古い思い出と路地門

まだ20代いや30代半ばかな、生意気に京都一人旅にハマり 京都ホテルを定宿とし、何回も繰り返し訪れたのが嵐山の中之島の京都錦、その頃ハイヤーでドライバーさんと
桜宿膳というイチオシのお食事をいただいたものです。そこの女将が和装で白い割烹着姿、凛として動き回っておられ私の祖母位の年齢に御見受けする方、その姿に惹かれていました。
今の蕎仙の路地門も看板もそこはかとなく 錦の真似?まで行かないけど 旅のお客様の思い出に残るといいな、私の白い割烹着と共に。
錦の写真と桜宿膳
FullSizeRender
FullSizeRender


蕎仙の看板も化粧なおし

路地門と共に看板も杉皮、竹を新しくしました。
化粧直しし 若返りました。
女将は化粧直ししても若返りません、残念😢
桜の開花、春休みと 大変忙しくさせていただきありがとうございました。コロナ禍前をおもいだしました。天城石楠花が満開です。蕎仙もパワー全開で頑張っております、宜しくお願い致します。
IMG_0618
IMG_0620
IMG_0625

心配り

前回ご来店の際 完売してしまった所でお召し上がりになれなかったからと 今日は早めにご来店くださった若いカップル、そんな会話から じゃあ前回の分ね、と私は盛りそば一枚プレゼント🎁させていただきました。大変喜んでいただきました。
1時間くらいするとそのお二人が 戻ってみえました。何かしらと、  「暖かいおもてなしに私たちからも感謝の気持ちを少しですが、」と お土産を持ってきて下さいました。勿論ご辞退いたしましたが。それでもとおっしゃるので頂戴いたしました。そして帰り際には  "また 暖かいおもてなしに触れに来ますから“ と。
ステキな若いカップルに 忙しい最中でも
こちらこそホッコリ致しました。
IMG_0584
月別アーカイブ
プロフィール

蕎麦打日記

カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ