希望

2009年11月08日

あなたもやり直せる!

マルコ10:46~52

彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群集といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわっていた。ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている」と言った。すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。

ここに記されている、テマイの子、バルテマイ。はっきりと名前が記されています。つまり、この人の信仰の体験談が記されていると受け止めてもいいと思います。「かつて私は人生を悲観していたけれど、救い主イエスと出会って、今、喜びにあふれて生きられるようになりました。だから、どんな人でも、キリストによって、新しく希望に輝いて生きられるのです。」と言っています。その、希望へのステップの

(1)キリストの名を聞いて、その方に向かって叫んだということです。

ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。

(2)上着を脱ぎ捨てて、キリストにより頼んだということです。

すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。

これは、「二度と元の生活には戻らない、一生、キリストについてゆくのだ」という決意です。

(3)目が見えるようになることです。明確に信じています。


izumichurch at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月26日

電信柱に花が咲く

マルコ11:12~14

翌日、彼らがベタニヤを出たとき、イエスは空腹を覚えられた。葉の茂ったいちじくの木が遠くに見えたので、それに何かありはしないかと見に行かれたが、そこに来ると、葉のほかは何もないのに気づかれた。いちじくのなる季節ではなかったからである。イエスは、その木に向かって言われた。「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように。」弟子たちはこれを聞いていた。

マルコ11:20~23

朝早く、通りがかりに見ると、いちじくの木が根まで枯れていた。ペテロは思い出して、イエスに言った。「先生。ご覧なさい。あなたののろわれたいちじくの木が枯れました。」イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。

人は、自分を変えられるでしょうか?あるいは、変わってほしいと思うその人を変えることができるでしょうか?それは、無理です。けれど、私たちを造られたお方は、私たちを変えることがおできになります。そこに、希望があります。主は、イチジクの木を枯らすことによって、そのことを教えようとされました。根っこまで枯らすことのおできになる方は、根っこまで枯れている人を生き返らせることがおできになります。死んで4日もたっているラザロを生き返らせることができたイエスは、あなたを、あなたの願っているその人を良きに変えることができます。ただ、主は私たちに「信じるか!?」と問われているのです。神を信じることが神の恵みの世界を体験できる鍵です。
人気ブログランキング


izumichurch at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月27日

悩みを希望へと転換してくれるキーワード

ルカ5:1~11

群衆がイエスに押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟に乗り、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。話が終わると、シモンに、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」と言われた。するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」そして、その通りにすると、たくさんの魚が入り、網は破れそうになった。そこで別の舟にいた仲間の者たちに合図をして、助けに来てくれるように頼んだ。彼らがやって来て、そして魚を両方の舟いっぱいに上げたところ、二そうとも沈みそうになった。これを見たシモン・ペテロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ。私のような者から離れてください。私は、罪深い人間ですから」と言った。それは、大漁のため、彼もいっしょにいたみなの者も、ひどく驚いたからである。シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じであった。イエスはシモンにこう言われた。「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」彼らは、舟を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。


私たちは、生きてゆく中で、色々な問題にぶつかり、悩みます。この悩みを、希望へと転換してくれるキーワードは、「活ける神の子キリスト」というお方です。シモンは、昨夜、夜通し働いたのに、収獲はゼロでした。疲れていました。そのシモンに、イエスは「深みに漕ぎ出して漁をしなさい」と言われました。昨夜した事と同じことです。ただ違うことは、イエス様がそばにおられ、イエス様がそうしなさいと言われたことです。そのとおりにすると、二そうの船が沈みそうになるぐらい魚がとれました。イエス様と生活をともにすると、毎日同じことをしていても、けだるさは消えて、勢いが与えられて充実感が増すことでしょう。
人気ブログランキング


izumichurch at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月28日

泣かなくてよい

ルカ7:11〜15

それから間もなく、イエスはナインという町に行かれた。弟子たちと大ぜいの人の群れがいっしょに行った。イエスが町の門に近づかれると、やもめとなった母親のひとり息子が、死んでかつぎ出されたところであった。町の人たちが大ぜいその母親につき添っていた。主はその母親を見てかわいそうに思い、「泣かなくてもよい」と言われた。そして近寄って、棺に手をかけられると、かついでいた人たちが立ち止まったので、「青年よ。あなたに言う、起きなさい」と言われた。すると、その死人が起き上がって、ものを言い始めたので、イエスは彼を母親に返された。

ここに悲しみのどん底でうずくまって泣いている一人の婦人のことが記されています。つい最近、夫に先立たれ、今、一人息子を失って、そのなきがらの前をトボトボと歩く母親の嗚咽が聞こえてきそうな場面です。希望を失ったこの母親に、再び、望みを与えるために、救い主イエスは、来られました。
母親は、泣いています。また、主イエスも涙を流されました。あなたが苦しむとき、主もその苦しみをともに味わわれます。主は、「かわいそうに思い」―これは断腸の思いをもたれたということです。その思いをもって「泣かなくてもよい」と言われました。死からよみがえられた主は、死んだような魂の中にも来てくださり、よみがえらせてくださるのです。
人気ブログランキング



izumichurch at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月15日

海よりも深いもの

詩篇136:1

主に感謝せよ。
主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。


海よりも深いもの、それは、神のあなたへの思いです。いつもあなたのことを気にかけていますから、あなたの髪の毛の数さえ知っておられます。
海よりも深いもの、それは、主の恵みです。恵みというのは、神が人の働きや価値によらないで与えてくださる愛顧です。私たちがどのようにけがれ果てていても、不信心な者にも、神に敵対する者にも主の恵みは注がれています。
海よりも深いもの、それは、主の知恵です。

イザヤ40:28

あなたは知らないのか。聞いていないのか。
主は永遠の神、地の果てまで創造された方。
疲れることなく、たゆむことなく、
その英知は測り知れない。

この知恵をもって、我々の人生を良き方向に導き、幸いを与えてくださいます。創世記に書かれているヨセフ物語をお読みください。そのことがよくわかります。だから、今の苦しみ、試練を耐え忍びたいと思います。やがて希望の朝を迎えることができるでしょう。
人気ブログランキング


izumichurch at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月01日

いつまでも残るもの

第一コリント13:13

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

創世記に記されているヤコブ、後のイスラエルの生涯は、一言で言うと、波乱万丈の生涯でした。ヤコブは、天に召される日が近づいたとき、12人の子どもらを呼び寄せ、一人一人に祝福を祈り、眠るように御国に帰ってゆきました。
147歳のよぼよぼの身体を杖で支え、天地の神を礼拝し、賛美し、祈り召されてゆきました。色々なことがありましたが、このヤコブを支えてきたものは、主なる神を信じる信仰でした。そして、御国に住めるという希望でした。そして、いつまでも残るものの最高峰は、愛です。
神の愛、人の愛を心に刻みながら、天へのぼっていきました。私たちも、神を愛し、隣人を愛して、日々、歩みましょう。
人気ブログランキング


izumichurch at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月05日

明日がある

マルコ4:35〜41

さて、その日のこと、夕方になって、イエスは弟子たちに、「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われた。そこで弟子たちは、群衆をあとに残し、舟に乗っておられるままで、イエスをお連れした。他の舟もイエスについて行った。すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水でいっぱいになった。ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」彼らは大きな恐怖に包まれて、互いに言った。「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」

どんな人にも明日があるという希望のメッセージです。イエス様は、お弟子たちに「さあ、向こう岸に渡ろう」と言われました。向こう岸とは、最終的には、天の都のことを指しています。しかし、我々は、一日一日を歩んでいかねばなりません。その一日は、向かい風であったり、大暴風雨であったりして難儀するわけです。案の定、大嵐になって、船が沈没してしまうのではないかと弟子たちは恐れました。同じ状況の中でも、イエスは眠っておられたと記しています。恐れている弟子たちになく、イエス様にあるもの、それは、父なる神を信頼する心です。
どのような困難の中にも、全てを支配されているお方が、向こう岸に行こうと言われるのですから大丈夫、必ず守られます。
人気ブログランキング


izumichurch at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月02日

賢い人

エペソ5:15~16

そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。

神は、「賢い人になりなさい」と言われています。賢い人は、少なくとも3つのものを身につけています。

(1)信仰です。救い主イエスを信じる信仰を働かせることにより、どのような問題であっても、乗り越えることができます。

(2)希望を持っています。こうなってほしいという望みを抱いて歩みます。信仰の父と尊敬を受けているアブラハムも、永遠の神の都に住めるという希望を抱いて歩んでいました。

ヘブル11:13~16

これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。彼らはこのように言うことによって、自分の故郷を求めていることを示しています。もし、出て来た故郷のことを思っていたのであれば、帰る機会はあったでしょう。しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。

(3)愛を実践しています。「使徒の働き」9章に、クリスチャンのタビタのことが記されています。彼女は、自分のできる裁縫で、貧しいやもめたちの下着や上着を編んであげていました。自分も周りの者たちも幸福でした。
人気ブログランキング


izumichurch at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月12日

希望の門

ホセア2:15
わたしはその所を彼女のためにぶどう畑にし、
アコルの谷を望みの門としよう。
彼女が若かった日のように、
彼女がエジプトの国から上って来たときのように、
彼女はその所で答えよう。 

 アコルの谷を望みの門とすると約束されています。アコルの谷は、災いの象徴です。死は、人類にとって、最大の災いです。その災いの谷を、神は希望の門にかえて下さるのです。 
 ここに人類の希望があります。死を恐れる必要がない。死を忌み嫌うことがない。むしろ、確かな祝福の場所にいく門であるというのです。 
 ご存知の通り、なんの罪も汚れもない神の子のイエスさまが、罪人の罪を全部背負い、のろいのシンボルである十字架にかけられて死んだからです。このお方の死により死という忌むべきものから解放され、永遠の命に生きるものになったのです。聖書に、聖徒の死は、神の前に尊いと言われているように、主にある者には、死は天国への凱旋門なのです。
人気ブログランキング


izumichurch at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月26日

新生人

使徒の働き3:1〜10 
 ペテロとヨハネは午後3時の祈りの時間に宮に上って行った。すると、生まれつき足のきかない男が運ばれて来た。この男は、宮に入る人たちから施しを求めるために、毎日、「美しの門」という名の宮の門に置いてもらっていた。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを求めた。ペテロは、ヨハネとともに、その男を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。男は何かもらえると思って、ふたりに目を注いだ。するとペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、踊り上がってまっすぐに立ち、歩き出した。そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、ふたりと一緒に宮に入って行った。人々はみな、彼が歩きながら、神を賛美しているのを見た。そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」に座っていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。 

 不幸の代名詞といえるような男の人が、世にも幸せの代表の一人になった物語がここに記されています。この男の人は、エルサレムの美しの門という所で物乞いをしていた、生まれつき足のきかない障害者でした。この人がある方の名の力により、全く新しい命を吹き込まれたかのように、生まれて初めて、自分の足で立ち、踊ったり、はねたり、神を賛美しつつ、神を礼拝するために神殿に入って行ったというのです。この人が絶望から、希望の道に進むことになった、ターニングポイントは、ナザレのイエス・キリストの名の力です。私たちの人生がどれほど空しく、さびしいものでも、十字架に死んで、3日日に死よりよみがえられたキリストが、あなたを全く新しい人生に変えてくれます。あなたもキリストの名によって、「新生人」に!
人気ブログランキング


izumichurch at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)