379633_416684328412002_141264314_n

年末年始、家族でトルコ旅行

2012〜2013年の年末年始、家族4人でトルコに行ってきました。
毎年家族旅行に行っているカロ一家ですが、海外旅行となると私がプロデュース。
実は私はトルコ語を話せるため、近東トルコと言えど旅の難易度は低め。
でも親や妹はトルコに慣れていないので、それなりのホテルとかなり余裕をもったスケジュールにしました。
なお私以外の3名は、英語が多少できる程度の語学力です。

旅のしおり

航空券:トルコ航空のウェブサイトから正規料金で購入
宿泊:Hotels.com
通信(電話):日本のdocomoガラケーそのまま(特別な設定なし)
通信(インターネット接続):海外専用グローバルWiFi
海外旅行保険:AIU保険

゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

一家集合!@関西国際空港


12月27日、会社(東京)を定時退社後、羽田空港から関西空港へ。
羽田~関空の飛行機が遅延し、トルコ航空のチェックインに間に合わないところでした。
(しかもトルコ航空機の離陸23時50分予定が、天候のおかげで早まったらしい!)

※2013年夏から成田の深夜便が就航したので、今後は「アタテュルク国際空港で集合ね!」ができるかもしれません。

遅延のおかげで家族に「遅い!!」と笑われながら息きらして搭乗手続き。
座席は事前にトルコ航空ウェブサイトでオンラインチェックインを済ませていたので、無事4人隣同士に座れました。
イスタンブールまで直行便のトルコ航空はスターアライアンスメンバー。
正規料金チケット往復でANAマイルが10000マイル近く貯まりました。

外貨両替マネーパトナーズ

外貨両替マネーパトナーズは“日本最安コスト”の外貨両替サービスです。自宅で口座を開設すれば、旅行出発当日に空港で外貨が受け取れる便利なシステム。トルコリラも対応しています。ただ海外では大きいお金(100ドル札、100トルコリラ札など)は受け取ってもらえない場合があるので、できれば10ドル、20ドル、5ドルくらいのお札を混ぜてもらえると、もっとありがたいかも…。


早朝のイスタンブール、朝もやの金曜礼拝

12月28日(金)朝5時。
イスタンブール アタテュルク国際空港到着。
空港で2万円程度両替し、タクシーでスルタンアフメット(旧市街の観光区域の名称です)のこじんまりしたホテル HOME SUITEへ。
ホテルの部屋を4人一部屋にしたんだけど、2人一部屋×2室のほうがよかったです。
もちろん日中行動するには4人一部屋のほうがスムーズだけど、ちょっとこじんまりしすぎてた(笑)
落ち着いた雰囲気のホテルで、朝食バイキングが予想以上に美味しかったです。
朝食バイキングのおかげであまり外食せずに済み、結果的に節約にもなったし、レストラン探しに体力を使うことも少なかった。
それに、当たり前の話ですが朝食バイキングの内容が「トルコ料理」。
いろんな種類のチーズ、オリーブの塩漬け、パンとはちみつ、果物、野菜、チャイの「トゥルクカフヴァルトゥ(トルコ的な朝食)」は、本格的なレストランモーニング(?)で食べると結構高いけどバイキングなら食べ放題。

時間は戻りますが、ホテル到着後、まだ朝早かったのでロビーに荷物を置かせてもらい、早めに部屋を用意してもらうようお願いしてしばし休憩。
私は徹夜テンションで元気だったので父と早朝ブルーモスクまで散歩。
tr01
この写真は朝10時くらい。
早朝散歩時はちょうど日の出の礼拝が終わった頃で、ブルーモスクで礼拝を済ませたおじさん達がゾロゾロ出てくる風景に、ああトルコ来たなぁと実感。

イスタンブールに来たら、まずはトプカプ宮殿

トプカプ宮殿、私は3度目ですが…。
遠足の子供達が私たちにしきりに「ハロー!!!」と話しかけて来たのが印象的でした。
スプーン屋のダイヤ、エメラルドの羽飾りは上野美術館にも来たことがあるので知っている人も多いと思います。
実は私が初めてトルコを訪れた時、ちょうど行き違いで至宝達は上野に行っており見られなかったという思い出も。
さらに当時トルコ人の兄ちゃんに「日本に行ってるのはレプリカだよ?本物は絶対出さない。」とまことしやかな噂を聞かされた。

トプカプ宮殿ではものすごい至宝が二束三文風に山積みになっているので、金銭感覚がだんだん麻痺してきます…。

お昼はアラスタバザール脇のロカンタで、昼間から豪勢に「THE トルコ!」って感じのケバブを食べました。

kebaplar

道端のザクロジュース売り

道端で売っている搾りたてのオレンジジュース、ザクロジュースは相変わらず美味しかった。
トルコの食べ物で一番好きかもしれません(笑)
果実を4〜5個平気で使って紙コップ1杯3~5TL(150~250円くらい)と、日本では考えられない値段です。
だいたい日本でザクロ自体売ってるのを見たことないし…。

narsuyu
妹が、ジュース搾ってみたい!というのでジュース屋のお兄ちゃんに頼んでみる。
快くやらせてくれました^^
妹の感想:絞り機のバーを下ろすのに、ものすごく力が要るそうです。

ここで「カルシュック・オルスン!(ミックスにして!)」というと、ザクロとオレンジを混ぜてくれますのでぜひお試しあれ。
(絶対「なんでトルコ語知ってるの??!」と言われると思うけど。)

旅の指差し会話帳《トルコ》

トルコ語無理だけどしゃべってみたい!という人には「旅の指さし会話帳」オススメです。
観光業に従事するトルコ人はほぼみんなこの本を知ってるので、持ってるのを見せるだけでも役に立ちます。
(彼らはなぜか何ページに何が書いてあるかまで熟知している)


朝早かったので、夕方にはHOME SUITEに戻りEFESビールとラクで家族晩酌。
4人部屋&完全フリー行動&同宿3泊だとこんな贅沢もできるんですね。
宿自体はそんなに高くないのですが。
お酒やおつまみはHOME SUITEホテル隣のバッカルで購入しました。
苺やオレンジも売っており、母が興味津々。
ビニール袋に食べたいだけ詰めてレジに持っていくとグラムごとの値段を打ってくれます。

最近は、トルコからの輸入品(お酒など)楽天市場amazonでも買えます^^

そういえばこの日、父と妹は初めて私がトルコ語話しているのを聞いたんじゃないかな?
「タダで通訳雇ったようなもんや~^^」と言っていましたが、どう考えても大学でトルコ語勉強させるより通訳を雇ったほうが安いと思う。

つづく!

👉イスタンブール2日目編
👉イスタンブール3日目編

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村