2010年04月

2010年04月30日




075伊豆市にある
『虹の郷』のイギリス村






010






011(トーイミュージアム入口)











067イギリス村のトーイミュージアムには、いろいろな玩具が展示してあり、テディーベアまで飾られています。





017バスを改造してのカフェもあり、2階では食事もできるようになっています。






修善寺虹の郷は修善寺町(現在 伊豆市)の町制施行記念でつくられた修善寺公園を再整備しつくられました。自然の景観を利用した面積約50ヘクタールの園内には、イギリス村の他、『カナダ村(カレイドスコープミュージアム)』・『フェアリーガーデン』・『日本庭園夏目漱石記念館)』・『伊豆の村』・『匠の村』などがあります。


025園内にはロムニー鉄道があり、数種類の機関車が走っています。




(シティ・オブ・バーミンガム号)


園内にあるレイルウェイミュージアムで機関車の整備風景を見れるほか、蒸気機関車の歴史や仕組みなどが展示されてます。


019このほか、園内ではバス(3種類)も走っています。






    (ブリタニア)





修善寺 虹の郷

〒410-2461
静岡県伊豆市修善寺4279-3
入園料 大人¥1000 小人¥500(4歳~小学生)
開園時間 4月~9月(9時~17時) 
      10月~3月(9時~16時)
休園日火曜日(祝日は営業) 12月1月中旬
駐車料 乗用車¥300

※園内の機関車・バスは有料(別料金)




izu_onsen at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆の施設(レジャー・その他) 



202下田市のマンホールの蓋






DSCN0579







201






蓋には黒船が描かれ、黒船についている大きな水車は、下田市の市章のデザインになっています。



120黒船のひとつサスケハナ号の
模型は伊豆急下田駅前にあります。






汽走軍艦で、2450トン・全長約100m
乗組員300名だったそうです。







izu_onsen at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆のマンホール蓋・タイル 



087伊豆市のマンホールの蓋









izu_onsen at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆のマンホール蓋・タイル 




040伊豆市にある『修善寺 虹の郷』の夏目漱石記念館







048この写真に写る硯などは、夏目漱石が実際に使用していたもの。




机には硯・文箱が置かれ、座布団の横にはひじ掛け、火鉢・鉄製のやかんまで置かれています。



043この部屋は、修善寺温泉菊屋の旧本館の2階の一部を移築したもの。







046そのため、
窓には手すりが付いています。








夏目漱石は、明治43年8月6日から10月11日まで滞在し『菊屋』で療養。『菊屋』は創業360年を誇る老舗。
今も、桂川沿いにあります。



049夏目漱石記念館では、日本庭園を見ながら抹茶・あま酒などもいただくことができます。







077『虹の郷』の日本庭園内にあり、入館無料です。




      

虹の郷

〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺4279-3





izu_onsen at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆の記念館・博物館・美術館 

2010年04月29日



009伊豆市にある『船原館』

伊豆かかりつけ湯に認定されており、かかりつけ湯的癒し体験に『温泉療法用浴室(たち湯)があります』と揚げられている『たち湯』







010たち湯は、水深平均1・2m、普通の温泉風呂の三倍ほどの深さの浴槽。ここでワッツを行っていただきました。(ワッツとはアメリカのハロルド・ダール氏が考案した『アクアセラピー』)




最初に腰など痛い箇所に効くツボを刺激し指圧などセルフケアの方法を教えていただきました。この方法は自宅に帰ってから、簡単に続けることができます。

つぎは、ワッツ。水中で仰向けになりインストラクターの先生に支えられ温泉に浮かび足の曲げ伸ばしや、ゆっくりとした動きをしながら温泉の浮力・水圧・抵抗など水の特性をいかして温泉の中で体の気の通り(経路 ツボとツボを結ぶ体のエネルギー線)のストレッチを行うリラクゼーション法。

耳まで温泉につかるため目を閉じれば別世界が広がります。耳にしている雑踏は消え、体は軽くなり、そして温かなお湯が全身を包み込みます。はっきりとした記憶はないものの、どこか母親の胎内にいるような懐かしい不思議な心地よさ・・・

ワッツが終わると、体は軽くすっきりしました。


006(ワッツには『ヌードル(浮き棒)』を使ってやる方法もあるそうです)








008宿にはたち湯の他、大浴場(2)・露天風呂(1)があります。







014食事は、お狩り場焼料理を囲炉裏を囲んでいただきました。源頼朝が源氏再興を志し、狩りを船原峠で催した際、獲物を野火で焼き、酒を酌み交わして仲間たちと案を練ったといわれています。この伝説が地域独特の郷土料理『お狩り場焼き』が生まれ、現在に伝えられているとのこと。








012船原館は、船原川のせせらぎが聞こえ、天城の山々に囲まれた素敵な場所にあります。









船原館

〒410-3216
静岡県伊豆市上船原518-1
TEL 0558(87)0463

※たち湯は貸切風呂可。





izu_onsen at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆かかりつけ湯 | 伊豆の温泉
記事検索
人気ブログランキング
livedoor 天気
[PR]
美容・健康
J-CASTニュース