東映ヒーローMAX Vol.27 (タツミムック)

詳細ページへ

東映ヒーローMAX Vol.27 (タツミムック)

『特別企画:東映スーパー忍者ヒストリー』や、伴大介、「パワーレンジャー」スタントマン、インタビューが面白い。
恒例,テレビシリーズ『仮面ライダーキバ』『炎神戦隊ゴーオンジャー』と,10月4日公開『劇場版 仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』は十分に巻頭特集。そして、今回は「特別企画:東映スーパー忍者ヒストリー」と銘打って東映忍者ヒーローの歴史を、忍者映画などのルーツからひも解く。毎回、このような、同人誌的な切り口が面白い。映画「隠密剣士」、「忍者部隊月光」「忍者ハットリくん」「〜+忍者怪獣ジッポウ」(セーラー服の松坂慶子、若い!)、「仮面の忍者赤影」「変身忍者嵐」「忍者キャプター」「宇宙からのメッセージ銀河大戦」「カクレンジャー」「ハリケンジャー」などなど、忍者ヒーローの歴史を解説。「忍者キャプター」主演、キカイダー、イナズマンの伴大介(当時、伴直弥)インタビュー。(モノクロ,1P)最近では映画「リング」シリーズの伊熊平八郎博士を担当。これに合わせて「東映ヒーローミュージアム」は「世界忍者戦ジライヤ」をフューチャーしてます。(カラー6P,モノクロ11P)他には、ついに16シーズンを数える「パワーレンジャー」シリーズ。(日本のスーパー戦隊の特撮アクションシーンに、アメリカ人俳優の新撮ドラマ部分を追加・編集したアメリカ版戦隊ドラマ,アメリカFOX放送)スタントマン6人のインタビューと16年のあゆみを掲載(カラー2P)。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数