izugeopark

いずじお Blog

伊豆半島ジオパーク推進協議会事務局 公式ブログ。 ジオパークは伊豆の再発見の旅!伊豆半島の魅力を発信します。

1 Jul

2014伊豆半島ジオ検定3級が始まりました

だんだん暑い日が増えてきて、夏が近づいてきた感じがする今日この頃です。

さて、毎年夏ころに行っています「伊豆半島ジオ検定」、今年もはじまりました

検定3級は、自宅でインターネットや書籍などを使いながら解答するタイプの検定です。
締切は9月1日(必着)ですので、2か月間、夏休みなんかを使いながらぜひ受検してみてください。
調べればわりと簡単にわかりますが、調べないとなかなかわからない、という感じの難易度を目指しています。

詳しくは↓のwebサイトをご覧ください。
http://izugeopark.org/geokentei2014_3/

問題と解答用紙は、上記webサイトと、伊豆半島ジオパーク推進協議会事務局や各市町の担当部署のカウンターで入手できます。
もし品切れになっているようでしたら、職員にお声かけください。

2014 伊豆半島ジオ検定3級

合格された方のうち、希望される方には名前入りのかっこいいカード型合格証が発行されます(すみません、実費として980円をお願いしています)。
↓の写真はおととしのカードです。裏面のデザインは毎年変わっていますのでお楽しみに。

ジオ検定合格証

なお、↑のカードの後ろに置いてある石は、今年の検定のQ24「伊豆市の筏場新田では軽石質の溶岩が大量の水を保水し豊富な湧水が出ます。この湧水を利用した作物は?」の中の「軽石質の溶岩」です。
この溶岩は、約3200年前の「カワゴ平」の噴火で流れ出したものなのです。
(あれ?これってヒントになっちゃってないですよね・・?)

------------

どんな問題が出るの?
 これまでの問題からいくつかご紹介します。
伊豆半島が乗っているプレートの移動速度は?(2012年のQ9)
 A 1cm/年 
 B  4cm/年 
 C 10cm/年 
 D 100cm/年
 というような、でっかいお話から、
東伊豆町の山中にあるモリアオガエルで有名な「シラヌタの池」の成り立ちと最も関係の深いものは? (2013年のQ30)
 A 落雷
 B  地すべり 
 C 地下水の噴出 
 D 源頼朝の旗揚げ 
 みたいなローカルな大地のなりたちまで、さらに、
アニメ「夏色キセキ」に登場するジオサイトとして正しいものは? (2012年のQ43)
 A 戸田 
 B 下田港
 C 伊豆長岡 
 D 下賀茂温泉 
 のような時事(というかちょっと話題のトピック)まで、いろんな問題でできています。 
 
21 Jan

「伊豆半島ジオパークの目指す未来の姿を考えるセッション」 を開催しました。

1月17日(金)から19日(日)に亘って下田市・伊豆市・伊東市にてワークショップが開催されました。
各日30名程度の方が参加し、三日間でのべ90名近くの方が参加されました。

高校生から70歳以上と様々な年齢の方に参加していただきました。

当日の主な内容

①専任研究員の話
②グループワーク:伊豆半島ジオパークの可能性を考える
③グループワーク:伊豆半島ジオパークの目指す未来を考える
④グループワーク:伊豆半島ジオパークの目指す未来に向けての取り組みを考える

⑤グループごとに発表

みなさん真剣に議論していました。
discussion
@下田


休憩中には、ジオガシが登場。
geo_gashi

どのチームも伊豆半島ジオパークのあるべき姿、そこに至るまでの取り組みをうまくまとめていました。
presentation


ワークショップで話し合われた内容は、今後作成する伊豆半島ジオ
パークの基本計画に取り入れる予定です。


ご参加いただいたみなさま、ご協力ありがとうございました。



24 Dec

伊豆半島ジオパーク 天城ビジターセンターにでっかい赤色立体地図が登場!

暖かい伊豆ですが、山の方では冬支度が始まっています。
伊豆の最高峰がある天城連山では11月の中ごろに初雪もありました

伊豆半島ジオパーク 天城ビジターセンター地図)はそんな天城山の懐、伊豆の踊子も通った下田街道(国道414号)沿いにあります。
このビジターセンターに、とても大きな地図が登場しました!
静岡大学のキャンパスミュージアム企画展で展示していた地図が伊豆に帰ってきたのです。

DSC_6017_adj

午前中いっぱいかけて設置した地図のうえにのって、早速ガイドさんが、東京からいらしたお客さんに伊豆半島のカタチを紹介しました。

この地図、変わった色をしていますが、赤色立体地図、という特殊な手法で作られた地形図で、地形のとても詳しい様子が誰にでも一目でわかります。大きな山や川の様子から、わさび沢の1枚1枚までわかっちゃいます
最近、JAXAの月周回衛星「かぐや」が取得した月の地形データから作られた赤色立体地図が公表されて、思いがけない月の姿が話題にもなりましたね。

伊豆半島の赤色立体地図は、国土交通省の沼津河川国道事務所からお借りしたもので、南北約5m、東西約3.5mサイズです。

DSC_6029_adj

ビジターセンターのガイドさんたちも夢中です
この地図を眺めていると、どうしても詳しく見たくなってしまいますので、しゃがんで地図を見ることができるように、靴を脱いであがっていただくようになっています。
地図を見て不思議だな、ここに行ってみたいなと思った方は、↑の写真に写っているガイドさん達にいろいろ聞いてみてくださいねー。

DSC_6039_adjDSC_6037_adj

地図は、昭和の森会館内のビジターセンターの奥の方にあります。
「天城ビジターセンター」の案内の方ではなく、会館に入って左手の方にある「ジオサイト紹介コーナー」の方を見に行ってみてください。

DSC_6025_adj伊豆総合高校コーナーもある場所です。

12月28日~1月3日は、ビジターセンターのスタッフさんはお休みですが、センター内の展示や地図は見られるようになっています。開館時間は8:30~16:30です。

今年の冬休みはちょっと長く、5日までありますので、せっかくですからガイドさん達がいる4日・5日に寄ってみると伊豆の楽しさ不思議さをいろいろ案内してくれると思いますよ



Search
QR code
QRコード
  • ライブドアブログ