとした食感がいいですよー。

しかし、初産は遅れるといいますが私もご多分に漏れず予定日には出てきてくれませんでした。このままだと年をまたぐか。それならおいしい年越しそばでも食べに行こうかなぁ。

2005年12月28日

仙亀 かるくいっぱい〜神亀酒造〜

かるくいっぱい気の利いたネーミングのお酒ですよね。発泡の生酒です。発泡しているので少しずつ開けないと大変なことになりますが、クールな辛口のお酒でスカッとします。315円というお手頃価格なので、見つけたらぜひお試しを。料理も選ばず、揚げ物にも煮物にもあいますよ。












ネギトロ団子カレイの煮付けということで、揚げ物の『ネギトロ団子』と煮物の『カレイの煮付け』。特にネギトロ団子はお酒のつまみに最高です。ついついパクパクつまんでしまいます。この上からみぞれあんかけをかけてもおいしいです。



サッポロ一番シメは旦那さんが唯一作れる料理の『サッポロ一番 塩ラーメン』。麺のかたさといい、黄身の半熟具合といい、熟練の技ですね。絶妙です。たまに食べるとおいしいんですよね。

2005年12月27日

コロッケは小判型? 俵型?

コロッケコロッケの形はいつも悩みますが気分次第というところでしょうか。お店なんかで売っているコロッケを見ると普通のコロッケは小判型で、クリームコロッケなんかは俵型のような気がします。以前実家でアンケートを取ったところ(変な家族でしょう)、男性陣(父&弟二人)は小判型がお好みで、女性陣(母と私)は俵型の方が高級感がしていいなぁ、という結論に落ち着きました。まぁ、決まりはないのでどちらでもいいとは思いますが、今日は明日のお弁当のために小判型にしました。コロッケサンドにするにはやっぱり小判型でないとねー。


春菊ツナ炒め煮物『春菊とキノコのツナ炒め』と『煮物』です。春菊好きなんですよねー、私。身体によさそうでしょう? 炒める油はツナ缶の油を使います。味が染みているので捨てるのはもったいない!結構ご飯が進むのでおすすめです。

コロッケの形に決まりはないと思いますが、みなさんご意見あったら聞かせてください。

2005年12月26日

時間をもてあますの巻

パン生まれそうで、生まれず。夜中になると痛みだすので睡眠不足で一日中ダルイです。遠出する気にもならず、家で遊んでます。ようは暇なのです。

ということで、今日はパンと帽子を作りました。パンは作ったといえどもホームベーカリー。材料を投入し、ボタンを押すだけ。プルーンとクルミの食パンにしました。プルーンはまんべんなく練り込まれて、黒糖パンのようなスイートパンになります。栄養もあるし、ブルーチーズと良くあいます。
このホームベーカリーは一人暮らしを始めるときに購入しました。パンの香りで朝起きたい!という単純な思いから。もっと買うべき物はあったような。結局そんなに使っていませんが、やっぱり焼き立てはおいしい。


帽子大年甲斐もなく、お花を付けちゃいました。かぎ針編みの簡単な帽子です。簡単だから数時間でできちゃいます。帽子ってちょっとかぶるだけでも暖かくなりますよね。よく祖母が家の中でも毛糸の帽子をかぶっていたのを覚えています。寒がりの私には外出時の必需品。最近はとってもおしゃれな物がたくさんあるので目移りしちゃいますね。

2005年12月25日

簡単!手巻き寿司

寿司ネタすっかり食っちゃ寝生活です。さすがに夕食はキッチンに立ちましたが、手が掛からない手巻き寿司になりました。準備が簡単な割に豪勢に見えるところがいいですよね。
中央奥から、卵焼き、中トロ、赤身、大トロ、サーモン、たらこ、キュウリ。器は手前から、納豆、ツナマヨネーズ、椎茸の甘辛煮です。マグロばかりですねー。なぜなら私がマグロ好きだから。買い物担当の旦那さんが気を使ってくれたようです。

巻アイテム大トロ巻き巻きアイテムは海苔、叩き梅、胡麻、大葉です。ご飯に胡麻をふったり、梅をぬったりしてからネタをのせるとちょっとアクセントになります。まぁ、このように好きに巻巻きして食べます。


ハスきんぴらおでん『ハスと鶏そぼろの甘辛煮』と『大根とジャガ芋のあっさり煮』。おでん風の味付けです。コレをちょちょいとつまみながら手巻きをパク付くわけです。
しかし、すっかり陣痛が遠のいてしまったようです。こんなもんなのかー!?

腹ぺこ妊婦

天龍箱実は昨夜から陣痛らしきものがあり「生まれるか!?」とドキドキ。でも前駆陣痛というやつだったようです。微弱ながら痛みが続いているので朝から動けません。ご飯が作れない旦那さんは、銀座へひとっ飛びして私の大好きな『天龍』で餃子を買ってきてくれました。やーさしー。


天龍餃子炒飯店で食べるように熱々ではないけれど、でもおいしい!なんておいしいんでしょう。。。しあわせ〜。炒飯は『天龍』ではなく、これまた私の好きな錦糸町『江城』のエビ炒飯。うまーうまー。
しかし、お腹は痛いのにお腹はすくのです。食べ過ぎかしら。普通はもっと緊張感あるのかなぁ。

2005年12月24日

クリスマスイヴのディナー

クレマンランチは牡蠣で贅沢したので、夕食は自宅で。やっぱりドリンクは泡物。2005年のイヴは『クレマン・ド・ブルゴーニュタスト・ヴィナージュ・ブリュット』で乾杯。これはブルゴーニュでシャンパン製法で造られるスパークリング。クロ・ド・ブージョにあるワイン騎士団「コンフレリ・デュ・タストヴァン」(ワイン醸造家、醸造学者、世界的な愛飲家等からなる、ブルゴーニュワインに精通した人のみで構成された団体)が認定したワイン。ラベルはその認定の証です。アーモンドのような香ばしい香りがあり、きめ細やかな泡立ちです。



ミートローフまずは、メインディッシュ。卵入りの『ミートローフ』です。
1.合挽肉にニンニク・玉葱・セロリのみじん切り・ナツメッグ・タイム・パン粉・卵・塩・コショウを混ぜます。耐熱容器にタネの半分を入れ、ゆで卵を並べたら残りのタネをかぶせます。200℃のオーブンで30〜40分焼きます。焼き上がったら少し冷ましてからカットします。
2.ソースはワサビ醤油ソース。鍋にすり下ろしたニンニク・わさび・みりん・醤油・白ワインを入れて半量になるまで弱火で煮詰めたら、火を止めてオリーブオイルを加えて混ぜます。
3.千切りの人参とピーマンに塩をして水分を出します。水気を切ったら、オリーブオイルで炒めて塩・コショウ・醤油で味付けをした椎茸を熱いうちに混ぜます。盛り皿の縁に沿って盛りつけて、1のミートローフを飾り、2のソースでいただきます。
ハンバーグとゆで卵好きな旦那さんには大好評。ものすごい勢いで食べていました。コレステロール取りすぎな気がしますが、今日はイヴだからいいかな。


アボカドイカフライサラダは『海老とアボカド』で、サラダの下には餃子の皮を揚げたものを敷いています。『イカフライ』はカレー風味にしました。



タラグラタンカルボナーラ『タラとジャガ芋のグラタン』とシメの『カルボナーラ』です。タラとジャガ芋のコンビは絶妙ですね。ブランダードにしてもおいしいですよね。


ノエル小帽子デザートは『ストロベリーノエル』です。焼いたスポンジにイチゴジャム・カットしたイチゴ・イチゴクリーム(イチゴと生クリーム・グラニュー糖をフードプロセッサーにかけたもの)をのせ、ロールにします。イチゴクリームを表面に塗ったらカットしたイチゴとプラリネ(オーブンでスライスアーモンドを炒ります。スライスがなかったので今日はダイスアーモンドを使いました。鍋にグラニュー糖を入れカラメル色になるまで焦がし、炒ったアーモンドを加えて火から下ろしオーブンシートなどに流します。冷めたら麺棒やミキサーなどで砕きます)を飾ってできあがり!一番簡単なクリスマスケーキのかなぁ。そして旦那さんには帽子を編んでプレゼントしました。喜んで寝るまでかぶってました(笑)。
うーん、大満足のイヴでした。
そして夜中になんだか陣痛らしきものが。。。
ドキドキですね。


訪問者数

最新コメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)