伊豆で爆笑ダイビングライセンス格安取得!関東/首都圏のスキューバスクール

元予備校講師の分かりやすい指導力で13年で3200名様以上の認定と2年連続お客様リピート率日本一に表彰されたダイビングスクールです。あなたの毎日を夏やすみにします!

2015年02月

ライセンスコースに5名様登場!常連様よりご紹介いただいたご夫妻と、ネットの海からFNKYを見つけてくださった3名様。これだけダイビングスクールがある中、ご紹介いただいたり選んでいただいたりというのは、本当にありがたいこと。しかも2月ですよ。ミッドウィンターですよ ...

沖縄と双璧となす日本での人気ダイビングエリア、伊豆。沖縄で働いてたときもそうでしたが、地元の人ってあんまり潜らないんですよね。そんな中、去年から地元の方がダイビング練習に励んでくださっています。海洋公園でコブダイ狙いです。人懐っこいですね。これが見られる ...

個人的にバックフロートタイプのBCが好みです。でも既存の選択肢だとちょいっと高価だったり、廉価でも僕の使用頻度では1年で壊れてしまったり、排気しづらかったり、バランスとるのに(特に水面)コツが必要だったりと、なかなかお客様にオススメしづらいものばかりでした。 ...

シパダンといえばカメ!カメといえばシパダン!というくらいカメが多いシパダン。1匹見たら周りに7匹いると思え。というG理論が適用されます。バビーンと泳ぎ去っちゃうのが普通ですが、ここのカメは人間を本当に怖がらずサービス精神旺盛。皆さんとの記念撮影にも入ってもら ...

潜る、食べる、撮る、寝る、騒ぐ、笑う、ボーッとする、仕事辞めること考える、潜る、食べる、撮る、寝る、騒ぐ、笑う、ボーッとする、仕事辞めること考える、潜る、食べる、撮る、寝る、騒ぐ、笑う、ボーッとする、仕事辞めること考える、潜る、食べる、撮る、寝る、騒ぐ、 ...

まだまだシパダン行きます。正しい南の島という感じの画像からスタートします。日本が冬だからというのもありますが、鮮やかで素晴らしいですね。そして南の島のヒットマンと、南の島の新婚二人。いろんなコントラストが素晴らしいですね。上陸シーンです。サンゴの上を飛ぶ ...

スラマッパギ。マレーシアはイスラムが 国教。闇夜の向こうからスピーカーに乗って聞こえてくるコーランの聖唱で起こされます。いよいよ早朝ダイビング、ボート出発時刻5:30AM。本気な海好きのためのプランです。あくびと、ビーサンのペッタンペッタン音だけが響く、まだ暗 ...

どうして毎年ココに潜りにくるのか?いろんな理由があるんですが、特筆すべきことは「いっぱい潜れる」から。体調さえよければ、早朝、午前2本、午後1本、サンセット、ナイトと1日に6ダイブも狙える「無制限ダイブ」がこのエリアの売り。経験本数も一気に増えて、レベル ...

まずはチェックダイブです。ウェイト足りるかな?とか、長時間移動で体調どうかな?耳抜けっかな?とかセルフチェックする場でもあり、現地ガイドが「この人どれくらい潜れる人なんだろう?」とチェックする場でもあります。わくわくとドキドキの1ダイブなのです。サクッと ...

今回も利用するのはボルネオダイバーズ。シパダンを開拓した老舗中の老舗。スタッフに日本人はいませんが、ここまで利用しているとみんな顔なじみなので、アットホームな雰囲気で島の雰囲気を楽しむことが出来ます。今回は3名もリピーター様がいらっしゃいましたが、「名前 ...

トリップから戻って、すぐにライセンスコースとダイブマスターコースの連打で、ようやく落ち着くことが出来ました。画像も整理できたことですし、一気に報告と行きましょう。最近トリップレポをサボり気味なので、きっちり行きますよ。このボルネオトリップ、この10年毎年欠 ...

(ボルネオトリップから帰ってまいりました、頂いたメールやFBメッセージは時系列順にご返信しておりますので、今しばらくお待ちください。)2月というのは世間的にも、北半球的にも、皮膚体感温度的にも冬ですよね。でも、今年はなんか違う。例年よりライセンスコースのお申 ...

(ボルネオトリップから帰ってまいりました、頂いたメールやFBメッセージは時系列順にご返信しておりますので、今しばらくお待ちください。)ナライ(北東風)が吹き始めました。東風をコチ、とか南風をハエ、とか全国的に見ると風向きの呼び名には2000通りほどあるそうです ...

(ボルネオトリップから帰ってまいりました、頂いたメールやFBメッセージは時系列順にご返信しておりますので、今しばらくお待ちください。)トリップ中にあげたかったんですが、えへら笑しかでないほど電波が重くて断念しましたトリップ前の海報告です。海洋公園貸切の図。 ...

僕たち勉強大好き!ダイブマスターになるためには、そこそこの学科的知識が必要なのです!「そこそこ」がどのくらいのレベルかは、黒板画像を拡大してみてください。救急法の練習。実際事故を目の当たりにしたら、きっと体動きません。こんなことやらなくてもいいように、予 ...

ダイブマスターコースでした。ちょっと波荒かったけど、突っ込んじゃいました。ダイブマスターコースだから。みんなで計画立てたら、どんどん好きなように潜っていっちゃいます。あの海洋公園が自分の庭みたいに感じてもらえたら最高です。このあと、学科でこってり。バレン ...

【2年連続日本一、ありがとうございます!】ダイビング指導団体SSIの全国総会において、お客様一人あたりのスキルアップコース参加回数の多さで競う「お客様リピート率」部門で、僕たちファンキーハウスが、昨年に引き続き全国1位の表彰をいただきました!「上手くなろうと ...

↑このページのトップヘ