伊豆で爆笑ダイビングライセンス格安取得!関東/首都圏のスキューバスクール

元予備校講師の分かりやすい指導力で13年で3200名様以上の認定と2年連続お客様リピート率日本一に表彰されたダイビングスクールです。あなたの毎日を夏やすみにします!

カテゴリ:潜る世界遺産!知床羅臼

城ケ崎の沖に流氷来てないかなぁとか、毎朝天気サイト見るついでに流氷情報を見ちゃってたりとか、まだ頭の中が羅臼になってるイケダです。さて今回のトリップの最後の報告を。2日目のエントリーは、さらに氷に阻まれる感じに!沖まで抜けらるルートを探して氷を乗り越えたり ...

羅臼の海中シーンをどんどんご紹介しましょう!まずは何度トライしてもなかなかうまく撮れないクリオネから。流氷下にいるって知識として知ってても、目の当たりにすると興奮します。ちなみに去年新種認定された「ダルマハダカカメガイ」も今回初めて見ることができたのです ...

流氷ダイビングをするために知床は羅臼にやってきました。ここ最近はプライベートでも潜りにきているくらいにドハマりの羅臼ですが、季節が変わると見られる光景がガラッと変わるのも魅力の一つ。今回は総勢6名で女満別空港から乗り込んだのでした。途中の美幌峠で。眼下に広 ...

お久しぶりのイケダです。月初のことなんですがまた下見で羅臼に行って来ました。何でしょうね、このワクワク感。ダイビング始めたばかりの頃を思い出します。「あぁ、うちのお客様はこんな気分で海に来ていただいているんだろうな」と感じつつ、どこまでも真っ直ぐな白い道 ...

うっすら積もった雪道を走ります。自分の中で高まる好奇心を抑えられず、道中、関さんにも青柳さんにも質問ばかりしてしまいましたが、嫌な顔一つせずに全部答えてくれる優しさ。全部白鳥!「白鳥って水辺限定でいるもんだとばかり思ってました」「今時期は畑にいたりもしま ...

女満別空港から羅臼に向かう前の「メルヘンの丘」。男二人で。2年ぶりに行くことができた中標津の焼肉屋さん。ジンギスをカンしてやりましたよ!シメのラーメンまで食べてしまった。が、正直な醤油ラーメン。後悔しない旨さ。今夏、台風上陸が多かった北海道。羅臼も大きな ...

P { margin-bottom: 0.21cm; }そもそも北海道知床半島の南岸にある羅臼町に初めて訪れたのは、流氷ダイビングをするためでした。 そこで味わった流氷の造形、海の妖精として有名なクリオネ、豊富なダンゴウオの仲間、オオカミウオ、巨大なミズダコ、タラバガニ ...

流氷ダイビングでは、水温は−1度になります。水温だけだと北極南極と同じです。当然僕は大人ですから、毎年新兵器を導入して、ホカホカ&ヌクヌクで行くのです。で、今回はZERO社のドライスーツを作りました。ZEROって言ったら、ウェットも作ってるけど、ドライスーツ専門み ...

今回の羅臼、最後の報告です。3月の他の報告も滞ってますしね、お待たせしてすみません。しかも、これ、トランスファー待ちのマニラ空港で書いてますし。 さぁ、羅臼のアイドル、ナメダンゴ! 親指の爪くらいの大きさ。笑ってる! 凛々しい!きりっ! ...

北海道と言ったら海鮮グルメですよ! 毎回お世話になる民宿は、質・量ともにごはんがすごい! いきなりひとり1ハイの毛ガニ! ヒロシ先生の顔もカニっぽい!   Tさん「僕はカニの関節を極めて引きちぎる時の音がたまらないんですよぉ(想像)」 ...

氷点下の海中は、意外と色鮮やか。潜降するとオレンジが眩しいヒダベリイソギンチャクが満開に迎えてくれます。頭上を見上げるとキタユウレイクラゲが。「でかいクラゲがみたい!」と言っていたGさんが大喜び。抱卵するオニカジカ。カジカの仲間は目が吸い込まれるように綺麗 ...

流氷の天使といえば、クリオネですよね。「クリオネみれんの?」とよく聞かれますが、今回は大当たりでした。目の前を5匹まとめて通過した時は、ほんと絶叫しすぎてエア食いました。ちっこいのがゆらゆらしているのを、コンデジで撮るのには限界があるのです。しかしその限界 ...

さていよいよダイビングです!今回のメンバーは流氷リピーター。この時期の水温は、マイナス1度。それを既に経験しているツワモノどもの皆さんです。マイナス1度って、水温だけで言ったら北極とか南極とかと同じですからね。「また行きたい!」って気持になる海だということ ...

知床は2005年7月世界自然遺産に登録。海岸線から約3km沖までが登録地域という日本で初めて海洋を含む自然遺産登録物件だそうです。今回、個人的な陸のベストショットはコレです。向こうに浮かんでいるのは国後島。北方領土、その距離わずか25km。「いちばんはしっこ」に来た ...

羅臼の朝、早起きして日の出を見に行きました。港の中には、まだ流氷がたまっていました。凍てつく空気の中、と言いたいところですが、さほど寒くありません。心地よいくらいの張りつめた冷気です。仕事柄、海を見慣れてるつもりですが、とても新鮮な光景。見ていてぜんぜん ...

お待たせいたしました、いよいよ海中です!まずは氷の妖精クリオネでしょう!すごく小さくてさらにユラユラしてるので、なかなか上手く撮れないのですが、奇跡的にキン肉マン的な位置に納まってくれた一枚を!ちなみにこのKさん。伊豆以外で初めて潜ったのがこの羅臼!未だに ...

ゆけどもゆけども、羅臼は雪なのでした。これから我々は、スノボでもスキーでも犬ぞりでもなく、ダイビングをするのであります。アムール川の氷が南下し、国後島に跳ねっ返り、羅臼に溜まる。そんな流氷の下に潜ってあんなものやこんなもの、え?そんなものまで?いやーんば ...

北海道の旅、ということで期待したいのがごはん。今回のお宿は特にごはんがすごかった!カニ〜!カニ〜!カニ〜!食べきれないほどのカニ〜!本当にお腹いっぱいで食べきれませんでした!お刺身!特大ホッケ!ホタテの味噌汁!さすが北海道内でも屈指の漁獲量と水揚げされる ...

今年も行ってきました北海道!この冬羅臼に連続して迫り来る2つ玉の爆弾低気圧。年を越してから毎日天気図みてはヤキモキ。流氷予報みてはヤキモキ。大雪で飛行機も欠航、道路も封鎖。いけるのかどうか本当にドキドキしましたが、まずは無事に中標津空港に着くことができまし ...

こちらも大変お待たせ致しました。 潜る世界遺産シリーズ、北海道知床羅臼での流氷ダイビングトリップのムービーです! 僕は前日まで気温30度、水温29度のマレーシアにいて、 その翌日には、気温水温とも氷点下という「誰がこのスケジュール決めたんだ!」という過激日 ...

↑このページのトップヘ