愛する者に残したいものこの愛届きましたか?

2009年12月21日

どうしても必要なことはわずかです

ルカ10:38~42

さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村に入られると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。」主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」

ベタニヤ村に、マルタ・マリヤ・ラザロという仲の良い兄弟が住んでいました。イエス様と12人のお弟子たちが訪ねた時の出来事です。マルタとマリヤは、主を喜ばせたいと料理をして待っていました。主が来られ、マリヤは、まず、聖書の話を聞くことを選び、マルタは、台所に行きました。そのうち、マルタは、自分だけが損をしているように思えてきて、主と妹に文句を言いました。そのとき、言われたことばが、「どうしても必要なことはわずかです。」 それは、

(1)優先順位を大切にしないと生活に混乱が起こるということ。

(2)生活の真ん中に、聖書をおくということ。なぜなら、みことばは、我らに命を与え、確信を与えてくれるからです。みことばを土台として生きるなら、苦難多き人生もクリアできます。


izumichurch at 21:38│Comments(0)TrackBack(0) ルカの福音書 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
愛する者に残したいものこの愛届きましたか?