2009年10月11日

人生の海の嵐にあう時

ルカ8:22~25

そのころのある日のこと、イエスは弟子たちといっしょに船に乗り、「さあ、湖の向こう岸へ渡ろう」と言われた。それで弟子たちは舟を出した。舟で渡っている間にイエスはぐっすり眠ってしまわれた。ところが突風が湖に吹きおろして来たので、弟子たちは水をかぶって危険になった。そこで、彼らは近寄ってイエスを起こし、「先生、先生。私たちはおぼれて死にそうです」と言った。イエスは、起き上がって、風と荒波とをしかりつけられた。すると風も波も収まり、なぎになった。イエスは彼らに、「あなたがたの信仰はどこにあるのです」と言われた。弟子たちは驚き恐れて互いに言った。「風も水も、お命じになれば従うとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」


私たちの人生に嵐が吹くときがあります。でも大丈夫です。すべてを支配されている主イエスが共におられるからです。そういうメッセージです。イエス様は、弟子たちに「さあ!向こう岸に行こう!」と言われました。向こう岸、つまり天国と受け止めてもいいと思います。私たちは、天国を目指して、人生という大海原にこぎだした舟人のようなものです。

(1)レッツゴー!と主が言われていることが安心のおおもとです。

(2) 突然の嵐にあったとき、ともかくも、主に「助けてください!」と叫ぶことです。主はその祈りに答えて、立ち上がって、嵐をしずめてくださいます。この主をどこまでも信頼してついてゆきましょう。


izumichurch at 22:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月30日

おきあがりこぼし

詩篇13

主よ。いつまでですか。
あなたは私を永久にお忘れになるのですか。
いつまで私は自分のたましいのうちで
思い計らなければならないのでしょう。
私の心には、一日中、悲しみがあります。
いつまで敵が私の上に、勝ちおごるのでしょう。

私に目を注ぎ、私に答えてください。
私の神、主よ。私の目を輝かせてください。
私が死の眠りにつかないように。
また私の敵が、「おれは彼に勝った」
と言わないように。
私がよろめいた、と言って私の仇が喜ばないように。

私はあなたの恵みに拠り頼みました。
私の心はあなたの救いを喜びます。
私は主に歌を歌います。
主が私を豊かにあしらわれたゆえ。


 人生の嵐が吹いても、クリスチャンには、主の恵みと救いが、常に重心としてあるので、おきあがりこぼしのように、倒されても、また起き上がるのですね。
 どんな場合にも、ダビデのように、主よ、私に目を注いでください!と祈りましょう。その時、嘆きは変わりて、歌となるのですから。

〈ちょっと一言〉

 悪意に取る人に、どんなに真実を尽くして語ったとしても空虚さしか残らないことが多い。そんなときの唯一の慰めは、「神はご存知だ」、「主は知っていてくださる」ということだと思う。
 ただ、私たちは、常に善意に受けとめてゆく心でありたいですね。
人気ブログランキング


izumichurch at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)