2006年11月

2006年11月30日

幻の紫芋で造られる【赤霧島】

霧島先日、福岡の友人が遊びに来た際、いただいた【赤霧島】。
いずへいレストラン 子連れ大集合
焼酎大好きな義父と一緒に、とか、
イベントの時に飲もうと思っていたのに、我慢できずに開けてしまいました。
【赤霧島】についてはこちら
これが、うまい!! 柔らかな口当たりで、まろやか。ほんのりとした甘味が後を引くうまさです。
始めロックで飲んでいましたが、「もったいない!」とストレートに変更。
美味しいので、すすむ、すすむ。
M!! どうもありがとう!!!!! 感謝、感謝!
久々に好きな焼酎です。(ちなみに私は伊佐美とかが好き♪)

しゃぶじゃがいも
そんな、うまうまな焼酎のお供は
●豆板醤ダレで食べる豚しゃぶ
●ジャガイモのシャキシャキ甘酢炒め
●ライスペーパーで作った野菜たっぷり揚げ春巻き〜ナムチムガイで
●ほっくりほくほく、大根のツナ煮
大根春巻き

2006年11月29日

琥珀エビスと早来のカマンベールチーズ

恵比寿チーズエビスビール、好きです。
最近売り出し中の新作【琥珀エビス】のCMを観て「飲みたいなぁ〜」と言っていたら、
旦那さんが買ってきてくれました。
ウマさは普通のエビス(一番好きなのは黒エビスとのハーフアンドハーフ)にはかなわないけど、
琥珀はとても飲み易い。
食事と一緒だと濃くてちょっと重い普通エビスですが、こちらは食事と合いますね。

久々にチーズのお取り寄せ。
カマンベールチーズ はやきた
絶品!!!! うまーーーーーーい!
以前取り寄せた【角谷】のカマンベールもおいしかったですが、こちらも負けてない。
【角谷】取り寄せて、食べ比べてみようかな?
納豆マグロ
本日の夕飯
●毎度おなじみ納豆のレタス巻き
●脂がたっぷりのマグロのカマ焼き
●辛さがたまらん! イカと芹の豆板醤炒め
●案外久しぶり、手作り餃子
イカ餃子

2006年11月28日

さいたま食育ボランティア研修会

看板やっぱ実は、埼玉県の食育ボランティアをやっています。
今日はその研修会に行ってきました。
平日の開催ということもありますが、会場は年配の方が多数。
同年代がいない。。。。
なんとも悲しい現実、関心薄いのかな?
全体鶏肉
女子栄養大学教授の武見ゆかり先生が「食事バランスガイド(略して食バラ)」について講義。
その後、現在県内で活躍されているボランティア団体の事例発表が行われました。
調理実習を通して子供の命を育てようと活動している
「食べごとクラブ」さんの活動に、ハッとするものがあり、感動。
おぼろげにやりたいと思っていたモノが、現実に見せられた感じです。
私がやりたいのは、こういうことだなぁ。
一度現場を見てみたいと思うのですが、連絡先が分からず。。。
県の農林部流通販売推進部に問い合わせてみよう。
ごぼうにモノ
そんなこんなで、今日の夕飯。
●ジューシー蒸し鶏のサラダ
●義父農園で採れた聖護院カブとがんもどきの煮物
●繊維たっぷりゴボウの一面焼き
●メカジキのソテーラタトゥイユのせ
かじき

2006年11月27日

牡蠣鍋とドカドカ唐揚げ

いっぱい牡蠣よくのぞかせてもらっているブロガーさんが、
先日【牡蠣豆腐】を作っていて、これが非常にうまそうでした。
なので、まねっこして【牡蠣鍋】。
「唐揚げが食べたい」と言って出て行った旦那さんの言葉も気になり、両方にしました。

牡蠣鍋は昆布だしで、ポン酢でいただく至って普通の作り方。
でもこれがあったか。ほふほふ、おいしい。
こうなったら日本酒でしょう。
お酒は大好きな【菊姫 鶴の里】。
花暦 [ha・na・go・yo・mi]のakikoさんからいただいた、ぐい呑みでいっぱい。うーん、ウマイ!
鍋の具唐揚げ
旦那さんの大好物の唐揚げですが、私はあまり好きじゃありません。
だからというわけではないですが、こだわりがないので毎回作り方が違う。
本日は、小麦粉と片栗粉を半々にした衣で、カリッとジューシーに。
毎回変えてるのに、気づかない旦那さんがスゴいよ。
いつも鶏モモ肉2枚分作りますが、私が食べるのはせいぜい2個。恐ろしや〜
チンゲンサイ麻婆卵
チンゲンサイはごま油を垂らしたお湯で湯がいて、オイスターソースで味付け。
かんたーんな温サラダ。
この前の麻婆豆腐の残りで作った、麻婆のせ卵焼き。
ふんわりの卵に熱々麻婆があうんだなぁ〜

焼き上がり食べられた
明日、念願のガスオーブンが取り付けられます!!
取り付け作業に、来てくれる職人さんのお茶菓子でもと思い、
リンゴのカトルカールを作りました。
リンゴはメープルシロップで煮て、ブランデーでフランベして香りよし!
なかなかグーな焼き上がりです。

満足、満足、と、テーブルを見ると………
息子どんがケーキを食ってるではないですか!!!
テーブルの下から手を伸ばし、端っこをつまんでモグモグ、ニヤリ。
「ぎゃーーーーーー!!!!!」
うかつでした。(右が食べられた図)
こいつの食に対する意欲を忘れていましたよ。
ずいぶん甘いものを急に食べたけど、大丈夫? アルコールも入れてますよ。
そして卵も入ってるのよ。
ま、大丈夫みたいですね。
あーあ、ビックリした。

2006年11月26日

ネパール料理【ガルーダ】武蔵浦和

野菜天ぷら鶏肉自宅近くには、かなしいかな、あまりいいお店がありません。
どれもこれも、パッとしないんだなぁ……。
田舎なりに、こだわりの居酒屋とかがあってもよさそうなのにさーーー。
最近、駅ビル内に「ネパール料理」のお店がオープンしました。

あまり期待はしていないものの、
エスニック系には(にも?)目がない私が、行かないわけありません。
ちょうど、TVチャンピオンの収録(寿司職人選手権の審査員なのだ。放送は来年1月18日!)で帰宅が遅くなったので、息子どんも連れて3人で行きました。
モモモモ中身
22日にオープンしたばかりで、グラスビールのサービスがありました。ラッキー♪
店員さんは、ネパールの方とおぼしき人のみ。
聞いたら、みんなネパールの方だとのことで期待大!
日本語も片言ですが、それがまたいいのよ。

さてさて、なににしようか。ネパール料理は初体験だし。
まず、分からないけど気になったものを注文。
●野菜の天ぷら
●ネパール風焼鳥
●モモ(ネパール風蒸し餃子)
野菜の天ぷらは、スライスしたジャガイモやピーマンが、
スパイシーな衣をまとって揚げられています。
添えられているソースは、ココナッツにケチャップを混ぜたもの。
一瞬気持ち悪い?! と思ったけど、これがうまーーーーーー。

焼鳥は、タンドリーチキンのようなでも違う味わいの柔らかお肉。
多分ヨーグルトには漬けてあると思います。

一見、小龍包かと思うモモの中身はマトンの挽肉。
このグッとくる香りが赤ワインによく合うのだ。
(そう、もうワイン注文してます)
旦那さんは苦手なようでしたが、私は好き。おーいしーーー。
やきそばチーズナン
腹ぺこリンだった我々、まだまだつまみが足りません。
追加注文したのが、
●ネパール風魚介焼きそば
●チーズナン
「ネパール」と「焼きそば」って全然つながらないんですけど。
そして、この塩焼きそばが最高! ネパール料理なの?ホントに。
で、店員さんに確認すると、ネパールにはこういう焼きそばがあるそうです。
ケチャップが添えられていたのですが、地元では付けながら食べるとか。
ふぅぅぅーーーん。勉強になります!
注文しませんでしたが、「トゥッパ」というラーメンみたいな汁そばもあるんです。
チキンカレーフィッシュカレー
あまりのウマさに、ワインがすすむ君。
もう1本追加してしまった。
グビグビ〜♪

ココのナン、今まで食べたことのあるナンとちょっと違う。
甘いんですよ、ものすごく。
でも砂糖の甘味じゃなくて、バターでもなくって、わからん!
聞いたんだけど、言葉が通じず断念。なんだろうなぁ、この甘味。おいしいんだけどーー。

シメはやっぱりカレー。
カレーは豊富で、マトン・チキン・ベジタブル・キーマ・シーフードのカテゴリーに分かれていて、
さらに細かく分かれてます。
旦那さんは、チキンカレーとスタンダードなナン。
私は、フィッシュカレーにサフランライス。

見た目は似ているけれど、全然違う!
おいしいよ、どちらも。
大満足でした。

地元にこんなお店ができたなんて、嬉しい限り。
通っちゃうよ〜

2006年11月25日

新生・無二路【嵯峨山シェフ・スペシャル】の夕べ

メニューパン一昨年まで下北沢に住んでいました。
仕事で遅い日々が続き、ペコペコの胃を満たしてくれたのが【無二路】。
パンチのきいた味わいに衝撃を受け、月に何度も通ったっけ。
当時のシェフは、今年オープンした神泉【アルキメーデ】の重さん。
その重シェフに代わり、現在【無二路】を引っ張っているのが嵯峨山シェフだ。
ぜひ行かねば! と思っていると
【無二路】の常連・ケンチク者のきっしゅさんが
オフ会を開いてくれることになりました!
その名も【嵯峨山シェフ・スペシャル】。
ウーーーーー楽しみ♪
タルタルたてがみ
まず、キールにて乾杯♪
底に登場したのは「熊本産 馬肉のカルパッチョ」。
モモ肉のタルタルに、たてがみにレバーとハツ。
真っ白いたてがみは、びっくりするほどに口当たりがいい。
レバーのポリポリとした食感は初体験! 
新鮮で臭みは全くなく「馬ってやっぱりウマいんだなぁ〜」(オヤジギャグ)。
牡蠣パスタ
温前菜には旬の牡蠣が登場。
ジューシーさを残した絶妙の揚げ具合の牡蠣、カリカリの舞茸がアクセントになっています。
これまた牡蠣をふんだんに使ったトルティーノは絶品!!

パスタの一発目は、春を感じさせる「鱗付き鯛とほろ苦い菜の花のスパゲティー」。
シェフ曰く、最近は食材が早い段階から回り始めるとのこと。
もう春のものが出始めているんですねーー。
しかし、鱗付き鯛には感動しました。
パリパリっと、こんなに美味しく鱗が食べられるなんて! 和食ならともかく、パスタの具で。
作り方を教えてもらったものの、できるかしら?
ラビオリカットラビオリ全体
二皿目は、「自家製ラディッキオのラビオリ」。
えーっとですね、説明によると
ラディッキオを練り込んだ生地でソテーしたパンチェッタ、ラディッキオ、
茄子、リコッタチーズが詰めてあるそうです。
ラディッキオとはトレビスのこと。
苦味のある野菜ですが、リコッタチーズとよくマッチしてますね。
苦味が旨味に変化してます。マイルドーー♪
鴨一つ目鴨2ツ目
セコンドは「茨城産バルバリ−種 鴨の盛り合わせ」。
これが非常に楽しい。
トータルで2皿になりました、その内容は********
●首に鴨のサルシッチャを詰めロースト
●胸肉を赤ワインと香草でマリネしてグリル
●モモと手羽をマルサラ酒で煮込んで

なんて芸術的なんでしょう。手がこんでいるーーー。

鴨全体砂肝
ローストの方は最初に全体を見せてくれて、その後取り分けしていただきました。
キレイですよねー。
砂肝までついている。しかも美しいバラ色ではないですか。
残すところがないんだそうです。
そうそう、鴨の頭は取り合いになっていました(笑)
かち割られた頭の中に詰まっている脳味噌をつまみましたが、うん、まぁ、脳味噌でした。白子風?
写真も撮ったのですが、ちょっとえぐいので掲載控えます。
鴨の顔デザート
今日、最後の感動がこのドルチェ。
「茄子とアーモンドのセミフレッド」と「フォンダンショコラ」。
茄子がうまーーーーーーーーい。
イタリアでは茄子のドルチェは特別ではないらしいですが、
私的には、クリーンヒット!
これは作っちゃうぞ、ウチでやっちゃうぞ。

ふうううううう。
大満足のひと時。新しい【無二路】を実感でき、最高に嬉しい!
きっしゅさん、どうもありがとうございました!!
初めてお会いする方が多数でしたが、
美味しいものを目の前にすれば、みんな仲間ですね〜
これを機にどうぞよろしくお願いします!


2006年11月23日

いずへいレストラン 子連れ大集合!

全体パン福岡に住んでいる高校時代の部活仲間・Mが、しばらくぶりに長期里帰り。
こんな機会は滅多にないと、都合が付きそうな仲間に声をかけて大集合!
もう、それなりのお歳ですからほとんど子連れ。
臨月の妊婦さんもいるのだ!
12月20日誕生予定(♂)、5ヶ月(♀)、10ヶ月(ウチの息子どん♂)、1歳(♀)、3歳(♂)、5歳(♂)。
プラス、自称26歳(そういうことにしておきましょう…)の女たちが7名。
サーモンオムソバ
今回は人数が多いので、ドリンク持ちよりの会費制にしてみました。
だから前菜からデザートまでフルコース。
デザートはセンスがないので、あまり作りませんが久々に頑張っちゃったよー。
だってジャムから手作りしたんだもーーん。
プレオープンは何度もやってますが、今日が本格的なオープン日かな?
いわしプルーン
********<2006.11.23(THR) MENU>************
●チーズパン、ガーリックパン、オリーブのフォカッチオ
●サーモンとアボカドのカルパッチョ
●エビパンのサルサヴェルデ添え
●オムソバ
●イワシのラタトゥイユグラタン
●豚肉のプルーン煮
●バレンシアライス
●自家製ベリーソースのレアチーズムース
************************************
バレンシアレアチーズ
5歳のD君と3歳E君は意思の疎通が取れてます。仲良くなったり喧嘩したり。
男の子だから元気いっぱい! たいした道具もないのに、色々おもちゃにして遊んでくれました。
1歳のNちゃんは、あんよも上手なので2人に頑張ってついて行く。
やっぱり女の子にはやさしいよね、いい子たちだ。
やっと歩き始めた息子どんは、ついて行けず。でも必死に追いつこうとする。
おかげであんよが大分できるようになって、ママびっくり!
寝返りができるようになった5ヶ月のYちゃんは、うつ伏せではしゃぐ子供たちを観察。
一番冷静かもね〜
うじゃ1うじゃ2.jpgうじゃ3.jpg
我々は高校時代と変わらず、たわいもない話で盛り上がる、盛り上がる。
周りの環境は変わっても、中身は当時のまま。
アッという間に時間が経ってしまいました。

M、なかなかこっちにこられないと思うけど、また遊びに来てね!
Sちゃん、元気な赤ちゃん楽しみにしてます。
H、近々【SKIP KIDS】で会いましょう!
O、忙しいところ駆けつけてくれてありがとう。仕事頑張れ!
Y、次回はダーリン同伴でレストランへどうぞ。
S、卒乳したらめいいっぱい飲みに行こうね!
霧島
Mからいただいた福岡土産。
【赤霧島】はこちらではあまり手に入らないのよ〜 嬉しいわ♪
【長浜ラーメン】は、旦那さんが雄叫びをあげて喜んでおりました。
どうもありがとう!

2006年11月21日

スタンダードなピーマンの肉詰め

肉詰め納豆予告通り、昨日のお鍋で残った肉団子の具をピーマンに入れました!
ということで【ピーマンの肉詰め】。スタンダードな醤油味です。
なんでこういうのが好きなんでしょう、ウチの旦那さん。
止めないと全部食べます。あの〜2人分なんですけど……
煮物チーズパン
<今日の夕飯その他>
●こちらも残り物、カブと梅肉の和え物入の納豆レタス巻き
●大根の葉も彩りに、コロコロ大根と厚揚げの煮物
●冷凍しておいたピザ生地をのばして中にチーズ、
表面にはみじん切りニンニクをのせて焼いたチーズパン
がくごはん
久しぶりに息子どんのご飯も載せておこう。

2006年11月20日

中華風肉団子みぞれ鍋

鍋グツグツ
今日はハンバーグでも作ろうかなぁ〜と思っていると、
旦那さんから「寒いから鍋」とのメールが。
またーーー!!? また鍋ですか。
いいんだよ、楽チンだから。でも鍋ばっかりなような……
ハンバーグの予定だったので、合挽肉を解凍してしまった。
さてさてどうしよう。で、今日は肉団子メインのお鍋にしました。
野菜ミンチ
旦那さんは白菜の芯を食べないので、芯は刻んで挽肉の具に。
蓮根も粗みじん切りにして、加えました。
煮込んでもシャキシャキ♪
スープはごま油を垂らして中華風に。
大根おろしを加えてさっぱりといただきます。
ポテサラつまみ
ほうれん草をたっぷり入れたポテトサラダに
カブと梅肉の和え物、ナスとピーマンの八丁味噌炒め、山芋の千切りの
おつまみ3種の盛り合わせ。
箸休めにちょっと作りました。
雑炊雑炊完成
シメはご飯を加えて雑炊です。
ホッとしますね〜

肉団子の具は大量に作ったので、あまりました。
明日はピーマンの肉詰めにしようかな。


2006年11月19日

カンティネッタ エノテーカ ピンキオーリ

セット花旦那さんの中学時代からの友人・T君のWedding Party。
場所はお台場の【カンティネッタ エノテーカ ピンキオーリ】です。
一度行った(仕事で接待された)銀座の【エノテーカ ピンキオーリ】は悶絶するほどに美味しく、
お台場店も気になってました。T君はソムリエなので、さすが! ナイスチョイスですね〜
ゆびわ退場
レストラン内のチャペルにて人前式。
人前式は初参列だったので、新鮮でよかった。芸能人みたいだ!
Hちゃんもとってもかわいらしく、微笑ましい光景。
あいにくの雨模様だったけれど、逆に純白のウエディングドレスが
白く輝いてきれいでした。
フォアグラスープ
お料理は************************
●フォアグラのテリーヌ菜園風 アチェートバルサミコソース
●ムール貝とハマグリのブローデット 帆立貝のクネルと共に
●自家製イカ墨のタリエリーニ ズワイガニとポルチーニ茸和え
●自家製マッケローニ イベリコ豚のほほ肉を煮込んだソースで
●牛フィレ肉の炭火焼 ポルチーニ茸とトリュフソース
イカスミイベリコパスタ
こちらでは、すべて自家製のパスタを使用しているとのこと。
イカ墨を練り込んだパスタって、自分で注文する機会がなかったので初体験。
口に入れるとブワッと磯の香りが押し寄せてきます。
ポルチーニのプリプリとした食感とGOOD。
イベリコ豚のほほ肉の煮込みのソースが絶品。
これ、ソースじゃなくて一品で食べたいなぁ。
ぱかり肉
メインディッシュには、ドラマなんかで見るようなドームカバーがついてきます。
それをギャルソン(?イタリアンだから違うかな?)が
一斉にパカッと開けてくれます。
なんか、ゴージャスな気分になるなぁ。単純です。
クロカンブッシュシュー
順番が逆になりましたが、
ケーキ入刀は、クロカンブッシュ。ああれ? フランス菓子だったような。関係ないか。
カスタードクリームを入れた小さなシューが円錐型に飾られています。
シューはキャベツを表していて、子孫繁栄と豊かな収穫を願うそうです。
シューはみんなに配られて、何名かにはアーモンド入りの当たりが!
ウチら夫婦はドハズレ。
デザート1デザート2デザート3
盛り合わせになっているデザートは、みんなバラバラ。
それぞれ違うので面白かったです。
自分のも美味しいのに、人のが気になったりして……子供です。
みんなで
T君、Hちゃん、末永くお幸せに!
元気な赤ちゃんが生まれるの、楽しみにしてます。
息子どんと一緒に遊んでね。

訪問者数

最新コメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)