【伊達家の場合】

人生はファッション!京都:嵯峨で人生もリメイク

【人生はファッション!】
・妻:パッチワーク暦28年。高槻・静岡で教室主催。
・夫:オトコならではの思い切ったリメイク。
・趣味:街歩き、ファッション探訪。音楽はRock、Jazzなど。
***  ブログ内容は【無断転載禁止】です。  ***

議事録を受け取った

 さて、今年の総会で、最優先で確認をとっておきたかった国交省の標準管理規約【29条】の件は、指摘させていただいた数字も含めて、きちんと記載されていました。 当件は、

(1)  受講したマンション管理セミナーにおいて、
駐車場使用料を積立金にせず、管理費として他の使途に流用していたことで、様々な問題が出た事例が紹介されました。 
(2)  また、専門家の記事でも指摘されています。 

 そこで、我がマンションは大丈夫かと質問させていただいたのですが、理事会として問題無しとの結論であり、今後とも、モメることは無いはずです。 お金に係る事案は、国会でモメている年金問題同様、事前に言質をいただき、正確に議事録に記載しておくことが重要です。 私たち管理組合は、国交省のガイドを放置せず、検討し結論を出したということです。 
 事が起こってからでは遅いので、これで目的は達せられました。

参考:国交省のガイド、マンション標準管理規約、第29条【使用料】
 『  駐車場使用料その他の敷地及び共用部分等に係る使用料(以下「使用料」という。)は、それらの管理に要する費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てる。 コメント:機械式駐車場を有する場合は、その維持及び修繕に多額の費用を要することから、管理費及び修繕積立金とは区分して経理することもできる。 』 
人気ブログランキングへ
ゴルゴありがとう

総会、その他オマケ

 オマケで「トユの雨溜まり」「シート剥がれ」「植木垣」だが、仔細は不明なので、総会の際、うかがった結論だけを議事録として残しておきます。

1. 「トユの雨溜まり」; トユの落ち葉などのゴミについては竣工以来、9年間、点検も掃除もせず放置のままで、管理会社は対応不能、ギブアップらしい。 
2. 「シート剥がれ」; 理事会から「これはヒドイ、さすがに汚い。」 との感想をいただいた。 解決は大規模修繕時期かな?持ち越し。 お願いした転倒防止に対しては、管理会社からはコメントすら無かったようだ。
3. 「垣根の植替え」; 具体的な議論は行われず、来期の理事会に持ち越し。  
 予算措置は行われたが、原資は管理費余剰金、つまり駐車場使用料金か?  あるいは、修繕積立金の切り崩しか?  何からの流用かは不明であった。 

 国交省の標準管理規約【29条】は、きちんと数字まで示しながら、質問させていただいた。 管理会社のICレコーダーで録音されているので、議事録に記載されるだろう。(もちろん、議事録の下書きに管理会社が記載する場合だが、、、)(以上、2019総会覚え書:完)
 総会で「大規模修繕」の言葉が出た。 時期、価格、品質など専門家の記事は豊富にある。 次回から、考えてみたいと思います。 
人気ブログランキングへ  
ゴルゴ状況は理解した

総会と国交省のガイド

 さて、国交省のガイド、マンション標準管理規約、第29条【使用料】についての見識、決断と書いたが、私の考え方を書いておきます。
 まず、国交省のガイドの意味は、心配であれば、、、である。 つまり、判断は各管理組合にゆだねられる。 そして、管理組合が話し合うことをうながしている。 
 
政治家の問答にあるような仮定の議論では無い。 住人が冷静に必要な費用を試算してみること。 その試算に基づき、積立金の規模を予見し、設定しておくことです
 
 たとえば、駐車場使用料金の70%は修繕積立金とし、30%の上限を設定して管理費口とする。 これは私の発案でも何でも無い。 現に、多くのマンション管理組合がリスク管理として実施している。 なかには管理会社から提案されて、管理費と積立金の考え方を学習したマンションもあるそうだ。 国交省のガイドだから検討するのでは無い。
 リスク管理について、みんなで話し合い、住人の共有財産を大切に使うことでしょう。
国交省の気遣いの裏は自己責任なのです。  
人気ブログランキングへ
ゴルゴ話を続けて

総会終了!

 総会が終わった。 今回は議案も少なく、一点に絞って、お伺いをたてた。 
 マンションには機械式駐車場が複数設置され、重い電動扉がある。 世間では「金食い虫」と言われ、 国交省のガイド、マンション標準管理規約、第29条【使用料】には、
 『  駐車場使用料その他の敷地及び共用部分等に係る使用料(以下「使用料」という。)は、それらの管理に要する費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てる。 コメント:機械式駐車場を有する場合は、その維持及び修繕に多額の費用を要することから、管理費及び修繕積立金とは区分して経理することもできる。 』 となっている。 国交省の見解は心配なら、区分しなさいとの警鐘らしいことを紹介した。 

 そこで、万が一故障の際は大丈夫かと管理会社に確認させていただが、管理会社の返答を待たず、理事長からペイしているので問題無しと、力強く太鼓判が押された。 国交省ガイドにはふれられず、 他住人からの意見も無かった。 (以上、議事録)

 機械式駐車場使用料の取扱は、巷で問題となっていることが多く、当マンションでも全額管理費に組みこまれていて、気になっていた。 よって、この日は、国交省:マンション標準管理規約に関して、みなさんの意見を聞きたいと思っていたが、理事長の大きな一声で心配が後ずさりした。 国交省のガイド通りでは無いが、管理費も修繕費も心配におよばずという結論であった。 これは、これで見識であり、決断である。 
人気ブログランキングへ
0113コミュニティー

総会が近い(5)

 総会が迫って来たので、疑問に思うことを整理している。 理事長をしていた時には、どんな質問があるだろうか?を考えていた。 理事長を辞した時に思ったが、管理組合員としてこれからのマンション管理を学習するほうが良い。(つづく)人気ブログランキングへ
0909小ザル何が大切か
プロフィール

Patch

アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ