2009年08月09日

あなたの生きてゆく力はどこからくるの?

第二列王記6:1~7

預言者のともがらがエリシャに、「ご覧のとおり、私たちがあなたといっしょに住んでいるこの場所は狭くなりましたので、ヨルダン川に行きましょう。そこからめいめい一本ずつ材木を切り出して、そこに、私たちの住む所を作りましょう」と言うと、エリシャは、「行きなさい」と言った。すると、そのひとりが、「あなたもどうか、思い切ってしもべたちといっしょに行ってください」と言ったので、エリシャは、「では、私も行こう」と言って、彼らといっしょに出かけた。彼らは、ヨルダン川に着くと、木を切り倒した。1人が材木を倒しているとき、斧の頭を水の中に落としてしまった。彼は叫んで言った。「ああ、わが主。あれは借り物です。」神の人は言った。「どこに落としたのか。」彼がその場所を示すと、エリシャは一本の枝を切って、そこに投げ込み、斧の頭を浮かばせた。彼が、「それを拾い上げなさい」と言ったので、その人は手を伸ばして、それを取り上げた。


人には、様々な人生設計があると思います。自分たちの住んでいる場所が狭くなってきたので、もっと大きいものを建てようという人生設計です。借りてきた斧で、木を切り倒していたとき、斧の頭が川の中に落ちてしまったというハプニングです。斧の頭は、生きる力を象徴しています。失った斧の頭を一本の枝によって取り戻しました。この枝は、キリストの十字架の御姿を象徴しています。場所が狭くなったというのは、生きづらく感じている人の心を表しています。赦せない、愛せない、と息苦しく感じるとき、主が私を赦してくださったのだから、私も赦します、愛します、と不思議に心穏やかになってきます。
人気ブログランキング


izumichurch at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 列王記 第二 

2009年08月02日

あなたを大切に思っていてくださるお方

ヨハネ6:1~13

その後、イエスはガリラヤの湖、すなわち、テベリヤの湖の向こう岸へ行かれた。大ぜいの人の群れがイエスにつき従っていた。それはイエスが病人たちになさっていたしるしを見たからである。イエスは山に登り、弟子たちとともにそこにすわられた。さて、ユダヤ人の祭りである過越が間近になっていた。イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。ピリポはイエスに答えた。「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでは足りません。」弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」イエスは言われた。「人々をすわらせなさい。」その場所には草が多かった。そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」彼らは集めてみた。すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。

この出来事は、4福音書全てに記されています。よほど神は、この出来事を通して大切なことを教えたいようです。「あなたのことを大切に思ってくださるお方」の第一は、主は、喜んであなたを迎えられるということです。

ルカ9:11

ところが、多くの群衆がこれを知って、ついて来た。それで、イエスは喜んで彼らを迎え、神の国のことを話し、また、いやしの必要な人たちをおいやしになった。

イエス様の元に来た人々は、みなわずらわしい問題を抱えてそれを解決してほしいと思ってやってきていたわけです。それらの人々を皆喜んで迎えられました。第二は、あなたがひもじい思いをしないように思い図ってくださるということです。このひもじさは、腹が減るひもじさと心が病む辛さのことです。主は、両方の飢えを満たして、生き生きとした人生に変えてくださいました。
人気ブログランキング


izumichurch at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヨハネの福音書 

2009年07月30日

イエスを仰ぎ見るべし

ヘブル12:2

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。


私たちの罪深い行為は、全て心の表れであります。もし、私たちが本当にきよい生活をし、思いやり深い人になりたいという渇きがあるなら、きよい生涯、愛の生涯を全うされたキリストを常に、心の目で見つめておくことだと思います。そのときに、聖霊の働きによって、栄光から栄光へと、キリストの形まで変えられてゆきます。

〈ちょっと一言〉

心が怠け者の人は、伸びない。いつも楽な方へ流れてゆくからである。反対に、心が注意深い人は、成長して立派な働きをする人になれる。
人気ブログランキング


izumichurch at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘブル人への手紙 

2009年07月26日

電信柱に花が咲く

マルコ11:12~14

翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる季節ではなかったからである。イエスは、その木に向かって言われた。「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように。」弟子たちはこれを聞いていた。

マルコ11:20~23

朝早く、通りがかりに見ると、いちじくの木が根まで枯れていた。ペテロは思い出して、イエスに言った。「先生。ご覧なさい。あなたののろわれたいちじくの木が枯れました。」イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。

人は、自分を変えられるでしょうか?あるいは、変わってほしいと思うその人を変えることができるでしょうか?それは、無理です。けれど、私たちを造られたお方は、私たちを変えることがおできになります。そこに、希望があります。主は、イチジクの木を枯らすことによって、そのことを教えようとされました。根っこまで枯らすことのおできになる方は、根っこまで枯れている人を生き返らせることがおできになります。死んで4日もたっているラザロを生き返らせることができたイエスは、あなたを、あなたの願っているその人を良きに変えることができます。ただ、主は私たちに「信じるか!?」と問われているのです。神を信じることが神の恵みの世界を体験できる鍵です。
人気ブログランキング


izumichurch at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マルコの福音書 

2009年07月19日

涙を越えて

詩篇121

私は山に向かって目を上げる。
私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
主はあなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、
まどろむこともなく、眠ることもない。

主は、あなたを守る方。
主は、あなたの右の手をおおう陰。
昼も、日が、あなたを打つことがなく、
夜も、月が、あなたを打つことがない。
主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、
あなたのいのちを守られる。
主は、あなたを、行くにも帰るにも、
今よりとこしえまでも守られる。

 
私たちの人生には、嵐が吹くときがあります。辛い涙の谷を通るときがあります。しかし、恐れないでください。愛に満ちた神が、困難とともに、困難を乗り越える力を与えてくださるからです。私たちの助けは、天と地を造られた神から必ず来ます。神は、困難を通して三つのことを教えてくださいます。

(1)この世のものは、みな過ぎてゆく一時的なものです。だから、永遠に続く天国を慕いなさい、ということです。

(2)その困難によって、私たちの品性が培われてゆき、豊かな稔りある人生につながってゆけるということです。

(3)その苦しみを通して、神が身近になってくるということです。
人気ブログランキング


izumichurch at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 詩篇 

2009年07月13日

心うきうきハッピー

ヨハネ4:3~30

主はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれた。 しかし、サマリヤを通って行かなければならなかった。それで主は、ヤコブがその子ヨセフに与えた地所に近いスカルというサマリヤの町に来られた。そこにはヤコブの井戸があった。イエスは旅の疲れで、井戸のかたわらに腰をおろしておられた。時は六時ごろであった。ひとりのサマリヤの女が水をくみに来た。イエスは「わたしに水を飲ませてください」と言われた。弟子たちは食物を買いに、町へ出かけていた。そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」―ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかったからである― イエスは答えて言われた。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなたに水を飲ませてくれと言う者がだれであるかを知っていたなら、あなたのほうでその人に求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたことでしょう。」彼女は言った。「先生。あなたはくむ物を持っておいでにはならず、この井戸は深いのです。その生ける水をどこから手にお入れになるのですか。あなたは、私たちの父ヤコブよりも偉いのでしょうか。ヤコブは私たちにこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んだのです。」イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」女はイエスに言った。「先生。私が渇くことがなく、もうここまでくみに来なくてもよいように、その水を私に下さい。」 イエスは彼女に言われた。「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」女は答えて言った。「私には夫はありません。」イエスは言われた。「私には夫がないというのは、もっともです。あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。」女は言った。「先生。あなたは預言者だと思います。私たちの父祖たちはこの山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムだと言われます。」イエスは彼女に言われた。「わたしの言うことを信じなさい。あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。救いはユダヤ人から出るのですから。わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」女はイエスに言った。「私は、キリストと呼ばれるメシヤの来られることを知っています。その方が来られるときには、いっさいのことを私たちに知らせてくださるでしょう。」イエスは言われた。「あなたと話しているこのわたしがそれです。」
このとき、弟子たちが帰って来て、イエスが女の人と話しておられるのを不思議に思った。しかし、だれも、「何を彼女と話しておられるのですか」とも、「なぜ彼女と話しておられるのですか」とも言わなかった。女は、自分の水がめを置いて町へ行き、人々に言った。 「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」そこで、彼らは町を出て、イエスのほうへやって来た。


心うきうきハッピーの気持ちになったのは、ひとりの女性がイエス様と出会った結果です。イエス様と出会う前の彼女の心は、心どんよりメランコリーでした。それは、無理もないことで、いい人生を送りたいと頑張って生きてきましたが、失敗ばかり、失望ばかり、挫折の連続でした。彼女が外側ばかり見つめて生きてきた結果です。主イエスは、人を真に幸せにするのは、外側を見つめないで、内側に永遠の命の泉を持つことだよ、と諭されました。メシヤである私が来たのは、汲めども尽きない喜びの泉、平安の泉を与えるためだと語られ、そのことを受け入れた彼女は、新しく生まれ変わったのです。あなたも、イエスを受け入れてみませんか?
人気ブログランキング


izumichurch at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヨハネの福音書 

2009年07月09日

悩んでいるあなたへ

第二列王記5:1~14

アラムの王の将軍ナアマンは、その主君に重んじられ、尊敬されていた。主がかつて彼によってアラムに勝利を得させられたからである。この人は勇士で、ツァラアトに冒されていた。アラムはかつて略奪に出たとき、イスラエルの地から、ひとりの若い娘を捕らえて来ていた。彼女はナアマンの妻に仕えていたが、その女主人に言った。「もし、ご主人さまがサマリヤにいる預言者のところに行かれたら、きっと、あの方がご主人さまのツァラアトを直してくださるでしょうに。」それで、ナアマンはその主君のところに行き、イスラエルの地から来た娘がこれこれのことを言いました、と告げた。アラムの王は言った。「行って来なさい。私がイスラエルの王にあてて手紙を送ろう。」そこで、ナアマンは銀十タラントと、金六千シェケルと、晴れ着十着とを持って出かけた。彼はイスラエルの王あての次のような手紙を持って行った。「さて、この手紙があなたに届きましたら、実は家臣ナアマンをあなたのところに送りましたので、彼のツァラアトを直してくださいますように。」イスラエルの王はこの手紙を読むと、自分の服を引き裂いて言った。「私は殺したり、生かしたりすることのできる神であろうか。この人はこの男を送って、ツァラアトを直せと言う。しかし、考えてみなさい。彼は私に言いがかりをつけようとしているのだ。」
神の人エリシャは、イスラエルの王が服を引き裂いたことを聞くと、王のもとに人をやって言った。「あなたはどうして服を引き裂いたりなさるのですか。彼を私のところによこしてください。そうすれば、彼はイスラエルに預言者がいることを知るでしょう。」こうして、ナアマンは馬と戦車をもって来て、エリシャの家の入り口に立った。エリシャは、彼に使いをやって、言った。「ヨルダン川へ行って七たびあなたの身を洗いなさい。そうすれば、あなたのからだが元どおりになってきよくなります。」しかしナアマンは怒って去り、そして言った。「何ということだ。私は彼がきっと出て来て、立ち、彼の神、主の名を呼んで、この患部の上で彼の手を動かし、このツァラアトに冒された者を直してくれると思っていたのに。ダマスコの川、アマナやパルパルは、イスラエルのすべての川にまさっているではないか。これらの川で洗って、私がきよくなれないのだろうか。」こうして、彼は怒って帰途についた。そのとき、彼のしもべたちが近づいて彼に言った。「わが父よ。あの預言者が、もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい』と言っただけではありませんか。」そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。


頑張っても、頑張っても、人生どうにもならないときがありますし、真面目にコツコツ苦労を積み重ねてきても、思わぬことが起きて、その道がふさがってしまうときがあるものです。このところに登場するナアマンも、悩みの中にありました。何もかもそろっていても、ひとつの問題がある。それが大きな陰を落としていたのです。ナアマンが悩んでいることを、神が気にかけ、救いの道を用意されて、働きかけてくださいました。ナアマンは、だめでもともとと、ともかくも、一歩踏み出しました。その思いが救いの神の言葉に向いたとき、ナアマンは救われ、平安と喜びを持つに至ったのです。あなたを造られた御神は、あなたの人生に将来と希望と平安を与えてくださいます。
人気ブログランキング


izumichurch at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 列王記 第二 

2009年06月28日

ただ、お言葉をください

ルカ:7:6〜7

イエスは、彼らといっしょに行かれた。そして、百人隊長の家からあまり遠くない所に来られたとき、百人隊長は友人たちを使いに出して、イエスに伝えた。「主よ。わざわざおいでくださいませんように。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。ですから、私のほうから伺うことさえ失礼と存じました。ただ、おことばをいただかせてください。そうすれば、私のしもべは必ずいやされます。


神は人と違って、言われたことは必ず守ってくださる真実な方です。そして、私たちに最善のことを、その時その時してくださいますから、神の言葉に信頼して従ってゆきましょう。また、召しと祝福とはついてくるものですから、神は私たちを祝福しようと召してくださるのですね。

〈ちょっと一言〉

箴言20:30

傷つくまでに打てば、悪い所は清くなり、むちで打てば、心の底までも清まる。

この言葉は、その人のことを思って、本気で叱ることが大切であることを教えています。私など、腹立ち紛れに感情で怒るので反感が残るのみ。叱るときは本気で、心を良くするために叱れ。
人気ブログランキング


izumichurch at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ルカの福音書 

2009年06月21日

あなたもイキイキした人になれる

詩篇52:8~9

しかし、この私は、
神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。
私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。

私は、とこしえまでも、あなたに感謝します。
あなたが、こうしてくださったのですから。
私はあなたの聖徒たちの前で、
いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。

ダビデは、ドエグという人物の悪意ある告げ口によって、窮地に陥りました。ダビデは、動揺しました。神との交わりの中で、オリーブの木を示され、力づけられたのです。オリーブの木のようにいつもイキイキした人になるために。

(1)どんな時にも神の恵みにより頼んで生きるということです。

詩篇52:1

なぜ、おまえは悪を誇るのか。勇士よ。
神の恵みは、いつも、あるのだ。

詩篇52:8

しかし、この私は、
神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。
私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。

(2)神に感謝して生活することを心がけていたということです。

詩篇52:9

私は、とこしえまでも、あなたに感謝します。
あなたが、こうしてくださったのですから。
私はあなたの聖徒たちの前で、
いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。

(3)どんな時にも神が働いてくださることを待ち望んで生活することです。

詩篇52:9

私はあなたの聖徒たちの前で、
いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。


ダビデは、この3つのことを心に留めて進んでいきましたから、この窮地を乗り越えてゆけました。
人気ブログランキング


izumichurch at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 詩篇 

2009年06月14日

世の光なるイエス

ヨハネ9:1~11

またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。わたしたちは、わたしを遣わした方のわざを、昼の間に行なわなければなりません。だれも働くことのできない夜が来ます。わたしが世にいる間、わたしは世の光です。」イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。「行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。近所の人たちや、前に彼がこじきをしていたのを見ていた人たちが言った。「これはすわって物ごいをしていた人ではないか。」ほかの人は、「これはその人だ」と言い、またほかの人は、「そうではない。ただその人に似ているだけだ」と言った。当人は、「私がその人です」と言った。そこで、彼らは言った。「それでは、あなたの目はどのようにしてあいたのですか。」彼は答えた。「イエスという方が、泥を作って、私の目に塗り、『シロアムの池に行って洗いなさい』と私に言われました。それで行って洗うと、見えるようになりました。」

エルサレム神殿の出入り口に座って物乞いをしていた生まれつきの盲人と主イエス様との出会いを通して、聖書は、いったい何を教えようとしているのでしょうか。

(1)主イエスは、あなたを見つめられているということです。この人の、言うに言えない悩みを、心の傷を見て、聞いて、良き人生に導くために来られたのです。

(2)あなたの人生には意味があるということです。

イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。

この人の存在が、多くの苦しんでいる人の望みとなりました。障害があるということが問題ではなく、神なき人生を送っているということが問題なのです。

(3)主イエス様こそ、私たちの暗さを照らす光です。たとえ、行く道が真っ暗で不安であったとしても、死んでよみがえられたキリストが共にいてくださったら、安心です。
人気ブログランキング


izumichurch at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヨハネの福音書